麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
土田のオカルト 35.シュンツ選択の方法

土田のオカルト 35.シュンツ選択の方法

BULL2021求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

 一向聴や二向聴などでターツがオーバーしたときの選択について考えます。
ツモ

 ドラはです。一向聴のところでが来ました。ターツを一つ捨てる選択になりますが、まずは、場に出ている色のほうが和了りやすいという考えに基づき、萬子筒子索子で一番場に高い、あまり捨てられていない色を外していきます。
 また、ドラを中心に手作りしていきますから、ドラ色とドラの数位を避けるという考え方もあります。今回でいえば筒子の待ちや、ほかの色でも上の位での待ちは避けます。ドラを起点とした三色の可能性を追いつつ打つと、ドラの数位の逆側は安くなって和了りやすくなります。
 もう一つ大事なことは、3と7を使った両面形のターツは、端にかかった待ちになりやすいため優れているということです。この手牌で言えば、です。そういう観点からいくと、を初めに外したほうがいいと考えられます。萬子が場に高ければ特にです。2番目に数位で、3番目にドラ色を嫌うを外すといったように順位づけがされたとします。
 ここからがオカルトです。調子の良いときから、やや下がり気味くらいまでは、場況を見た上でつけた順位の通りに外します。調子が悪いときは順位づけを変えます。一番良さそうに見えたり、大事にしたいターツを外します。状況が悪くなったら、逆流の選択をすることで和了がやってきます。裏目を引きにくいという、極めてオカルト的な考え方です。

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top