麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
地野彰信が19年ぶりの勝利!!/μカップイン大阪

地野彰信が19年ぶりの勝利!!/μカップイン大阪

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

 麻将連合が主催するμカップイン大阪の決勝大会が12日、大阪天満橋会館で行われた。

 μカップは予選を複数回行い、勝ち上がった選手と招待選手が本選で争うシステムとなってり、本選では32名の選手が対局を行った。

 ルールは、一発裏ドラなし。カンドラも増えないという偶然を排除したものとなっているので、手作りというのが非常に大事になる。

 他のプロ団体も一部タイトルで採用しているが、そのルールをメインにしているのは今や麻将連合だけである。

 

 他の大会と違うと思う点が何点かあった。

 まずは開会式の選手紹介。予選を勝ち上がるのをまずは目標としてほしい。

 ということで、一人一人紹介される。

 呼ばれた選手は立ち上がり一言挨拶をする。

 もちろんアマチュア選手も紹介されるのだが、選手から話を聞くと「これから対局がはじまる」と自然に気持ちが高まるそうだ。

 

 対局前にも他では見られない事があった。

 対局者が4人集まると、まずは全員が自分の名前とスコアを見せ合うのだ。

 卓内で、だれがどれくらいの目標かというのがわかるのである。

 

 半荘3回戦終了時点で、32名が16名となる。

 4回戦終了時8名となり、5回戦終了時に4名となる。

 その4名で決勝を行うのであるが、敗退した選手や、途中から来場された観戦者も来るので会場は混雑している。

a準決勝風景
準決勝風景

 

 今回のin大阪は、堤一弘さん、ASAPIN、地野彰信ツアー、むく大樹プロで行われたが、ポイントが拮抗しており、着順勝負となった。

a決勝戦風景
決勝戦風景

 

a決勝風景2
決勝風景2

 

 

 結果、地野彰信ツアーが優勝となったのだが、なんと19年ぶりのツアー優勝であった。優勝者インタビューでは感極まった地野ツアーには多くの観戦者から拍手が送られていた。

a優勝を決めた直後
優勝を決めた直後

 

aa優勝の地野彰信ツアーと忍田代表
優勝の地野彰信ツアーと忍田代表

 

μカップイン大阪成績 - 麻将連合

 

以下、優勝した地野彰信ツアーのインタビュー

------決勝戦は緊張しましたか?

地野 緊張はなかったと思います。

------19年ぶりの戴冠となりましたが、長かったですか?

地野 途中の10年くらいは麻雀を模索しておりました。配信で他団体のプロと対局する機会があり、そこで何かきっかけが掴めたんではないかと思ってます。

------優勝を意識したのはいつでしょうか?

地野 最後にをツモった時ですね。混戦で最後までわかりませんでした。

------優勝を実感したのはいつでしょうか?

地野 優勝してから実はずっとうるうるしていたんですが、ずっと我慢していました。でもインタビューの時に溢れ出してしまいましたね。恥ずかしいです。

トロフィーを受け取った後、その刻まれた文字をずっと見つめていた地野ツアーだが、ベテランの今後の活躍に期待したい。

文責:矢後誠(雀サクッ)

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top