麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
全国デカ盛りの旅 第22回:高知県

全国デカ盛りの旅 第22回:高知県

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

01-min

 今回は高知県。高知県で美味い安いデカいと三拍子揃ったお店と言えばこちら、「ひばり食堂」は外せません。最寄り駅は大杉駅。デカ盛り界では昔から有名なお店です。立地的に訪問難易度がなかなか高いですが、日本国内ならどこへでも行きます(笑)

 02-min 

 普通盛りでもかなり多いのでミニサイズがあります。イノシシ肉を使ったメニューも気になりますが、今回はデカ盛り界隈でも特にお勧めされているかつ丼の倍盛り(倍盛りは前日までに要予約)をいただきます。予約をする際にかなり量が多いということで強く制止を受けましたが、前情報では3kg程度とのことで何とかなると踏み挑むことにしました。

 03-min

 

 あれれ?コップがものすごく小さいぞ??

 04-min 

 いえ、コップが小さいのではありません。カツ丼が多過ぎるのです。大杉なだけに多過ぎというあまりにベタな駄洒落が思い浮かんでしまいました(笑)しかしデカいだけでなく、実に美味そうです。

05-min

 お肉は隣の小笠原精肉店から仕入れているそうで、カツ丼には珍しい脂身たっぷりの豚バラ肉。スプーンで簡単に切れるほど柔らかく口のなかでとろけます。卵はトロトロでご飯はつゆだく。量だけでなく味も絶品です。遠征した甲斐があります。しかし見た感じではとても3kgでは済まなそうな圧倒的な量。ただでさえ脂身たっぷりのカツ丼。これは今までにないほど過酷な勝負となりそうです。

06-min  

 結構減ったように見えますが、直径40センチはあるであろう大皿なのでまだまだ道のりは長い。普段ならカツは最後の楽しみで取っておくところですが、カツの脂身が後からかなりしんどくなることが予想されるので、まずカツをあらかた食べてしまうことにしました。

 07-min 

このあたりまでくると粘ってもなかなか先に進みません。最初は美味しい美味しいと食べ進めていたのが苦痛に変わっていく。駆け出しの頃はよくありました。今でもあるのですが、苦痛自体に慣れてしまって、むしろ苦痛にならないと面白くないとも思うようになっている自分がいます。深刻なデカ盛り中毒ですね。皆様は美味しく食べられる範疇で食を楽しまれることをお勧めします(笑)

08-min  

 完食…といいたかったのですが、画像は残りを別に移したもの。力及ばすギブアップとなりました。3kg程度と聞いていたのですが、実際には約4.5kg。お値段は並盛の倍で1600円ですが、量は「倍盛」どころではありませんでした。制止があったにもかかわらず敗北という大変申し訳ない結果となりました。今後とも精進して参りたいと思います。ご馳走様でした。

【店舗情報】
ひばり食堂
住所:高知県長岡郡大豊町高須226
営業時間:

11:00頃~19:00頃
[日曜]11:00頃~18:00頃

定休日: 年末年始

▼食べログ
https://tabelog.com/kochi/A3901/A390104/39000436/

赤で塗りつぶしている箇所は既に旅した都道府県になります。
今回は高知県を攻略しました。あと25都道府県を巡ります。

   map22

 【高知県の雀荘情報】
マージャンクラブ追手筋
天牌
九蓮

この連載の目次ページを見る

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top