麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
世界麻雀大会(WSOM)のルール考察(20) ダブロンは無し!

世界麻雀大会(WSOM)のルール考察(20) ダブロンは無し!

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

ダブロンは無し!

 WSOMではダブロンはありません。つまり、ロンが重なった場合は頭ハネとなります。

 また、

 ロン>カン・ポン>チー

 であるのは、日本と変わりません。

 また、鳴きの発声はしっかりしないと認められないそうですので気をつけましょう。

 

 チーとポン・カンがかぶった場合、ポン・カンする人は速やかに鳴くこととされています。

 仮に下家がチーした場合、発声して、鳴くターツをさらす、あるいは捨て牌をした場合、ポン・カンをする権利を失います。

 つまり邪魔ポンができないということですね。

 

 ロンの場合はどうでしょうか。

 WSOMではフリテンがないので、安いアガリを見逃しをすることが多いです。

 そこでチーやポンとロンがかぶることがあるのですが、ロンの場合は少し緩くなっており、ターツをさらすかつ相手が捨てるまでは、ロンに優先権があります。

 

世界麻雀大会(WSOM)のルール考察目次

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top