麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ

打ち切りなんかじゃない! 篠原冴美のドラマは続く【麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 第3節予選Aブロック2卓】

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

篠原が起家となった東1局、終盤でピンフ・赤・ドラのテンパイが入る。残りの巡目、そしてアガリ連荘というルールを踏まえると、ヤミテン判断の方が良さそうだ。

この判断が功を奏し、吉田から5800点をアガった。それにしても、この日の吉田はあまりにも当たり牌をつかみすぎた。彼女もまた苦しい。

続く1本場、篠原がピンフの先制リーチ!

今度は鶴海から2900は3200をアガり、目標へ向けて順調に加点していく。積み重ねたリードを守り抜き、トップ目のままオーラスを迎えた。

だが、やはり易々と終わらせてはくれない。ラス親の柚花が、ここから切りを選択し、待ちのリーチをかける。

その直後、篠原がテンパイを果たす。アガればトップでこの局を終えられるが、親リーチの一発目に2スジを押すこととなるは、あまりに危険すぎる。実際、これは柚花の当たり牌だ。
加えて、下家の吉田がドラのをポンしている点も悩ましい。字牌のツモ切りを続けているためテンパイしている可能性は低そうではあるが、もしも彼女にアガられたら2着でこの半荘が終わってしまうこととなる。柚花のリーチに安全なを切った時、吉田に鳴かれたり放銃してしまう可能性もあるのではないか? そして、自身のはフリテンだ。だが、それでもツモってしまえば条件は満たされる。押す理由と退く理由が交互に浮かび、篠原を悩ませる。長く深い思考の海にもぐり――

篠原はを河に置いた。リーチ・一発・赤の7700は8000のアガリ。篠原はこれで3着目となったが、吉田にアガられて2着終了という最悪のシナリオは避けたとも言えた。

「もしかしたら、を切ったのはミスかもしれません。でも、吉田さんにアガられてしまうよりは可能性があると思い、を切りました。前は、なんでその牌を切ったのか理由を説明できないこともあったんですけど、今は自分なりに一打一打にきちんと理由をつけられるようになりました」

意志のある一打で、篠原は可能性を繋いだ。

繋いだその先に、篠原はたしかに逆転をかけたリーチを入れた。だが――

それでも報われるとは限らない。このリーチが流局に終わった瞬間、篠原のシンデレラリーグは実質終わりを迎えた――。

もちろん、可能性が完全に潰えたわけではない。だが、4位以内に入る条件は、鶴海と11万点差のトップラスになるという、あまりに現実離れしたものだった。

各ブロックの5位の選手の中で、最もポイントを持っていればプレーオフへ進出することはできる。だが、これも現時点ではスコアが拮抗しているBブロックの5位の選手に権利が与えられる可能性が高い。奇跡は、簡単には起こらない。誰よりも篠原自身がそれを理解していたはずだ。

この苦難に直面して、篠原はさぞかし悲しんだと思う。だが、苦しんだのかと問われたら、それには強く異を唱えたい。

※※※※※※※※※※

「私が中学1年の時にお父さんが亡くなって、それからお母さんや弟とまともに会ったり話したりする機会が極端になくなったんです。私が18歳の頃には家族は解散状態で、弟も早くに結婚してみんな別々に暮らしていました」

これまで休憩中のわずかな時間を利用して、母や弟と電話をする篠原の姿を何度も見かけてきた。昔から家族仲が良かったものだと思い込んでいたものだから、篠原の告白は心底意外だった。

ある日、実家でたまたま母と話す機会があった。なんでも全自動麻雀卓を購入するのだという。

「ねぇ、麻雀って、楽しいの?」

2015年11月16日、麻雀愛好家の母に何気なく話しかけた日のことを、篠原は鮮明に覚えている。母は待っていましたとばかりに麻雀牌を用意し、いきなり「これはピンフ!」「これはタンヤオ!」と熱心に講義を始めたのだという。

「もともと麻雀一家なんですよ。弟もすごく麻雀をやるし、お父さんも私の出産に麻雀店に行ってて立ち会えなかったくらいで(笑)」

篠原が麻雀を始めたことがきっかけとなって、家族仲は急激に深まった。母からの提案で、家族麻雀用のLINEグループまで作成した。アイコンは、もちろん実家にある全自動麻雀卓だ。

「楽しくて始めた麻雀なんだから、楽しまないと! そう思って、最後は本当にリラックスして打てました」

伸び伸びと打った最後の半荘ではリーチ・ツモ・ピンフ・赤1・ドラ1・裏2の6100オールをアガるなどして快勝を飾ってみせた。ブロック順位5位にはわずかに届かなかったものの、今後の可能性を感じさせるには十分な結果だった。

篠原が初挑戦したシンデレラリーグは、ここで終わった。だが、ここで得た糧はあまりに大きかった。今期から、念願の日本プロ麻雀協会の女流リーグ出場も決まったという。勉強熱心で麻雀が大好きな彼女が、経験という武器を新たに携えた。彼女がリーグ戦でどんな戦いを見せるのか、今から楽しみで仕方がない。

打ち切りなんかじゃない。ドラマ「麻雀プロ・篠原冴美」の視聴者は、これからますます増えていくことだろう。ファンが、母が、弟が。そして――、父が彼女を見守っている。

 

 

関連リンク

 

この記事のライター

新井等(スリアロ九号機)
麻雀スリアロチャンネルの中の人。
ナンバリングは九号機。
スリアロでのポジションをラーメンに例えると、味玉くらい。
お酒があれば、だいたい機嫌が良い人です。

新着記事

Return Top