麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
近藤誠一が4度目の戴冠!/第43期最高位決定戦

近藤誠一が4度目の戴冠!/第43期最高位決定戦

CABO求人全自動麻雀卓スリム

<第43期最高位決定戦>◇最終日◇28日◇麻雀スタジオ

 第43期最高位決定戦にて、近藤誠一が71.1ポイントで優勝し第37期、第40期、第41期に続き4度目の最高位を戴冠した。

 今期決定戦に進出したのは第42期最高位の村上淳、Aリーグ2位の園田賢、3位の太田安紀、4位の近藤誠一となった。Aリーグ1位であった松本浩司は病気で入院となり、日程は変更となったものの快復には至らず対局を行うことはできなかった。

 3日目12回戦終了時点では園田が127.6ポイント、2位の近藤は▲24.6ポイントと150ポイント超の差をつけていたが、4日目の16回戦終了時点では近藤が逆転して最終日を迎えた。

3位、4位の太田、村上にもチャンスが残る最終日となった。

17回戦では東1局から近藤の選択が冴えわたり、ライバルの園田とのトップラスを決めた。

残り3回戦で130ポイント超という厳しい差をつけられた園田。18回戦も序盤は苦戦するが東4局の親番で大連荘。その後は近藤も2着目に食らいつくも、太田が倍満のあがりを決めるなど意地を見せ、オーラスでは一時トップ目に浮上。最終的には園田が粘り切り園田がトップ、2着に太田、3着に近藤となった。

19回戦では太田が近藤から満貫のあがりを決めると、園田が巧みな仕掛けでチーしての三暗刻のツモあがりでの満貫でトップ目に浮上。その後もアガリを重ね近藤とも一時トップラスの状況を作るが、最終的には園田トップ、近藤3着となった。

最終20回戦目。その差は1.2ポイント。完全な着順勝負で最終戦を迎えた。園田は勝負牌が太田への放銃に繋がってしまう展開が続き、オーラスの自身の親番を迎えた時点で、近藤とは13800点差となっていた。イーシャンテンまで手は進むもののそこからは進まず、最終的には太田がトータル3位を確定させるあがりを決め、近藤が優勝となった。

4度目の戴冠を決めた近藤は、インタビューで「今年はいろんなことがあった。B1の田中巌選手は、もう打つこともできない。今回決定戦に出れなかった松本浩司選手も辞退せざるを得なかった。それで繰り上がって打った私が最高位になった。適切な言葉は見つからないが、松本浩司選手が来期万全に打つことができるようになることを祈っています。この場所で打てる幸せを感じながら、全力で打ちました。初日、二日目は苦しい戦いとなったが、なんとかリードをして本日を迎えて、17回戦で大きなアドバンテージを取ることができたのが勝因だったと思います。決定戦出るにあたって、融通を利かせて頂いたMリーグのチームメイトの魚谷選手、茅森選手、高畑監督にも感謝したいです。これからも精一杯戦っていきます。応援くださった方々、本当にありがとうございました。」

決勝メンバー(左から村上、園田、近藤、太田)
第43期最高位決定戦
順位 選手名 トータル  1日目 2日目 3日目 4日目 5日目
1 近藤誠一 71.1 27.3 ▲101.8 42.8 93.2 2.5
2 園田賢 38.3 ▲26.8 98.4 38.7 ▲90.7 1.4
3 太田安紀 ▲64.7 122.3 ▲74.9 ▲21.3 ▲45.8 8.6
4 村上淳 ▲86.7 ▲69.2 37.3 ▲60.2 42.3 ▲12.5

 

歴代最高位

第1期 灘 麻太郎(順位率部門)・川田 隆(得点部門)
第2期 田村 光昭
第3期 小島 武夫
第4期 小島 武夫(2)
第5期 田村 光昭
第6期 狩野 洋一
第7期 大隈 秀夫
第8期 青野  滋
第9期 金子 正輝
第10期 佐藤 孝平
第11期 金子 正輝(2)
第12期 金子 正輝(3)
第13期 西田 秀幾
第14期 飯田 正人
第15期 飯田 正人(2)
第16期 飯田 正人(3)
第17期 飯田 正人(4)
第18期 徳久 英人
第19期 井出 洋介
第20期 飯田 正人(5)
第21期 五十嵐 毅
第22期 岩川 聖基
第23期 飯田 正人(6)
第24期 金子 正輝(4)
第25期 飯田 正人(7)
第26期 古久根 英孝
第27期 古久根 英孝(2)
第28期 飯田 正人(8)
第29期 尾崎 公太
第30期 古久根 英孝(3)
第31期 張  敏賢
第32期 張  敏賢(2)
第33期 飯田 正人(9)
第34期 飯田 正人(10)
第35期 村上  淳
第36期 石橋 伸洋
第37期 近藤 誠一
第38期 新井 啓文
第39期 村上  淳(2)
第40期 近藤 誠一(2)
第41期 近藤 誠一(3)
第42期 村上  淳(3)
第43期 近藤 誠一(4)

 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top