麻雀ウォッチ

オススメ
検索
メニュー

多井の読み違いと逆襲!RTDリーグ2017 BLACK DIVISION 第2節 9、10回戦レポート

多井の読み違いと逆襲!RTDリーグ2017 BLACK DIVISION 第2節 9、10回戦レポート
RTDリーグ
2017年02月26日 19:00

2/23(木)21:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDリーグBLACK DIVISION 第2節 9、10回戦の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

8回戦終了時の成績はこちら↓

RTDリーグ2017_BLACK_第2節9-10回戦_1_R                  

 

9回戦、平たい点数状況で南入すると、平賀がオヤで粘って3本場。

RTDリーグ2017_BLACK_第2節9-10回戦_2_R

が佐々木にポンされていることなどを加味して、ここでマンズを嫌って打とし、直後のをポンしてテンパイを組むと、佐々木からで2900。

RTDリーグ2017_BLACK_第2節9-10回戦_3_R

3本場と供託3本を獲得し、平たい状況では十分なアドバンテージを得ると、南3局、南4局をアガり切り、平賀が2連勝を決めた。

RTDリーグ2017_BLACK_第2節9-10回戦_4_R

 

続く10回戦の対局者は、起家から順に

滝沢 和典(日本プロ麻雀連盟)

多井 隆晴(RMU)

猿川 真寿(日本プロ麻雀連盟)

鈴木 達也(日本プロ麻雀協会)

 

東1局1本場、滝沢の押しに、多井の読みが狂わされた。

RTDリーグ2017_BLACK_第2節9-10回戦_5_R

達也のこのリーチに対し、オヤ番の滝沢が宣言牌をまたぐを一発で手出しすると、すぐにをポンして打でテンパイを果たす。

RTDリーグ2017_BLACK_第2節9-10回戦_6_R

その後、滝沢は無スジのとノータイムの連続ツモ切りで押している状況。

 

そんな中、多井の手牌に共通安牌がなくなった。

RTDリーグ2017_BLACK_第2節9-10回戦_7_R

候補は

はリーチ達也の現物だが、滝沢の無スジ。

はリーチ達也の無スジだが、滝沢の現物。

RTDリーグ2017_BLACK_第2節9-10回戦_8_R

長考に沈む多井。

通常、リーチの現物を打つのだが、オヤ滝沢の押し方が怖い。

滝沢の手牌(カンの2900)が見えているこちらからすると、なぜ滝沢に怯えるのか伝わりにくいかもしれないが、あえて説明するのであれば、次のようなイメージだ。

 

プレイヤーには、各人の打点・好形を踏まえたリーチバランスによって、属人的なリーチの基準値のようなものが出来上がる。

ほぼ高打点か好形になっている達也のリーチ基準値を仮に60点程度とすると、安手愚形のリーチを多用する佐々木の基準値は40点といったところだろう。

例えば達也と佐々木の比較で言えば、達也のリーチに対してのほうが押し返しにくいということになる。

もし、そんな達也のリーチに押し返したプレイヤーがいたら、達也のリーチ基準値60点を上回る70~80点以上の手牌である可能性が高くなる。

さらに、押し返したプレイヤーが、きっちり高打点・好形で押し返してくる滝沢だとするならば、なおさらその傾向が強くなるのだ。

つまり、「打点は5800以上で、好形になっているかもしれない」といったところまでを想像してしまうというわけなのである。

そんな滝沢に対する読みが、多井にこう思わせた。

「オヤの滝沢にだけは打てない」

その結果、が3枚見えていることもあり、滝沢の現物で達也に8000放銃となってしまう。

RTDリーグ2017_BLACK_第2節9-10回戦_9_R

対局後に多井も語っていたが、正に「滝沢ブランドにやられた」読み違いであった。

 

しかし、ここから立て直すのが王者・多井。

RTDリーグ2017_BLACK_第2節9-10回戦_10_R

前巡に待ちをからに替えると、同巡に猿川からもがツモ切られ、ヤマに残っている可能性と出アガリの可能性が両方高まったことにより、単騎でツモ切りリーチ。

ヤマに3枚残っていたを見事に引き当て、3200オール。

RTDリーグ2017_BLACK_第2節9-10回戦_11_R

あっさり失点を取り返してしまう。

 

すると、1本場でもドラ切りリーチ。

RTDリーグ2017_BLACK_第2節9-10回戦_12_R

ここに、前巡にマンガンのダマテンを組んでいた達也が一発でを掴む。

RTDリーグ2017_BLACK_第2節9-10回戦_13_R

達也がこれをツモ切って、一発とウラで12000。

RTDリーグ2017_BLACK_第2節9-10回戦_14_R

なんと、多井が2局でトップ目まで駆け上がった。

 

南場のオヤでも、猿川からで12000をアガってダントツとなる。

RTDリーグ2017_BLACK_第2節9-10回戦_15_R

 

すると、1本場では、滝沢のホンイツのアタリ牌を押さえ切ると、すぐさまリーチで反撃。緩みない攻撃で、ドラ2のテンパイだった猿川からで5800をアガった。

RTDリーグ2017_BLACK_第2節9-10回戦_16_R

オーラスも、3人テンパイに対して最後に追いつくと、次巡にツモって自力決着。

RTDリーグ2017_BLACK_第2節9-10回戦_17_R

RTDリーグ2017_BLACK_第2節9-10回戦_18_R

RTDリーグ2017_BLACK_第2節9-10回戦_19_R

ついに、前年度王者多井が2連勝で首位に立った。

次回、ともに2連勝で迎えた多井と平賀のぶつかり合いに注目だ!

 

■次回11、12回戦は2/27(月)21:00~ AbemaTV 麻雀チャンネルにて放送予定
https://abema.tv/channels/mahjong/slots/92d5egPTtxZJyV

 

藤田晋invitational RTDリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、各ブロック予選全54回戦をすべて放送する。
前代未聞のスケールで開催される今大会は、名実共に最強の雀士を決める戦いと言っても過言ではない。

今期のRTDリーグは、毎週月曜日・木曜日の午後21時から最新対局を放送!!
(日曜日のお昼に、その週の最新対局をまとめて放送)

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

▼PC版
http://abema.tv
▼iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
▼Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
——————————————————–
▼AbemaTV麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong
▼RTDリーグ公式サイト
https://rtdmonthly.amebaownd.com/
▼AbemaTV麻雀ch公式Twitter
https://twitter.com/abema_mahjong
▼RTDリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送)
https://abemafresh.tv/rtdmonthly
——————————————————–

この記事を書いた人

鈴木 聡一郎
鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に29期前期生として入会。
以後10年にわたり、観戦記者として活動中。
最高位戦の対局以外にも、モンドTV、マージャン101などの観戦記を執筆。
観戦記以外には、書籍「麻雀偏差値70へのメソッド」(石井一馬)、コラム「麻雀強者の哲学」(鈴木たろう)の構成としても参画。

Twitter:@tsukunenn
ブログ:http://luckytsukunen.blog.fc2.com/

関連記事

プロフィール

麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。

著者リスト

  • 青木 さや
  • 浅見 侑平
  • 学生麻雀連盟
  • 学雀連代表 げっち
  • きゅ~
  • 一井 慎也
  • 女子麻雀サークル MAGNET
  • まろちょふ
  • 麻雀王国営業部 しーちゃん
  • 麻雀ウォッチ編集部ライター
  • 小鶴
  • 麻雀ウォッチ編集部
  • 麻雀新聞
  • 麻雀界
  • nakamura
  • ネマタ
  • 斎藤 俊
  • スタジオ カドタ
  • 谷崎 舞華
  • 山崎 一夫
  • taroo 河下太郎
  • 鈴木 聡一郎
  • 渡辺 英行
  • 福山純生 (雀聖アワー)