麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
魅惑のポーカーフェイス | 「勝負師」都美の麻雀の真髄

魅惑のポーカーフェイス | 「勝負師」都美の麻雀の真髄

BULL2021求人朝宮あろま

2017年に開催された「第4回姫ロン杯」の第1戦「麻雀リオダイヤモンドカップ」では、持ち前の駆け引きの上手さで、名立たる女流プロを抑えてチャンピオンの称号を勝ち取った都美。麻雀の実力もさることながら、美麗なルックスにも定評がある。麻雀以外にもポーカーが得意な都美だが、実はそのポーカーにこそ彼女の強さが隠されていたー。本記事では都美のプロフィールや魅力、彼女の雀風に迫っていこう。

目次

都美の基本情報・プロフィールデータ

名前 都美(とみ) 
異名 ポーカーフェイスのシンデレラ、借りてきた猫
生年月日 1992年12月16日
出身地 東京都
血液型 O型
趣味・特技 ポーカー、脱出ゲーム、ボードゲーム、謎解き
本人公式SNS Twitter
Instagram
所属団体 日本プロ麻雀協会
プロ入会年 2015年
主なタイトル 第4回麻雀リオダイアモンドカップ優勝
好きな牌 [⑧]
完成させたい役満 四暗刻

都美はプロ雀士としてだけではなく、パチスロライター、グラビアアイドルとしても活動している。また「ポーカー」「脱出ゲーム」、「ボードゲーム」、「謎解き」など、趣味の幅も幅広い。いずれも頭を使う趣味となっており、様々な分野を吸収して今後どのような麻雀を見せてくれるのか、ファンにとっても楽しみである。

経歴

2015年:日本プロ麻雀協会入会(14期生)
2017年:第4回麻雀リオダイヤモンドカップ優勝

麻雀との出会い・きっかけ

都美プロは兄3人と姉1人の5人兄弟。両親も兄姉も麻雀好きという麻雀一家で育った。幼い頃はルールが曖昧だったものの、18歳の頃に雀荘でアルバイトを始め、ルールを理解してからは一気に麻雀の虜に。そして麻雀番組である「ガチンコ麻雀道」への出演をきっかけに2015年にはプロテストを受験。見事合格を果たし、プロ雀士としての肩書きが加わった。そして同年、女流雀士のみで結成されたアイドルユニット「More」の初代センターを務める。「麻雀ウォッチ シンデレラリーグ」に参戦した際のインタビューでは、今後の目標として「知名度を上げてスターになり、様々な仕事に挑戦したい」と語ってくれた。

麻雀ウォッチシンデレラリーグ出場者インタビュー第16回 都美「スターになって様々な仕事をしてみたい!」

都美の打ち方や雀風

©ABEMA

都美プロは守備力の高さ、駆け引きの上手さが特徴的だ。高打点が狙えそうな手牌でも、捨て牌状況から冷静に打牌選択する。テンパイしている状況からでも、きっちりリスク回避を選択できる強い精神力が備わっているといえる。多くの人が安全だと思う牌でも、自分のフィルターを通してきっちりと判断できるのだ。

一方で、攻める場面では可能な限りの高打点を目指しながら、相手のチャンスを摘み取ろうとする動きも絶妙だ。特に相手の有効牌を持っている場合には、その相手の動きを読んだうえでタイミングよく切り出し、簡単には前進させない。得意のポーカーを通じて、微妙な押し引きが自然と鍛えられているのかもしれない。

都美の対局時の様子

EX風林火山新メンバーオーディション2回戦 2021/6/4

©ABEMA

1回戦はオーラスで中田に逆転を許した都美プロ。2回戦では圧倒的な試合運びを見せ、東場では2局から怒涛の4連続アガリ。そのうち東3局では高目の一盃口をツモって跳満。大きくリードを広げた。

南1局の親番でも早いテンパイを入れてツモアガリ。これで5連続のアガリとなり、持ち点は54000点を超える。そして、最後にも跳満をアガって61200点の大きなトップ。攻撃はもちろん守備も危なげなく、完全に都美の独壇場となった。

【6/4(金)20:00】EX風林火山新メンバーオーディション #4【都美 vs 中田花奈 vs 長澤茉里奈 vs 水口美香】

EX風林火山新メンバーオーディション3回戦 2021/6/4

©ABEMA

圧勝した2回戦の余韻も残る中、3回戦でも都美の勢いは止まらない。東1局の親番からダブ東、混一色、赤の跳満でスタートダッシュ。守備面もきっちり引き締め、テンパイの誘惑にも負けずに放銃回避して、トップ目をキープしていく。

途中、中田、水口が都美に迫る。特に中田は都美と1800点差まで詰め寄ってきた。追われる立場で迎えた最終局。ここでは相手のリーチに受けて立ち、12000点のアガリを決めて連勝ゴール。3回戦終了時点で、総合20位から2位までジャンプアップした。

【6/4(金)20:00】EX風林火山新メンバーオーディション #4【都美 vs 中田花奈 vs 長澤茉里奈 vs 水口美香】

麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 第2節予選Bブロック2卓 2019/1/22

大崩れせず、勝負所は逃さない。都美持ち前の堅牢さが、存分に発揮された。全員が2万点台で迎えた南2局5本場、供託が3本出ており、アガった時点でプラス4500点のおいしい状況。当然のごとく鳴き合戦の様相となったが、都美がテンパイ一番乗り。その後リーチが入り、その他の相手もテンパイ気配濃厚。全員に無筋の牌を引いた都美はテンパイ崩しの選択。しかし、ベタオリはせずに再びテンパイにする粘りをみせた。

結局アガリには結び付かなかったが、リターンの大きさにもかかわらず、リスク管理を貫いた都美の精神力が光った。直後に訪れたラッキーな展開をしっかりとものにした都美が逆転して、見事トップを飾った。

ポーカーフェイスのシンデレラ~都美の打ち回しが秀逸すぎた件~【麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 第2節予選Bブロック2卓】

SNSでの評価・評判

麻雀のみならずグラビアやパチスロ来店、ポーカーイベントと多方面で活躍している都美。ファンからの支持も高いことが、SNSでの反応からも見てとれる。

都美プロはポーカーが趣味ということもあり、ポーカーイベントでの人気も高いようだ。

都美プロの雀魂での解説も好評の声が多く見られた。

Instagramにもアップしているという手作りのメロンパン。「とても美味しそう」「食べたい」など、リプ欄は大にぎわいだった。

都美のニュース・こぼれ話

NARUTOの我愛羅が好き!?

都美プロのTwitterに気になるつぶやきが…。「これは熱愛写真です」「私は彼が大好きです」との言葉に添えられていた写真とは、都美プロが漫画「NARUTO」の人気キャラ、我愛羅と腕を組んでいるものだった。我愛羅はNARUTOファンからの人気も高いクールなキャラクターで、アニメ好きの一面ものぞかせた都美プロ。なお、写真は富士急ハイランドに登場したフォトスポットで撮ったようだ。

グラビアで表紙を飾ったことも

【本日2月1日発売】『近代麻雀』3月1日号 『アカギ』鷲巣麻雀決着まであと3話・・・!高校女子オープン大会 MORE水着グラビア!

麻雀漫画として人気の高い「アカギ」が連載されていた近代麻雀の2017年3月1日号では、自身初となるグラビアで表紙を飾った。またスリアロβスタジオにて開催された女流プロの撮影会においても水口美香プロと共にチャイナ服で出演。プロ雀士の域を超えたルックス、プロポーションを活かした活動には今後も目が離せない。

女流プロの新領域! 水口美香プロ、都美プロの撮影会に潜入!衣装は水着とチャイナ服!?

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top