麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
第26回 ネマタの雀魂日記

第26回 ネマタの雀魂日記

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの雀魂日記とは
  • 『ネマタの雀魂日記』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによるネット麻雀「雀魂」で三人麻雀初の魂天位を目指すコラムです。
  • 初回はコチラ

世間はお盆休み。普段暇な私はその分忙しくなるのでしばらく更新休止。麻雀熱を高めて戻ってくることにしましょう。

雀魂牌譜

東1局1本場2巡目 チートイツ1シャンテン。テンパイ時にアガリやすい待ちが残りやすいように打

3巡目 アンコができたのでツモをみて打としますが、即がかぶってちょっと嫌な予感です。

5巡目 リャンメンがあるので、基本はチートイツよりメンツ手優先で打とするところ。今回は下家がソーズ染め傾向。上家もソーズを多く抱えてそうです。ドラではありますが、チートイツを残した方がアガリやすいまであるとみてツモ切りとしてみました。

7巡目 下家がアンカン。待ちならが出やすいようにカンしてこないだろうと思っていましたがまさかの高め大三元。しかしここで生牌のを切ったところでホンイツテンパイは警戒されやすいので、単純に1回多くツモれた方がよいという考えもありそうです。 それを受けて上家がカンドラになったをアンカンしてツモ切りリーチ。沸騰するような熱い場になりました。

11巡目 私が出来ることはベタオリのみ…と安牌を切っていたらテンパイ。三麻ではよくあることです。しかしで出アガリするためにはリーチが必要。ドラをカンした親に放銃するようならラスを覚悟せねばなりません。下家がここにきてを手出ししてきたことも気になります。

正直対局中はよく分からずリーチを打ってしまいましたが、改めてみると上家はアンカンからのツモ切りリーチ。もし上家の待ちが良形なら、役無しの受けがあるにもかかわらずをカンする前はリーチしなかったことになります。それは流石に不自然ですね。一盃口か一通で役有り、あるいは良形変化が多い悪形テンパイでしょう。ここで振った場合必ずラス(順位期待値3位)としても、上家にツモられるようなら2.5位。アガることができれば1.5位程度は見込め、安牌を切って良形VS悪形でめくり合いとなれば十分押すに見合うといえるのではないでしょうか。

下家は何と役満テンパイを崩していました。ソーズの何待ちかまでは絞れない以上、流石にこちらは勝負してそうです。勝負されていれば大三元ツモでした。

16巡目 ソーズの無スジをツモってきた時は生きた心地がしませんでしたが勝ちました。倍満にまで届いたので、オーラスはギリギリで西入せずトップ終了。ツモ損有り三麻だとすぐベタオリしがちになりますが、あくまで局面に応じた損得で押し引き判断することが必要ですね。

雀魂-じゃんたま-情報

2019年4月25日にサービスが開始された無料で楽しめるオンライン麻雀サービスです

雀魂サービス開始記事

公式HP

公式Twitter


この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top