麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
土田のオカルト 22.オカルト的スジ対子論

土田のオカルト 22.オカルト的スジ対子論

BULL2021求人ニルウッドカバー

 オカルト的なスジ対子理論の解説です。親戚同士のスジ、例えばの対子のスジの対子のスジの、そういう牌が重なりやすいという話を聞いたことがあると思いますが、間違えて覚えられていることもあります。
ツモ

 ドラはです。七対子・ドラドラの一向聴です。ここにを引いてきましたが、だいたいの方はツモ切ると思います。は対子ランキングでA、は1枚切れのBランク、は、ドラドラが入っていてドラ運気が来ているから、赤のところも重なる可能性が高いということで、を切る選択になると思います。
 しかし、のスジです。の遠いスジで、遠いスジは来ません。よほど場の状況が良ければ別ですが、が山に残っていても、自分のツモスジにはありません。ですから、ここはを切ります。あるいは、を切ってもかまいません。は自分のツモスジにいる確率がかなり高いです。
ツモ

 ドラはです。は1枚切れです。のスジのが重なりました。のスジなので、仕方なくを切るか、のどちらかを選択するかという考えになると思いますが、ここはを切ります。スジ対子の3組目は当てにできません。と既に2組できていますので、がAランクの対子牌だとしても、3組目は自分のツモスジにはありません。
 遠いスジは重ならない。スジ対子3組目は当てにしないほうがいい。この2つを覚えてください。

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top