麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
土田のオカルト 52.運量によっての判断

土田のオカルト 52.運量によっての判断

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

 運量、運気、ツキによって、リーチをかけるかの判断の仕方を3つに分けて解説します。1番目は、運気が高いときです。つまり持ち点がたくさんあり、ツイているときです。2番目は、普通のときです。3番目は、運気が低いときです。点数がなくて苦しく、ツイてないときです。
 運気が高いときは、場況も待ちの形も関係ありません。嵌張でも単騎でも、打点が高ければリーチです。特に、役が絡んで手が高いときは、即リーチです。運のエネルギー、位置エネルギーが高くなってきているので、ツモれます。また、リーチをかけることによって、他家が思わず振り込んでしまう力が働きやすい状態ですので、打点がある、もしくは型が入っている手は、即リーチしましょう。反対に、打点も型もない安い手でリーチをかけてはいけません。
 普通の状況のときは、待ちの色が場に1枚も出ていないときはヤミテンにして、たくさん出ているときはリーチをかけます。また、三面張、変則三面張、四面待ちのように待ちがたくさんあるときはリーチをかけてもかまいません。それから、リーチをかけたら3900点が満貫になるなど、打点が高くなるときもリーチをかけてかまいません。普通の運気ですから、高い手が入ってきたらリーチ、高い手になりそうなときはリーチというのは当たり前の考え方でいいですが、和了れる、和了れないは五分五分です。
 運気が低いときは、リーチをかけてもツモれません。ツモるエネルギーが非常に落ちてきていますので、出和了りに期待です。ですから、役のある手は、ほとんどヤミテンです。自分の河も相手の河も総合して出やすいときが、リーチをかけるときです。

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top