麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
朝倉、小林が意地の闘牌を見せるもファイナル進出に一歩及ばず!風林火山、ABEMAS、ドリブンズ、麻雀格闘倶楽部がファイナル進出!【Mリーグ 2/12 結果速報】

朝倉、小林が意地の闘牌を見せるもファイナル進出に一歩及ばず!風林火山、ABEMAS、ドリブンズ、麻雀格闘倶楽部がファイナル進出!【Mリーグ 2/12 結果速報】

CABO求人全自動麻雀卓スリム

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2018」は2月12日に、EX風林火山 対 渋谷ABEMAS 対 UNEXTパイレーツ 対 セガサミーフェニックス の対戦が行われた。今シーズンのレギュラーシーズンの最終戦となる。

2/11終了時点の順位表 ©AbemaTV

第1試合は、風林火山から滝沢、フェニックスから茅森、ABEMASから白鳥、Piratesから朝倉の対局。

第1試合の出場選手©AbemaTV

Piratesは130.5ポイント、フェニックスは175.3ポイントを2試合で叩き出すという条件が付きつけられた最終日の戦い。朝倉と茅森は事実上トップが必須の戦いとなった。

東1局に朝倉が茅森から8000をアガると、茅森も東2局で4000オールをアガり反撃。

東2局 茅森の4000オール ©AbemaTV

しかし東2局2本場で連荘を狙った茅森の聴牌キープの河底打牌が滝沢に捕まり12000。苦しい展開となる。

滝沢に突き放された朝倉はかなり攻めに転じるも、放銃や茅森のツモで点棒を削られ4着目でオーラスの親番を迎えた。

何としてでもつなげなければいけない親番で朝倉は道中カンの聴牌を取らず、終盤で待ちのリーチに辿り着き4000オールのアガリを捉えトップ目滝沢に肉薄する。

南4局 朝倉の4000オール ©AbemaTV

その後聴牌料で滝沢を逆転。最終局は白鳥が3着に浮上するアガリを決めて朝倉の逃げ切りトップとなった。

8勝目を挙げた朝倉は「1人当たり45000以上持ちのトップが条件なので、手放しには喜べないが最終戦になんとか条件が残せたという意味では仕事ができたかなと思います。こういう条件の最終日になってしまったので、やることをやるしかないなと思ったのですけれども、苦しい戦いになりましたが、最終日に条件が残ったので、あとはやりきるだけだと考えていました。厳しい条件でバトンを渡してしまったことは悔しいですが、あとは小林さんの麻雀を見届けます。」と力強く語った。

第1試合1位を獲った朝倉©AbemaTV

1位:朝倉(Pitares)+55.7
2位:滝沢(風林火山)+8.5
3位:白鳥(ABEMAS)▲21.8
4位:茅森(フェニックス)▲42.4

第1試合終了時点の順位表 ©AbemaTV

第2試合は、ABEMASから多井、フェニックスから近藤、Piratesから近藤、風林火山から勝又の対局。

第2試合の出場選手©AbemaTV

Pirates・小林は54800点以上のトップを取ればファイナル進出という条件を目標となった。

重苦しい序盤戦となったが東3局に小林が親番で勝又のドラ暗刻リーチとの勝負を制して4000オール。

東3局 小林の4000オール©AbemaTV

しかし終盤戦で大活躍の多井が2局連続の8000、2000・4000のアガリで一気にトップ目に立つ。

東4局 多井の2000・4000 ©AbemaTV

南1局1本場では近藤が多井との2軒リーチを制して3000・6000でトップに浮上する。

南1局1本場 近藤の3000・6000

近藤最後の親番となった南2局。小林がリーチに出るも多井が2000・4000をアガり再びトップ。そして南3局も多井がアガり小林、近藤にとっては厳しい状況となった。

最終局は近藤が2000・4000をアガりこの半荘のトップを獲得。最後までしっかり戦い抜いた。しかし、近藤と小林のチームのファイナルシリーズ進出をかけた戦いは残念ながら敗退という結果となった。

8勝目を挙げた近藤は「20万点近いトップ条件となってしまい、開始前に既に厳しいことが分かっていた。チームの6位をキープするための争いでもあるし、Piratesの条件がかかった対局でもある。自分がトップを取る、というのはわかりやすい目標ではあるが、色んなチームに対して自分がすることが影響を与えてしまう。様々な事を考えると終わりはなくて、難しかったです。これが予選としては最後の試合となりましたが応援して頂いた皆様ありがとうございました。フェニックスは、いつか羽ばたきます。ありがとうございました!」予選の戦いを終えて語った。

第2試合で勝利した近藤 ©AbemaTV

1位:近藤(フェニックス)+56.3
2位:多井(ABEMAS)+15.0
3位:小林(Pitares)▲15.7
4位:勝又(風林火山)▲55.6

ファイナルシリーズの日程 ©AbemaTV

ファイナルシリーズは現在のポイントを半分として24試合開催される。

明日2/13日(水)は15時よりファイナルシリーズに進出した4チームが記者会見を行う。

2/12 終了時チームランキング
順位 チーム名 TOTAL 試合数
1 風林火山 281.7 80/80
2 ABEMAS 184.6 80/80
3 麻雀格闘倶楽部 39.2 80/80
4 ドリブンズ ▲8.7 80/80
5 Pirates ▲99.2 80/80
6 フェニックス ▲170.1 80/80
7 雷電 ▲227.5 80/80

風林火山、ABEMAS、麻雀格闘倶楽部、ドリブンズがファイナルシリーズに進出!!

個人ランキング
順位 選手名 TOTAL 試合数
1 多井(ABEMAS) 476.3 27
2 滝沢(風林火山) 314.8 30
3 寿人(麻雀格闘倶楽部) 228.3 37
4 朝倉(Pirates) 178.8 28
5 近藤(フェニックス) 144.4 24
6 園田(ドリブンズ) 123.2 31
7 黒沢(雷電) 116.9 22
8 前原(麻雀格闘倶楽部) 84.8 27
9 たろう(ドリブンズ) 30.1 29
10 松本(ABEMAS) 22.1 27
11 勝又(風林火山) 15.9 25
12 亜樹(風林火山) ▲49.0 24
13 萩原(雷電) ▲61.0 30
14 茅森(フェニックス) ▲65.4 29
15 小林(Pirates) ▲115.6 27
16 村上(ドリブンズ) ▲162.0 20
17 石橋(Pirates) ▲162.4 25
18 魚谷(フェニックス) ▲249.1 27
19 高宮(麻雀格闘倶楽部) ▲273.9 16
20 瀬戸熊(雷電) ▲283.4 28
21 白鳥(ABEMAS) ▲313.8 26

 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top