麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社

2018/10

Month
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第60回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第60回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。 ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。 第一節二回戦C卓 ▼対局者 Ⓢ福地誠 Ⓟ木原浩一 就活生@川村軍団 独歩 牌譜...
もっと食うための現代大食技術論 第52回

もっと食うための現代大食技術論 第52回

   佐賀にも〜やっと佐賀にも〜二郎系ができた〜♪ 黄色と黒の〜看板だけど〜♪ 名前は がぶがぶ♪   念願の二郎インスパイアが地元佐賀にもオープンしました。九州の地で二郎系は中々根付かない傾向にありましたが、13時頃に訪問すると何とほぼ満席。これはかなり期待が持てそうです。  お店の前にあるガチャポンの機械は1回10...
ネマタの戦術本レビュー第726回「現代麻雀の神ワザ 著:鳳南研究所 その5」

ネマタの戦術本レビュー第726回「現代麻雀の神ワザ 著:鳳南研究所 その5」

ネマタの戦術本レビューとは 『ネマタの戦術本レビュー』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによる戦術本レビューです。 ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。 第1回から読みたい方は、目次からご覧ください! 鳳南研究所の麻雀ウォッチ記事はこちら! 第一章 分析3  30...
土田の捨て牌読み 58.1・2・8・9のかぶり

土田の捨て牌読み 58.1・2・8・9のかぶり

 1巡目から6巡目までの河に1・2・8・9が現れている頻度は高いですが、先に捨てた1・2・8・9がまた序盤のうちにかぶってくる河は進行が遅いと判断すべきです。  と切ってきて、がかぶっています。  第1打にを切って第2打にかぶり、を打ってを打ってを打って、またがかぶっています。このように、序盤の1巡目から6巡目までの河...
第1274話 女流雀士とハロウィン2018

第1274話 女流雀士とハロウィン2018

女流雀士の○○とは 『女流雀士の○○』は、青木さやプロによる日常系麻雀4コマ漫画です! ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。 あなたの麻雀エピソードが漫画になるかも!ネタ投稿フォームから送信してくださいませ。 第1話から読みたい方は、目次からご覧ください!
フェニックス・茅森が初勝利!ABEMAS・多井も4勝目を達成!【Mリーグ 10/30結果】

フェニックス・茅森が初勝利!ABEMAS・多井も4勝目を達成!【Mリーグ 10/30結果】

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2018」は10月30日に、渋谷ABEMAS 対 セガサミーフェニックス 対 TEAM雷電 対 KONAMI 麻雀格闘倶楽部 の対戦が行われた。 第1試合は、ABEMASから多井、フェニックスから茅森、雷電から黒沢、麻雀格闘倶楽部から前原が出場。序盤は黒沢が東場で二度の満貫を決めるも南2...
ネマタの戦術本レビュー第725回「現代麻雀の神ワザ 著:鳳南研究所 その4」

ネマタの戦術本レビュー第725回「現代麻雀の神ワザ 著:鳳南研究所 その4」

ネマタの戦術本レビューとは 『ネマタの戦術本レビュー』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによる戦術本レビューです。 ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。 第1回から読みたい方は、目次からご覧ください! 鳳南研究所の麻雀ウォッチ記事はこちら! 第一章 分析2  序盤...
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第59回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第59回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。 ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。 第一節二回戦C卓 ▼対局者 Ⓢ福地誠 Ⓟ木原浩一 就活生@川村軍団 独歩 牌譜...
土田の捨て牌読み 57.役牌の合わせ打ち

土田の捨て牌読み 57.役牌の合わせ打ち

 序盤、特に5巡目、6巡目に役牌の生牌に合わせ打ちをしてきたら、その人の手は大した手ではありません。なぜなら、早い手組みの人は率先して場の風や三元牌を切ってきますが、そうではない手なら相手に役牌をポンされて手が進むのも警戒して、孤立牌の役牌を温存するからです。  誰かが生牌のを切ったら、この人も手からを出してきました。...
Return Top