麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
小林剛が哭きを制す/麻雀最強戦2016プレミアトーナメント・無法の哭き

小林剛が哭きを制す/麻雀最強戦2016プレミアトーナメント・無法の哭き

BULL2021求人ニルウッドカバー

<麻雀最強戦2016プレミアトーナメント・無法の哭き>◇17日

 竹書房が主催する麻雀日本一決定戦「麻雀最強戦2016」のファイナル出場枠をかけて新設された「麻雀最強戦2016プレミアトーナメント」は、各大会ごとにテーマが設けられ、そのテーマに沿った雀士が登場する。その第1戦、「無法の哭き」が17日に開催され、小林剛(麻将連合)が優勝した。

 「鳴き」を得意としている雀士8名がそろったが、戦いはテーマとは裏腹に「面前」での好手が続出した。

 A卓では、石橋伸洋(最高位戦日本プロ麻雀協会)が東2局の親で、場に安い萬子を狙っての四萬単騎を即リーチして一発ツモ。南3局にリーチピンフをツモった小林とともに決勝進出を決めた。

 B卓は、じゃい(お笑い芸人)が東1局に三暗刻狙いのシャンポン待ちリーチを打ち、見事にハイテイでツモって「リーチ・ツモ・ハイテイ・三暗刻・ドラ3」16000点のアガリを決めた。鈴木たろう(日本プロ麻雀協会)はオーラスの親でノーテンでも2着で勝ち抜けが可能だったが、決勝での席順有利を狙いトップを目指してのリーチをかける。このリーチ棒で倍満ツモ条件ができた小倉孝(日本プロ麻雀協会)が「リーチ・一発・ツモ・ホンイツ・七対子」の16000点をアガリ、鈴木と28400点で同点に。起家の小倉が席順で決勝進出となった。

 決勝では、東3局の親で12000点をツモった石橋がリードするが、小林が南2局の親でで「七対子・ドラ2」をツモって12000点を加点して追い上げると、同1本場に「リーチ・ツモ・イーペーコー」で逆転。小林はオーラスも再び七対子をアガって優勝を決めた。

 ピンフや七対子が決め手となったこともあり、「あんまり鳴けなかったですね」と感想を漏らした小林は、「それでも、鳴かないところ、そして、あえて鳴かせるところを見せられたかなと。」と、アガリに向かう「鳴き」だけではない多彩な技術を見せつけた。

 プレミアトーナメントは全4回(「無法の哭き」「修羅の道」「豪傑大激突」「極限の攻戦」)行われ、各大会の勝者による決勝を勝った1名が最強戦ファイナルに進出する。

【A卓】
1位 小林剛
2位 石橋伸洋
3位 江崎文郎
4位 ASAPIN

【B卓】
1位 じゃい
2位 小倉孝
3位 鈴木たろう
4位 須田良規

【決勝】
1位 小林剛
2位 石橋伸洋
3位 小倉孝
4位 じゃい

麻雀最強戦公式サイト

1457923170
プレミアトーナメント優勝者はファイナルC卓に入る

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top