麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
多井隆晴が逆転で2年連続のファイナル進出/麻雀最強戦2017 男子プロ代表決定戦 極限の攻戦

多井隆晴が逆転で2年連続のファイナル進出/麻雀最強戦2017 男子プロ代表決定戦 極限の攻戦

CABO求人全自動麻雀卓スリム

bnr_kyokugen2017-min-1

 竹書房が主催する麻雀日本一決定戦「麻雀最強戦2017」の「男子プロ代表決定戦 極限の攻戦」が11月5日に行われ、多井隆晴が優勝して2年連続のファイナル進出を決めた。

 決勝戦はA卓からともたけ雅晴と山井弘、B卓から多井隆晴と森下剛任が勝ち上がった。タイトル通り、激しい打撃戦が繰り広げられ、一時はトップ目に立った多井は森下に逆転を許す。しかし、すぐに森下からチンイツ・イーペーコーの12000点を直撃し、再逆転。オーラスも積極的にタンヤオに向かって鳴いていき、3者の逆転手が実る前にアガリきった。

 ファイナルでは、現最強位・近藤千雄(協会)、全国アマチュア最強位・影山恒太、十段位・藤崎智(連盟)と対戦する。多井は昨年のファイナル決勝、オーラスをトップで迎えたが近藤に逆転負けで悔しい思いをした。早速そのリベンジの機会が訪れる。

1509944507

【決勝】
1位 多井隆晴(RMU)
2位 森下剛任(連盟)
3位 ともたけ雅晴(連盟)
4位 山井弘(連盟)

関連URL

麻雀最強戦公式サイト

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top