麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
EX風林火山 | Mリーグ2020覇者〜チームの進退を賭けた下克上〜

EX風林火山 | Mリーグ2020覇者〜チームの進退を賭けた下克上〜

BULL2021求人ニルウッドカバー

2018年Mリーグでは準優勝、翌シーズンではまさかの最下位となり、優勝から遠ざかっていたEX風林火山。そして「3位以内に入らなければチーム解散」を公言し、背水の陣で挑んだ2020年大会では見事優勝を果たした。追い込まれるほどに実力を発揮し、大逆転優勝を成し遂げた姿は、まさに武田信玄の如きしぶとさだった。

2021年のドラフトで松ヶ瀬隆弥二階堂瑠美が加入し、新たな風にも期待が膨らむ。今回は今後も目が離せないEX風林火山の各選手の特徴や、記憶に残る対局をご紹介していく。

目次

EX風林火山のチーム概要

チーム名 EX風林火山
オーナー 株式会社テレビ朝日
監督 藤沢晴信
選手

二階堂亜樹
滝沢和典(~2020)
勝又健志
松ヶ瀬隆弥(2021~)
二階堂瑠美(2021~)

公式SNS Twitter
YouTube

EX風林火山は2018年にMリーグとともに発足。チーム名は武田信玄が軍旗に使っていた孫子の兵法「疾如風 徐如林 侵掠如火 不動如山」を採用したものである。

EX風林火山開幕前インタビュー「優勝あるのみ」

Mリーグ戦績

Mリーグ2018

 

順位

総合ポイント

レギュラーシーズン

1位

281.7pt

ファイナルシーズン

2位

83.0pt

Mリーグ2019

 

順位

総合ポイント

レギュラーシーズン

8位

-474.1pt

セミファイナル

ファイナルシーズン

Mリーグ2020

 

順位

総合ポイント

レギュラーシーズン

4位

-108.8pt

セミファイナル

4位

-82.9pt

ファイナルシーズン

1位

242.3pt

EX風林火山のチームメンバー

二階堂 亜樹(にかいどう あき)

異名

卓上の舞姫

生年月日

1981年11月15日

出身地

神奈川県鎌倉市

血液型

O型

趣味

漫画
(テラフォーマーズ、キングダムetc…)

公式SNS

Twitter

所属プロ団体

日本プロ麻雀連盟

主なタイトル

麻雀最強戦2020最強「M」トーナメント
第14回女流モンド杯
麻雀最強戦女流プロ代表決定戦
第3期女流桜花
第2期女流桜花
モンド21王座決定戦
第3期プロクイーン決定戦

1999年にプロデビューして以来、女性雀士界を牽引し続けてきた重鎮。獲得タイトルからもわかる通りの確かな実力と、美しいルックスから「卓上の舞姫」と呼ばれる。

今となっては数多くのファンがおり、女性雀士の代名詞と言ってもいいほどになった亜樹だが、その生い立ちは壮絶なもので、書籍化、映画化までされた。2020年Mリーグではチームの悪い流れを断ち切る逆転劇を見せ、優勝に大きく貢献。最近ではパチンコ番組への出演など、マルチに活躍している。

Mリーグ2020 個人成績

 

試合数

総局数

ポイント

レギュラーシーズン

28

347

-37.5pt

セミファイナル

4

44

43.2pt

ファイナルシーズン

1

11

-50pt

二階堂亜樹「麻雀プロ人生に光を灯してくれた二人の恩師」 Mリーガー列伝(12)

滝沢 和典(たきざわ かずのり)

異名

麻雀バガボンド
麻雀界のタッキー
越後の奇跡

生年月日

1979年12月6日

出身地

新潟県長岡市

血液型

ギター・お酒

公式SNS

Twitter

所属プロ団体

日本プロ麻雀連盟

主なタイトル

麻雀最強戦「最強の麻雀戦術本プロ決定戦」
第13回モンド杯
第33期王位
第32期王位
第2回モンド王座決定戦

中学時代に麻雀と出会い、高校ではバンドと麻雀に熱中。高校卒業後は楽器専門学校に通いながらプロテストを受験、20歳でデビューした。その甘いマスクから「麻雀界のタッキー」と呼ばれ、テレビ麻雀界を盛り上げている。若い頃から「丁寧で繊細な打ち筋」と言われ、他の選手からも「まるで麻雀の手本のよう」と評されることも。

EX風林火山にドラフト指名される以前は成績不振が続いており、麻雀をやめようとも考えたという。滝沢自身、指名されるとは思っておらず、ドラフト会場に出席していなかったと話している。ドラフト指名を機に一念発起し、自分の麻雀を見つめ直すために、毎日10時間以上の練習を重ねている。2020シーズン優勝に大きく貢献したが、自らの意思でチームから脱退。2021シーズンからはKONAMI麻雀格闘俱楽部に移籍となった。

Mリーグ2020 個人成績

 

試合数

総局数

ポイント

レギュラーシーズン

31

331

2pt

セミファイナル

8

96

60.9pt

ファイナルシーズン

4

42

59.5

滝沢和典「人生の師と仰ぐ無頼派ハードボイルド作家の存在」 Mリーガー列伝(14)

勝又 健志(かつまた けんじ)

異名

軍師
麻雀IQ220

生年月日

1981年3月15日

出身地

東京都墨田区

血液型

B型

趣味

将棋

公式SNS

Twitter

所属プロ団体

日本プロ麻雀連盟

主なタイトル

麻雀プロ団体日本一決定戦
第32期鳳凰位
第2期麻雀グランプリMAX
第2期優駿位

高精度の読み筋から「麻雀IQ220」や「軍師」との異名がついている。その名に恥じない優れた状況判断能力を持ち、常に最善手を選択することができるクレーバーな雀士だ。また、分かりやすく、的確な解説は非常に人気が高いことで知られている。そんな勝又は極めて真面目な性格で、インタビューを受けた際には「麻雀しか取り柄がない」と、真面目すぎることを少し気にしている様子も伺えた。

勝又が麻雀と出会ったのは小学5年生の頃。中学生にあがっても部活のかたわらに麻雀を続け、高校生の時にはプロを意識し始めたという。そして18歳でプロテスト合格、19歳でデビューとなった。勝又が読み筋を研究するきっかけとなったのは、プロ1年目の出来事。前原(KONAMI麻雀格闘倶楽部)の対局を目にしてからだという。そこで麻雀には確実に「流れ」が存在すると考え、徹底的に牌譜を研究。その結果「流れ」を論理的に理解するという、勝又なりの打ち筋が生まれた。

Mリーグ2020 個人成績

 

試合数

総局数

ポイント

レギュラーシーズン

31

396

-73.3pt

セミファイナル

4

43

-132.6pt

ファイナルシーズン

7

73

274.2pt

勝又健志「誰も知らない読みの領域へ」軍師の原点 Mリーガー列伝(13)

松ヶ瀬 隆弥(まつがせ たかや)

名前 松ヶ瀬 隆弥(まつがせ たかや)
異名 一騎当千
生年月日 1980年4月11日
出身地 北海道
血液型 B型
趣味・特技 料理
公式SNS Twitter
所属団体 RMU
プロ入会年 2009年
主なタイトル 第7期最高位戦Classic
第9期令昭位

EX風林火山ドラフト会議指名選手オーディションで見事優勝を飾り、2021シーズンから加入が決まった松ヶ瀬。守備・攻撃を状況に応じて器用に使い分ける、万能型の雀風が特徴だ。対局時にはサングラスをかけていることが多く、その恰幅のよさから少々近寄り難い印象を受ける人も多い。しかし、打ち筋の繊細さや趣味が料理であることを知り、ギャップにやられるファンが急増中。EX風林火山での今後の活躍にも期待したい。

手牌も上手に料理する-料理上手な松ヶ瀬隆弥の雀風や素顔

二階堂 瑠美(にかいどう るみ)

異名

天衣無縫

生年月日

1980年9月27日

出身地

神奈川県鎌倉市

血液型

A型

趣味

読書・カラオケ・料理

公式SNS

Twitter
Youtube

所属プロ団体

日本プロ麻雀連盟

所属リーグ

女流桜花Aリーグ

主なタイトル

第17期最強位
第11期プロクイーン

「二階堂姉妹」と呼ばれ、女流プロ界のパイオニアとして名を馳せてきた瑠美。亜樹を追うように、第16期生として1999年に日本プロ麻雀連盟に入会し、その後は大会だけでなくテレビ対局にも数多く出演。麻雀界で女流プロが注目される前から、実力と存在感を示しているのだ。そして、2021シリーズでドラフト指名を受け、瑠美もEX風林火山に加入。姉妹揃ってMリーガーとなった。今後の姉妹の活躍から目が離せない。

EX風林火山の対局模様

【Mリーグ2020 レギュラーシーズン74日目第1戦】2021/2/12

レギュラーシーズン序盤は勢いのあったEX風林火山だったが、年が明けた1月から急激にメンバー全員が調子を崩し始めた。チームは8試合連続逆連対を喫している中、この日の亜樹が流れを変える。序盤はかなり苦しい展開が続き、東場を終えてわずか700点を残すのみ。南1局親の亜樹は中のみ1,500点で親を繋ぎ、その後リーチ・ツモ・平和・赤1の2,600オールで反撃の狼煙を上げた。

南3局1本場では七対子の北地獄待ちをなんと一発ツモ。さらに裏ドラが2つ乗り、一気に2位へ。満貫以上で逆転という状態でオーラスを迎える。ダブ南トイトイで1萬待ち、瑞原からのアガリを決めて見事大逆転。完全に悪い流れを断ち切り、解散ムードが漂うチームを救った対局となった。

【Mリーグ2020 ファイナルシリーズ最終日】2021/5/18

ファイナルへ進出したEX風林火山だったが、「3位以内に入らないと解散」というプレッシャーもあり、奮わない展開が続いていた。トップとは大きな差が開いていたが、残り4戦で勝又プロが2連勝。2位、3位とはわずかな差ではあるが、奇跡的にトップに躍り出た。そして迎えた最終日、ここまで調子の良い勝又が連投となった第1戦。勝又は連勝の勢いそのままに、この日も他を寄せ付けない。

東1局にはドラドラ・平和のリーチで一発ツモ。3000・6000でスタートダッシュを決める。東2局では親となった勝又が、リーチ・ツモ・タンヤオ・ドラ3・赤2。なんと裏ドラが3枚乗り、完全に流れをモノにした。1戦目をトップで切り抜けた勝又は、2戦目も磐石な打ち筋で2位に着け、奇跡の大逆転優勝という偉業を成し遂げた。勝又はインタビューで「幸運に恵まれた。その幸運をしっかりと掴み、麻雀をすることができた」と語っている。

【5/17 Mリーグ2020 1戦目結果】風林火山・勝又が的確な立ち回りでトップ!上位陣とのポイント差を縮めて優勝に近づく!

Mリーグ2020 EX風林火山が初優勝!

EX風林火山のニュース

EX風林火山新メンバーオーディション開催中!

今、麻雀業界を賑わせているニュースといえばこれ。昨年度優勝を果たしたEX風林火山が今年新たにメンバーを1人加え、4人体制にすることを明らかにした。元乃木坂46メンバーの中田花奈などの著名人も参加している。

現在の順位やオーディションの詳細はこちら

二階堂プロが実姉・二階堂瑠美プロとYouTubeチャンネル開設!

亜樹が瑠美と共同で「るみあきchanねる」を今年3月に開設した。

2人が麻雀について語り合う回もあるが、「ゲーム実況」や「やってみたシリーズ」など、様々なジャンルの動画を投稿している。意外なところでいうと「激辛ペヤング食べてみた!」や「遺伝子検査してみた結果…」など、美人姉妹の普段とは違う一面を見れるかもしれない。

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top