麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
第18期雀竜位決定戦 初日3回戦観戦記 著:近藤千雄

第18期雀竜位決定戦 初日3回戦観戦記 著:近藤千雄

CABO求人MEWS

2月1日に開催された第18期雀竜位決定戦の戦いの3回戦の観戦記!著者は雀王戦A2リーグ所属の近藤千雄プロ(@donnyoku)です。

当観戦記は日本プロ麻雀協会公式HPにて公開されたものの転載になります。

日本プロ麻雀協会公式HP

▼配信アーカイブ

 

 

3回戦(矢島→吉田→坂本→大浜)抜:千貫

1回戦、現雀竜位矢島が抜け番の中、その矢島を師の一人と仰ぐ坂本が勢いあるトップを奪取。
2回戦、トップを取った坂本が抜け番の中、矢島も負けじと余裕を感じさせるトップ。

初戦トップを飾った両者が初めて同卓するこの3回戦、ポイントリーダーとなり勝負を牽引するのはどちらか。
一方で連続ラスをくらってしまった2期連続雀竜位決定戦進出の吉田は、ここでラスだと途中敗退も視野に入ってきてしまう。
勝負の趨勢(すうせい)を決めうる半荘が始まった。

東1局1本場、5巡目大浜の手牌。
 ドラ

大浜は外しを選択。
最も受け入れが広いのは打だが、役なし単騎になる可能性や平和のみになってしまう可能性が高い。
ドラのを1枚は使いたいので、打点も考慮した選択。
これが見事にハマり、引きで平和高目ドラのリーチ。 追っかけた矢島がドラを掴み、裏も1枚乗り満貫。


東2局、6巡目矢島の手牌。
 ドラ

聴牌取らずもありそうだが、がフリテンかつ3枚切れを見て渋々の打聴牌取り。
ツモで567の三色を見て聴牌外しを考えるも索子の場況悪しとみてツモ切り。
が共に3枚見えていて、手変わりというよりはこのまま1300で妥協という判断か。
12巡目、親の吉田がで親満確定のダマテンを入れるも、矢島の判断が活き500/1000のツモアガリ。

東3局1本場 ドラ、2巡目矢島の手牌。

矢島は打
瞬間のイーシャンテンは狭くなる選択だが、ジュンチャンへの移行や聴牌即リーチの出アガリ率上昇なども見た一打。
2巡後聴牌し、まさに先打ちのが功を奏した形で親の坂本から2600は2900の出アガリ。
「坂本君、麻雀はこうやるんだよ」という矢島の声が聞こえてきそうだ。

その坂本も負けじと3軒リーチを制し、坂本が僅かながらトップ目で折り返した。


南1局、南家ラス目の吉田がもらった配牌がこちら。

ダブが対子で、ポンが出来ればホンイツを絡めての満貫が見込める手。
吉田は1打目こそを切り手役を見るも、次巡をツモり打
すぐさまをポンし打とした。
ホンイツやトイトイなどを目指すとはいらないが、ダブ前提で最速のアガリへ向かったようだ。
しかしこの手は愚形が多く、真っ直ぐ進めてもそこまで速い手ではない。
さらに南入していて現状ラス目、2600クラスと満貫ではアガリの価値が大きく異なる。
字牌を河に並べるか否かで他家にかかるプレッシャーも段違いだ。

結果、早い段階でダブが暗刻になり役は確定したものの、2枚、2枚を河に並べてしまう。
一思いにホンイツへ進んでいれば手牌はこう。
ポン

を対子落とししなかった場合でも、さえ切ることができればこう。
ポン
これでも満貫パターンは残る。

しかし、現実はこう。
ポン
形の悪い2600のイーシャンテンだ。

吉田は去年の決定戦での経験を活かし、打点を追う麻雀にシフトチェンジしようとしているようだが、まだモノにできておらず迷いが感じられる。
この後、親の矢島から放たれたダブを大明槓し打点向上を目論むが、やっていることがちぐはぐな印象だ。
吉田の仕掛けに対しダブは最も警戒する牌で、それを躊躇なくツモ切ってきた矢島は形も打点も十分な手が入っていることは間違いない。
ここでダブを大明槓したところで矢島は止まらないし、自身が形の悪いイーシャンテンである以上、矢島の親リーチに対し2600や3200の愚形イーシャンテンで勝負せざるをえない未来がすぐそこに見えている。
結果、カンドラがとなり満貫の手になるものの、矢島の6000オールを呼び込んでしまった。

南1局1本場、矢島はカンの聴牌とらずから狙い通りの索子多面張リーチを成就させた4000オールでこの半荘の趨勢を決める。

この後、矢島の親リーチに対しドラを抱えた吉田が押し返し矢島から直撃するなど、連続の満貫アガリで二着へ滑り込む。
吉田もまだまだ戦う気持ちは衰えていない。

吉田・大浜が決定戦を意識した攻撃的な押し引きを見せる中、坂本は比較的おとなしい選択が目立った。
オーラスも裏条件とは言え、ラス抜けの可能性がある好形イーシャンテンから親リーチに対しあっさり降りに回った。
まだまだ先は長いと見据えた選択なのだろうか。
吉田・大浜とは非常に対照的に見えた。

矢島と坂本の師弟対決はこの半荘では矢島に軍配があがった。
生き生きとした麻雀を打つ矢島がこのまま決定戦を牽引していくのだろうか。
それとも誰かが矢島に待ったをかけるのか、今後の対局も目が離せない。

(文:近藤 千雄)

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top