麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
彼女たちは、いかに「難問」に挑んだか?~山田佳帆と高橋樹里が放った閃光~【麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 第3節予選Aブロック1卓】

彼女たちは、いかに「難問」に挑んだか?~山田佳帆と高橋樹里が放った閃光~【麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 第3節予選Aブロック1卓】

CABO求人全自動麻雀卓スリム

Q.あなたは若手女流プロです。「麻雀ウォッチ シンデレラリーグ」の予選最終節・最終戦を前に、大きなビハインドを背負った状況です。さて、どう戦いますか?

どれだけ最善を尽くしても、どれだけ対局内容を称賛されたとしても、望んだ結果になるとは限らない。それが麻雀の魅力なのだと語る人がいる。あるいは、それが麻雀の苦しさなのだと顔をしかめる人もいる。彼女たちは――、山田佳帆は、高橋樹里は、その時いったい何を思ったのだろう?

場況に即した対応力の高さで解説陣を唸らせ続けた山田だが、ここまでの11半荘で200ポイント以上のマイナスを負っていた。プレーオフ進出圏内ボーダーの4位に食い込むため、残り1半荘で目指すのはおよそ200000点持ちのトップ。赤アリ、アガリ連荘のシンデレラリーグのルールでの対局は、この1年で1000戦を優に越えていたという。それほどの研鑽を積みながら、予選最後の戦いを前に絶望的な条件しか残されていなかった。

前年度ファイナリストの高橋もまた、シンデレラリーグに特化した勉強を重ねてきたという。だが、それでも跳ね除けられないほどの苦境が続いていた。プレーオフ進出を狙うためには最終半荘でトップを奪取し、なおかつ後半卓で対局する4位の篠原冴美、5位の鶴海ひかる、7位の吉田葵のいずれも敗れなければならない。後半卓の選手がポイント差を見ながら対局できることを踏まえると、山田ほどではないにせよ厳しい条件には違いない。予選突破は、正直70000点トップくらいでないと心もとないだろう。

 

それぞれの目標を定めながら、彼女たちは厳しすぎる「難問」へと挑んだ――。

最終戦東1局は涼宮の一人テンパイに終わり、迎えた東2局1本場、山田にとって簡単には手放せない親番の一つが巡って来た。

ブロック順位1位の里中が、マンズのチンイツまで見据えたポンの積極的な仕掛けをする。を切ると――

山田がこのをポン。のシャンポン待ちに構えた。門前進行で345や456の三色の可能性も見えたが、5800のポンテンを逃していられる局面ではない。

その後、里中がホンイツ・トイトイのテンパイを果たしたかと思えば、

をポンしている高橋も跳満のテンパイを入れた。

涼宮はメンタンピンドラ1の1シャンテンから比較的安全度の高いを勝負!

これを山田がとらえ、5800点のアガリ。終局ギリギリで親権の維持に成功した。

続く東2局2本場では、山田と高橋にチャンス手が入る。

山田はこの牌姿からカンをチー。を捨てて1シャンテンに構えた。ドラのを1枚抱え、高確率で5800点が保障された仕掛けだ。ソーズが重なるとペン待ちとなるが、ネックを処理しつつを使いきれる実戦的な判断を見せた。

一方の高橋は、がアンコでドラ2・赤1。鳴いてトイトイに仕上がれば跳満が確定する。

直後、を重ねた山田が、ペンのテンパイを取る。で待ち取りを変えることもできるし、さすがにテンパイを取った方が良さそうだ。何より――

をツモってしまえばいいのだ! 4200オールのアガリで、大きく加点した。

ここで山田の河と高橋の手牌を、もう一度照らし合わせてみたい。

この直後に山田がを手放している。そう、高橋は山田のをスルーしたのだ。普段の彼女であれば、間違いなくポンしていただろう。だが、高橋はその選択を良しとはしなかった。これだけの勝負手が、次にやって来るとは限らない。もしかしたら、最後のチャンスかもしれない。そうして最高形の四暗刻に照準を定めていた。
実際、前回のシンデレラリーグ決勝で、高橋は逆境に身を置かれながら四暗刻を成就させている。このスルーは、彼女らしさがあふれた素晴らしい胆力だと思う。だが、今回はその胆力が裏目に出て、發・トイトイ・三暗刻・ドラ3・赤1の倍満テンパイを逃してしまったというのは、なんとも皮肉な話だった。

山田、里中の親番が流れ、着実に終焉の時が近づいてくる。東4局5本場、涼宮の親番で、供託は4本に膨れ上がっていた。先制リーチを入れたのは涼宮。リーチ・ピンフの 待ちだ。

この親リーチに、高橋が立ち向かう。タンヤオ・赤2のヤミテンを入れていた高橋は、「リャンメンかイーペーコーがついたらリーチをしようと考えていた」という。そして、狙い通りの引き。結果論ではあるが、即リーを放っていたら一発放銃をしていたを使い切り――

カン待ちで勝負をかける!

このを涼宮が一発でつかみ――

高橋がリーチ・一発・タンヤオ・イーペーコー・赤2、12000は13500点をアガった。さらに供託5本を手にし、一気にトップ戦線へと浮上する。一発放銃の未来を一発出アガリへと書き換えたのは、先ほども見せた高橋の胆力の賜物だと思う。

それにしても、である。なぜ今なのだろう?

この土壇場になって、予選を通じて苦しみ続けた山田に、ここまで整った手が入り続けるのだろう?

対応力と守備力が持ち味の山田が、トップ目からリーチに対して無筋のを切らなければいけないほどの状況で。

「プロ生活を長くやっていたら、こんな経験をいっぱいするんだよ」

最終戦の前に、解説の金太賢が山田に投げかけた言葉が頭をよぎった。いまだ条件クリアは雲の彼方。それでも諦めないから、山田はを切る。なんとも複雑そうな表情からあふれる感情は、戦いの舞台にいない僕には、とても推し量れるものではない。

>>次ページ 諦めない彼女達の闘牌

 

新着記事

Return Top