麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
大阪大学「阪大麻雀サークル牌雀符」が優勝!  朝日新聞社後援「青雀旗争奪学生麻雀選手権2020 決勝」

大阪大学「阪大麻雀サークル牌雀符」が優勝!  朝日新聞社後援「青雀旗争奪学生麻雀選手権2020 決勝」

BULL2021求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

日本最大の学生麻雀団体である一般社団法人学生麻雀連盟(理事長:正能和仁、所在地:東京都渋谷区、以下学雀連)は、2020年11月22日(日)に「青雀旗争奪学生麻雀選手権2020 」(以下、青雀旗)の決勝を行い、阪大麻雀サークル牌雀符が優勝しました。

大会結果

第25回目の開催となった青雀旗は、428名の学生が参加しました。2人1組で戦うペアマッチ戦で優勝を勝ち取ったのは、大阪大学の「阪大麻雀サークル牌雀符」に所属する、大野琳さん(所属大学は立命館大学)と磯部裕貴さんです。男女ペアで、2人とも放送対局の出場経験がある選手でした。大野さんが「少しでも稼いで繋げられるように、貴重な経験なので悔いなく対局できるよう精一杯がんばります」と意気込みのコメントを残し、決勝に臨みました。


決勝に進んだのは、矛盾(東北大学)、阪大麻雀サークル牌雀符(大阪大学・立命館大学)、古瀬(熊本大学)、明石北麻雀部(兵庫県立大学・九州大学)の4ペアです(チーム順は準決勝の結果順)。


今回の青雀旗は、前半戦60分間の1半荘と後半戦80分間の1半荘に分かれており、1人1半荘を戦いました。制限時間に達した時点で1半荘が終了していない場合は、そこでゲーム終了となります。
決勝の開幕となる前半戦は、大野さんが出場。東1局、起家スタートの大野さんは、手牌の形をタンヤオに決めて仕掛けていくも、テンパイ流局でのスタートに。東4局まで大野さんのアガリがない状況が続くも、東4局1本場で大野さんが気合いのリーチをし、満貫を出アガり、32800点持ちのトップで南入。制限時間が迫る中、南2局1本場、大野さんは3巡目で2つの仕掛けを入れ早い出アガリとなり、持ち点を35600点に。南3局終了後に制限時間となって、大野さんは1位で前半戦を終えました。


1位でバトンを受け取った磯部さんの後半戦は、有利な条件でのスタートに。東3局、磯部さんは仕掛けて自風の南の後付けでテンパイし、2000点を出アガり、持ち点を24300点に。東4局では、他家のアガリに点棒を支払い同点2位で南入するが、前半戦のポイントがあるため、他家より優勝条件が軽い。南1局、磯部さんはリーチで他家にプレッシャーをかけ、1人テンパイでの流局に。南4局1本場、全員ノーテンとなり、磯部さんが優勝を決めました。


優勝インタビューで大野さんは、「すごく緊張したけれど、成長した姿を見せられてとても嬉しい。決勝前インタビューで、他の選手の雀風を聞いた時に門前高打点と仰っていたので、私はめっちゃ鳴いていこうと覚悟を持ち、卓に入った」と、磯部さんは、「トップで回ってきて有利な条件だったので、優勝を逃すとサークルの方に怒られそうなので緊張した。試合を終えてほっとしている。結果を出せた姿を見せられてよかった」とコメントしました。

解説者木原浩一プロの総評

自分の持っている力をふるに使うため、勝ちたい思いが選手の指先に出ていた。見ている側もドキドキして応援したくなる。初心を取り戻した気持ちになれた。

大会結果※敬称略

青雀旗争奪学生麻雀選手権2020 決勝結果
ペア名 選手名
阪大麻雀サークル牌雀符 大野琳(立命館大学)
磯部裕貴(大阪大学)
明石北麻雀部 逸見友輝(兵庫県立大学)
瀬戸凌也(九州大学)
矛盾 吉田伊吹/
豊島凜太郎(東北大学)
古瀬 石本一貴/
東濱尚輝(熊本大学)

エキシビションマッチ

大会終了後、優勝者の大野さん、磯部さん、解説の木原浩一プロ、ゲストの千羽黒乃さん(Vtuber)で、エキシビションマッチの東風戦を行いました。
東1局、千羽黒乃さんがリーチするも、流局でのスタートに。東2局2本場、大野さんのリーチが入った後、木原プロもテンパイし攻めるが、7,700点の放銃に。しかし東4局、木原プロは放銃した点数分を出アガり、4人の持ち点が平たくなる。


東4局1本場、千羽黒乃さんが木原プロから出アガり南入。南1局、千羽黒乃さんが磯部さんから出アガり、千羽黒乃さんのトップで終了しました。木原プロの勉強になる解説が聞けたエキシビションマッチでした。

大会概要

イベント名

青雀旗争奪学生麻雀選手権2020(https://sma-seijanki.com/

開催日時

2020年11月22日(日)

会場

スリアロαスタジオ(東京都豊島区南大塚2-45-4-3F)
※決勝戦はオンラインではなく自動卓を使用した対局となります
※交通費は自己負担になります

参加資格

◆以下4つの条件を全て満たす、2人1組の学生
①学生麻雀連盟に加盟している18歳以上の学生である(高校生不可)
②オンライン麻雀「雀魂」のIDを持っている
③全国学生麻雀ランキングに登録している
④参加規約に同意している

参加費

無料

競技ルール

学雀連ルールに準拠(https://gakusei-majan.com/rule/

システム

1人1半荘、合計2半荘のスコアを競い、最も得点の高かったペアが優勝となります。

実況・解説

実況:小林未沙(賢プロダクション所属/ 声優・ナレーター/ 麻雀キャスター)
解説:木原浩一(日本プロ麻雀協会)
ゲスト:千羽黒乃(Vtuber)

賞品

<優勝>
・優勝トロフィー
・優勝メダル
・アモスグランドチャンピオンシップ2020-2021(学雀連主催)への出場権
・全日本健康麻雀選手権への出場権
<準優勝/ 3位/ 4位>
・入賞メダル

後援

株式会社朝日新聞社(https://www.asahi.com/corporate/

協賛・協力

株式会社スリーアローズコミュニケーションズ
https://threearrows-ch.com/company/
株式会社Yostar(https://www.yostar.co.jp/
使用ゲーム:雀魂(https://mahjongsoul.com/

主催

一般社団法人学生麻雀連盟(https://gakusei-majan.com/

配信ページ

麻雀ウォッチチャンネルにて無料公開中

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top