麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社

麻雀プロ( 2 )

Category
谷井茂文が6年ぶり2度目の優勝!/第10期RMUリーグ第13節

谷井茂文が6年ぶり2度目の優勝!/第10期RMUリーグ第13節

 RMU(リアル・マージャン・ユニット)の「第10期RMUリーグ第13節」が1月14日、東京の麻雀スタジオで行われた。  第12節終了時点で谷井114.9ポイント、河野85.9、松ヶ瀬46.9ポイント、阿部▲85.1ポイントと上位3名が拮抗して迎えた最終節であった。  最終節では松ヶ瀬が谷井を猛追、60ポイントを叩くも...
逢川恵夢が逃げ切り初戴冠!/第17期女流雀王決定戦

逢川恵夢が逃げ切り初戴冠!/第17期女流雀王決定戦

<第17期女流雀王決定戦>◇最終日(11~15回戦)  日本プロ麻雀協会の女流タイトル『第17期女流雀王決定戦』(3日15回戦)の最終日が24日に行われ、2日目終了時点で首位だった逢川恵夢が58.9ポイントをプラスし、トータル245.4ポイントで初の女流雀王を獲得した。水瀬千尋が+7.4ポイントで2位。朝倉ゆかりが▲8...
里中花奈が初優勝/RMUティアラ・クライマックスリーグ

里中花奈が初優勝/RMUティアラ・クライマックスリーグ

 RMUのタイトル戦「2018ティアラ・クライマックスリーグ」が12月212行われ、里中花奈が優勝した。  里中はトップはなかったものの、最初の2戦の2着、2着で一歩リード。その後も3着、2着でリードを維持したまま新決勝方式を迎えた。  新決勝方式でも1局目に早い聴牌をいれアガり優勝を決めた。  優勝した里中は「感極ま...
山田 独歩(最高位戦日本プロ麻雀協会)

山田 独歩(最高位戦日本プロ麻雀協会)

山田 独歩 やまだ どっぽ 生年月日 1980年8月16日 出身地 神奈川県 所属団体 最高位戦日本プロ麻雀協会 プロ入会年 2018年 主なタイトル 3代目(独歩)天鳳位 第7期天鳳名人戦 優勝 麻雀駅伝2018 3人打ち区間賞(アマチュア連合チーム所属) 萩原リーグ 2nd Season 優勝 血液型 A型 趣味・...
武則輝海が最終半荘で逆転して2度目の将王戴冠!/第16期将王決定戦

武則輝海が最終半荘で逆転して2度目の将王戴冠!/第16期将王決定戦

<第16期将王決定戦>◇最終日(13-15回戦)◇15日  麻将連合の最高峰タイトル「将王決定戦」最終節(全4日15回戦)が3日に行われ、武則輝海がトータル+45.5ポイントで第8期以来となる二度目の将王を獲得した。  今期の将王決定戦は、第15期将王で連覇をかけていた井出がリードする展開。第12ゲーム終了時点では、井...
天鳳位・独歩 最高位戦に入会!B2リーグからのスタートが決定

天鳳位・独歩 最高位戦に入会!B2リーグからのスタートが決定

 最高位戦日本プロ麻雀協会は12月13日に、3代目天鳳位の独歩こと山田独歩選手の入会が発表されました!  44期前期入会となり、所属リーグはB2リーグとなります。  公式の発表は最高位戦HPをご確認下さい。  また、入会に関するコメントを記載されています 「天鳳位として様々な対局にお声がけ頂く中で、競技プロに興味はない...
近藤誠一が4度目の戴冠!/第43期最高位決定戦

近藤誠一が4度目の戴冠!/第43期最高位決定戦

<第43期最高位決定戦>◇最終日◇28日◇麻雀スタジオ  第43期最高位決定戦にて、近藤誠一が71.1ポイントで優勝し第37期、第40期、第41期に続き4度目の最高位を戴冠した。  今期決定戦に進出したのは第42期最高位の村上淳、Aリーグ2位の園田賢、3位の太田安紀、4位の近藤誠一となった。Aリーグ1位であった松本浩司...
朝倉康心選手、竹内元太選手がAリーグに昇級 /第43期最高位戦B1リーグ最終節

朝倉康心選手、竹内元太選手がAリーグに昇級 /第43期最高位戦B1リーグ最終節

11月22日、延期されていた最高位戦B1リーグの最終節が行われました。 【第43期最高位戦B1リーグ最終節】 全日程が終了しました。 朝倉 康心 竹内 元太 以上の2名が来期Aリーグへ昇級となります。 pic.twitter.com/piJE9KF20O — 最高位戦日本プロ麻雀協会 (@saikouisen) 201...
金太賢が大逆転で連覇達成!/第17期雀王決定戦

金太賢が大逆転で連覇達成!/第17期雀王決定戦

<第17期雀王決定戦最終日>◇10日  日本プロ麻雀協会の最高峰タイトル「雀王決定戦」最終日(全4日20回戦)が10日に行われ、金太賢がトータル90.3ポイントで優勝、第16期に続いての連覇を達成した。    15回戦終了時点では、下石戟が238.2ポイントで首位、仲林圭が▲24.1ポイントで2位、金太賢が▲40.6ポ...
Return Top