麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
名城大学・チームレジェンドが優勝! /第3回麻雀王国杯 学生麻雀甲子園

名城大学・チームレジェンドが優勝! /第3回麻雀王国杯 学生麻雀甲子園

CABO求人MEWS

 4人1チームの団体戦で行われる 「第3回麻雀王国杯 学生麻雀甲子園 全国本戦決勝」が9月10日(土)に行われ、名城大学のチームレジェンド(渡辺嘉人、浅岡諒亮、東川圭司、冨田朋暉)が優勝した。

 123チーム538名が参加した全国各地の予選を突破した18チームが、この日午前中に東京で行われた準決勝を戦い、4チームが決勝に進出した。

 決勝戦は人気麻雀漫画「咲-saki-」の作中で採用されている、持ち点10万点をチームで共有し、1半荘ごとに選手が交代するというシステムで行われた。

 先鋒戦では、チームレジェンドの渡辺さんが的確な押し引きで41700点を稼ぎ、次鋒の浅岡さんも7500点を加点。大きくリードしたが、副将戦で電気通信大学・万年六段@電通大の奥田悠我さんがオーラスの親で連荘を重ね、3300点差に縮めて大将に引き継いだ。

 大将戦では万年六段@電通大の田村雄一さんが、東1局に12000点(ダブルリーチ・ツモ・タンヤオ・ドラ3)をツモり、チームレジェンドを逆転。

 先鋒から守ってきたトップをついに明け渡したチームレジェンドだったが、大将の冨田さんが徐々に差を詰め、東4局に再逆転。オーラスはわずか300点のリードだったが、自らアガって優勝を決めた。

 プレッシャーがかかる中、大将として優勝を決めた冨田さんは「嬉しすぎて、感動しちゃいました。逆転されても諦めずに頑張って優勝できたので嬉しいです。」と喜びを語った。

 優勝したチームレジェンドは、2017年3月に行われる「アモスグランドチャンピオンシップ2016-2017」への出場権が与えられた。

aaDSC_0115
aaDSC_0117

第3回 麻雀王国杯 学生麻雀甲子園 決勝
順位選手先鋒次鋒副将大将TOTAL
1 名城大学
チームレジェンド
41700 7500 ▲25800 6100  129500
2 電気通信大学
万年六段@電通大
3900 3500  36400 5500  125600
3 東北大学
チーム鳳凰
▲700 ▲15600 ▲19600 4800  92600
4 名古屋大学
ぬまーじゃん
▲46900 4600 9000  ▲16400 50300
  終了時供託 2000       2000 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top