麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル

ネマタの麻雀徒然草( 2 )

Category
第18回 ネマタの麻雀徒然草

第18回 ネマタの麻雀徒然草

ネマタの麻雀徒然草とは 『ネマタの麻雀徒然草』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによる「麻雀に関する話題を徒然なるままに書き連ねていく」コラムです。 第1回はコチラ 「二人」「零和」「有限」「確定」「完全情報」の5つの要素のうち、今回は「確定」について。「確定」とは。サイコロのようなランダムな要素が...
第17回 ネマタの麻雀徒然草

第17回 ネマタの麻雀徒然草

ネマタの麻雀徒然草とは 『ネマタの麻雀徒然草』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによる「麻雀に関する話題を徒然なるままに書き連ねていく」コラムです。 第1回はコチラ  「二人」「零和」「有限」「確定」「完全情報」の5つの要素のうち、今回は「有限」について。「有限」とは、ゲームが必ず有限の手番で終了す...
第16回 ネマタの麻雀徒然草

第16回 ネマタの麻雀徒然草

ネマタの麻雀徒然草とは 『ネマタの麻雀徒然草』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによる「麻雀に関する話題を徒然なるままに書き連ねていく」コラムです。 第1回はコチラ 「二人」「零和」「有限」「確定」「完全情報」の5つの要素を持つゲームには必勝法があることを第13回で取り上げました、今回は「零和」に関...
第15回 ネマタの麻雀徒然草

第15回 ネマタの麻雀徒然草

ネマタの麻雀徒然草とは 『ネマタの麻雀徒然草』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによる「麻雀に関する話題を徒然なるままに書き連ねていく」コラムです。 第1回はコチラ  前回からの続き。もう一つ思い浮かんだエピソードは、先月レビューいたしました、「麻雀強者の0秒思考」のコラムで。流局まで中張牌を切り、...
第14回 ネマタの麻雀徒然草

第14回 ネマタの麻雀徒然草

ネマタの麻雀徒然草とは 『ネマタの麻雀徒然草』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによる「麻雀に関する話題を徒然なるままに書き連ねていく」コラムです。 第1回はコチラ  二人ゲームなら、「相手のやりたいことをさせない」「相手が嫌がることをする」ことがそのまま勝ちにつながることが多いのですが、三人以上と...
第13回 ネマタの麻雀徒然草

第13回 ネマタの麻雀徒然草

ネマタの麻雀徒然草とは 『ネマタの麻雀徒然草』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによる「麻雀に関する話題を徒然なるままに書き連ねていく」コラムです。 第1回はコチラ  「麻雀に正解はあるのか」。「ある」「ない」の二択なら皆様はどちらにするでしょうか。私なら「ある」と答えます。ただし、これは「正解」と...
第12回 ネマタの麻雀徒然草

第12回 ネマタの麻雀徒然草

ネマタの麻雀徒然草とは 『ネマタの麻雀徒然草』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによる「麻雀に関する話題を徒然なるままに書き連ねていく」コラムです。 第1回はコチラ    私は「点数計算の簡略化で普及が進む」という主張には懐疑的ですが、第10回でお話したように、できれば簡易的かつ整合性の取...
第11回 ネマタの麻雀徒然草

第11回 ネマタの麻雀徒然草

ネマタの麻雀徒然草とは 『ネマタの麻雀徒然草』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによる「麻雀に関する話題を徒然なるままに書き連ねていく」コラムです。 第1回はコチラ    普及の話になったので、再び別の業界に目を向けてみることにします。  私の名前の由来がMTGから来ていることは以前お話しましたが、...
第10回 ネマタの麻雀徒然草

第10回 ネマタの麻雀徒然草

ネマタの麻雀徒然草とは 『ネマタの麻雀徒然草』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによる「麻雀に関する話題を徒然なるままに書き連ねていく」コラムです。 第1回はコチラ  これまで麻雀のルールに関する話を取り上げてきましたが、今回からは私の所感について述べたいと思います。麻雀のルール問題に関しては、私も...
第9回 ネマタの麻雀徒然草

第9回 ネマタの麻雀徒然草

ネマタの麻雀徒然草とは 『ネマタの麻雀徒然草』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによる「麻雀に関する話題を徒然なるままに書き連ねていく」コラムです。  前回、前々回と麻雀のアガリの制限に関する話をしましたが、「1翻縛りも無くしてしまおう」という意見も見られるようになりました。確かに、「役が無いとアガ...
Return Top