麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
心のストレッチはいつでも万端! 鶴海ひかるのラストスイム【麻雀ウォッチ シンデレラリーグ プレーオフ1st】

心のストレッチはいつでも万端! 鶴海ひかるのラストスイム【麻雀ウォッチ シンデレラリーグ プレーオフ1st】

CABO求人全自動麻雀卓スリム

最高位戦日本プロ麻雀協会所属、「4センチメートル自由形」こと鶴海ひかる。麻雀がメンタルゲームだと言うのなら、彼女のそれは間違いなく一線級だ。

8名中6位という追い詰められたポジションで予選最終節を迎えた鶴海は、番組冒頭で「去年のシンデレラリーグの時は最終節で▲200ポイントくらいだったんですけど、その時に比べれば気持ちは晴れやか。ハッピーです」と、笑顔で意気込みを語っていた。そして有言実行とばかりに予選を4位で通過。プレーオフ1stへ進出を果たし、この日もまた「予選は省エネ。計算通りです」と笑みを浮かべていた。本心は、プレーオフを経て準決勝への切符を手に入れるより、ストレートで準決勝進出を決めたかったことだろう。だが、彼女は後ろ向きな言葉を一切口にしない。

「とにかくうれしかったです。麻雀が打てる! やったハッピー! って感じでした。前日は一日中歌を歌ってました(笑)」

強靭な精神力の持ち主だから、鶴海の打牌は本当にブレない。それがどんな大舞台であろうと、極限まで追い詰められていようと、それこそ水を得た魚のようにスイスイと泳ぐのである。

プレーオフ1stは、たった1つの座をかけた半荘2回のスプリントマッチ。2戦のトータルトップだけが、各ブロック3位の選手が待つプレーオフ2ndへと勝ち進める。1stは、鶴海と同じく鳴き仕掛けを得意とする田渕、守備力に定評にある都美と丸山という組み合わせとなった。鶴海と田渕が手数で勝負し、都美と丸山が対応する。そんな展開を予想した。

想定通りと言わんばかりの展開が、1回戦東1局から訪れた。親の田渕にドラ2・赤2の超チャンス手が押し寄せる。

わずか6巡で、仕掛けても満貫という手広さに。

を仕掛け、待ちのテンパイを取った。このスプリントマッチでの12000点の価値は、あまりに大きい。だが、これがなかなかアガれない。勝負はもつれ――

鶴海がチートイツのテンパイで追いついた。田渕はチーをした後、ひたすらツモ切りを続けている。テンパイでもおかしくないが、幸い ともに田渕の安牌だ。

鶴海は2枚切れのを捨て、待ちでのリーチを選択した。

「チートイツに関しては、即リーチを打つことが多いです。うっかりツモっての1600-3200が大きいし、さらにうっかり裏が乗ったら破壊力抜群。待ちも道中で選び放題と、いいことばかりの役で大好きです。に関しては、仕掛けている親の現物なのもあってヤミテンにしてもよかったんですけど、これはトップ取りの一回勝負。自分がを切っているので、リーチしても安牌で選ばれることがありそう……などなどを加味してリーチしました」

このは山になかったのだが、鶴海のハイテイをずらすために都美がチー。その結果――

田渕のロン牌であるが丸山の元へ流れた。鶴海が放銃していたら、ホウテイもついて18000点の失点だった。そして丸山、ここで安牌が尽きているのである。打牌候補は筋牌ののみ。は生牌で、シャンポンやカンチャンに当たる可能性が十分にある。そしては、鶴海の目論見通り、田渕の現物なのである。

ならば、切れる牌は1つしかない――

リーチ・タンヤオ・ハイテイ・チートイツ、8000点のアガリ。鶴海が早々に大きなリードを手に入れた。

続く東2局、田渕がリーチ・赤、高めイーペーコーとなる 待ちの先制攻撃を仕掛けた。

これを受けた鶴海は、1シャンテンからで一発放銃をしてしまう。安牌は枚のみ。降り切れる保障がなく、これを切ると復活はかなり難しい。まだ東場で、8000点のリードはアドバンテージにはならない。追撃するために序盤でめいいっぱいの手組にするのはオーソドックスであるし、3巡目以降に安牌として抱えられそうな牌も持ってこなかったため、これはやむなしか。

このアガリが、なんと裏3で跳満に! 東1局に大物手を逃した田渕が、トップ目に立った。なんとも手痛い失点を喫した鶴海だが、その泳ぎにかげりは見られない。

東4局には、ドラ待ちのチートイツをテンパイした丸山の宣言牌を捉え――

リーチ・タンヤオ・ピンフ・ドラ1、8000点の加点。トップ目の田渕へ追いすがる。

南入すると、さらにギアを上げたかのように鶴海と田渕の猛攻が繰り広げられていく。配牌でチートイツ1シャンテンの田渕に対し――

鶴海には「さぁ、ソーズのホンイツにしてください!」と言わんばかりの好配牌が巡って来た。

役牌のを暗刻にし、

とする。 は2枚切れているため、受けを残すのトイツ落としよりも、打点効率を意識した方が良さそうだ。なにより親はライバルの田渕。ここで親かぶりできたら、相当有利に試合を運べる。

そしてをポン! ホンイツ・トイトイ・南・赤、跳満確定のテンパイ。ツモれば三暗刻がついて倍満にもなる。

この手に飛び込んだのは、またしても丸山。3巡目にを捨て、と手出ししている西家に対し、のトイツ落としをして――

 

いったい誰が12000点と申告されると思うだろうか?

続いて南3局、ここまで手が全く入らなかった都美がを暗カン。新ドラはとなり――

たちまち2翻アップのを携え、丸山がカン待ちのリーチを敢行!

この鉄火場を制したのは、のポンでタンヤオ・ドラ1・赤2のテンパイを果たした田渕だった。

リーチ棒2本を合わせて、計10000点の収入。これが決定打となり、1回戦トップは田渕となった。

>>次ページ 条件をクリアできるか、果たして結果は…

 

新着記事

Return Top