麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
リードをさらに広げる脅威の攻撃!逢川恵夢プロの選択!

リードをさらに広げる脅威の攻撃!逢川恵夢プロの選択!

CABO求人ニルウッドカバー

こんばんは、まろちょふです。

今日は6/28(金)に放送された麻雀ウォッチ プリンセスリーグ 2019」予選第2節Bブロック2卓での逢川恵夢プロ(@13261831)の一打を紹介します。

対局者は逢川恵夢プロ、安達瑠理華プロ、冨本智美プロ、水口美香プロ第2節2回戦目の南1局を振り返ります。

第2節1回戦までのトータル

逢川 安達 冨本 水口
230.7 ▲50.3 26.5 ▲154.3

第2節2回戦南1局時点の状況 

安達 東家 27100
水口 南家 18900
冨本 西家 17900
逢川 北家 36100

 

この一局の牌譜はこちら

 

ドラは 安達プロの親番になります。

4人の配牌はそれぞれこのような形。

親の安達プロがいい形。北家の逢川プロはドラを含めて3対子。

徐々に七対子に寄ってきます。

冨本プロからの先制リーチ。ヒントが少なめですがが手出しの手出しのリーチ。

しかし同順に逢川プロもテンパイとなります。を押して単騎の8000テンパイ。

そして持ってくる現物の。そっとツモ切ると思いきや・・・・

なんとを切り単騎のリーチに出ました!

冨本プロの先制リーチはが手出しで待ちのパターンが薄いと考えられること。そして自分の待ちは切りにつき跨ぎの可能性がほぼ否定され、あるとしたらペン。しかしトップ目の状況でペンの追いかけリーチを打つ可能性は低いと考えられ、他家の思考の盲点になるという狙いです。狙いは考えてみるとわかるのですが、思い切った選択であることは間違いありません。

そして親の安達プロも勝負に出て3軒リーチに!その決着は・・・・

3000-6000のアガりを決めて大きくリードを広げました!

最後のインタビューでは「少しやり過ぎたかな?」と語った逢川プロ。しかしこの攻めの姿勢が大きなポイントを稼ぎ出したのは間違いありません!この先の逢川プロの選択にも注目です!

配信ページ

関連記事

まろちょふの何切る記事一覧はこちら!

この記事のライター

まろちょふ
全国津々浦々に蔓延る魑魅魍魎として存在する。
日本プロ麻雀協会19期前期で入会。ズムリーグという白マイティ東天紅の対局で2度の優勝。
ラーメンと肉が大好きなダイエッター。
本名は珍しい苗字なので比較的覚えられやすい。
Twitter(@maroonzoltic1)

新着記事

Return Top