麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
第179回 ネマタの麻雀徒然草

第179回 ネマタの麻雀徒然草

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの麻雀徒然草とは
  • 『ネマタの麻雀徒然草』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによる「麻雀に関する話題を徒然なるままに書き連ねていく」コラムです。
  • 第1回はコチラ

戦術本レビュー『超メンゼン主義麻雀』

『超メンゼン主義麻雀』レビューさせていただいております。筆者のリツミ氏とは直接の面識はありませんが、本のコラム内で出てくる「天鳳のSNS」があった頃、メンゼン派の強豪である筆者が、鳴き派の代表(?)的な戦術サイト、「現代麻雀技術論」に疑問を呈するブログを書いていたという話を小耳に挟んだことがありました。そういう事情もあり、本書は昨今の戦術書の中でも特に内容が気になった一冊でした。ちなみに、コラム内で登場している真鱈氏とはハンゲームの勉強会で何度となくお話させていただいた方で、奈落の王氏の名前の由来は、ネマタ同様、MTGのカード名です。

フーロ率22%ともなると、天鳳IDのフーロ率が40%の私とは根本的に打牌基準が違うと思っていたのですが、本書で扱われている鳴き判断については、驚くほど異論が無いものでした。同じように打たないものはいくつかありましたが、それにしても本書の選択が損だとは思えないものばかりです。

鳴き判断を中心に扱った戦術書の代表と言えば、堀内氏の『麻雀麒麟児の一打 鉄鳴き』が挙げられます。こちらでは自分でも実戦では反応できなさそうな鳴きがいくつも取り上げられており、まだまだ自分は鳴き足りないのではないかと思わされました。「勝つための現代麻雀技術論」の鳴きの項目は、本書の影響を大いに受けております。

しかし、当の堀内氏のフーロ率は35%程度と、当時の私よりずっと低いもの。鳴くかどうかの基準自体は大差ないどころか、堀内氏の方が鳴き寄りに見えるにもかかわらず、どうしてこれだけ差がつくのでしょうか。

こういった疑問点を踏まえたうえで、次回からは「フーロ」をテーマに、徒然なるままに記事を書き連ねることにいたします。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top