麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
第282回 ネマタの麻雀徒然草

第282回 ネマタの麻雀徒然草

BULL2021求人ニルウッドカバー
ネマタの麻雀徒然草とは
  • 『ネマタの麻雀徒然草』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによる「麻雀に関する話題を徒然なるままに書き連ねていく」コラムです。
  • 第1回はコチラ

今年も残り半月になりました。来年は「麻雀徒然草」の更新頻度を落とし、代わりに週替わりで新企画を立ち上げたいと思います。詳細はTwitterのトップページをご覧下さい。

それとは別に、もう1つ不定期で更新したいと考えているものに、「麻雀講座」があります。昨今は優秀な戦術本が数多く出ているので、私が麻雀講座を記す必要性はあまり有りませんが、著者によって麻雀用語の使い方がどうしても変わってくるので、「どの本のどの記述を、どの程度参考にして取り入れるべきか」が分かりにくいという問題点があります。書かれてある内容が全て正しいとしても、情報の取り入れ方が上手く取り入れられなければ無用の長物にもなります。

しかも、「情報を上手く取り入れられるかどうか」も、案外麻雀のように運の要素が強いものです。私は麻雀だけはそれなりに打てるようになりましたが、ここまで来れたのはただただ環境に恵まれていたからとしか言いようがありません。もし今ほど麻雀関連の情報が溢れていたら、何を参考にすればよいか却って分からなくなってしまっていたかもしれません。麻雀以外のゲームの戦術記事もかなり充実しているので、そもそも麻雀をやらなくなっていたかもしれません。

以前麻雀ウォッチで麻雀講座を書いておりましたが、結局中途半端なところで更新を停止することとなりました。

更新停止の理由は、当時は同一のカテゴリーで記事を毎日更新することを目標にしていましたが、体系立ててまとめる必要がある麻雀講座でそれを行うのはかなり困難であった為です。一方戦術本レビューや、天鳳名人戦等の実戦譜の検証記事は、予め題材があるので継続が容易であり、私の力量でもこれまで続けていくことができました。

よって、単発かつ不定期更新になりますが、「麻雀講座」というよりは、麻雀のルールを覚えるうえで最低限必要な用語、定義について異論が出ない用語だけで、勝つために必要な知識、技術が身に付けることができるような、「麻雀講座をまとめるうえでのアイデア」について取り上げていければと思っております。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top