麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【Mリーグ結果速報】風林火山が2トップ!1位ドリブンズとの差は3ポイント!

【Mリーグ結果速報】風林火山が2トップ!1位ドリブンズとの差は3ポイント!

CABO求人全自動麻雀卓スリム

麻雀プロリーグ「Mリーグ 2018 朝日新聞ファイナルシリーズ」は3月3日に、EX風林火山 対 渋谷ABEMAS 対 KONAMI麻雀格闘倶楽部 対 赤坂ドリブンズ の対戦が行われた。

第1試合は、風林火山から亜樹、ABEMASから松本、麻雀格闘倶楽部から前原、ドリブンズから村上が出場。

前原は満を持してのファイナルシリーズ初登板となった。

第1試合出場選手 ©AbemaTV

東1局から松本と亜樹のリーチ対決。勝ったのは亜樹。8000点を松本からアガり、一歩リード。

東2局では前原、松本、村上の三人テンパイで流局するも、次局東2局1本場。親を連荘したい松本が村上のリーチに対して放銃。

松本は8300点を失い、8700点持ちのラス目と、苦しい立ち上がりとなった。

東3局亜樹がドラを暗カンしてリーチ。決死の松本が追いかけリーチを敢行するも亜樹がツモってリーチ・ツモ・ドラ6の4000-8000のアガリとなりトップ目に。

亜樹の4000-8000 ©AbemaTV

東4局でも松本が4巡目にリーチをかけるも、前原のカン追いかけリーチに一発放銃。本日3度目の8000放銃となり、点棒はマイナス。松本も思わず表情を歪ませた。

南1局 亜樹のリーチに対し、親権を維持したい前原から5200点を打ちとり5万点超えのトップ目に立ち、盤石な体制となった。

オーラスは、倍満ツモならトップの亜樹をまくれる前原がチートイツのドラ単騎でリーチ。しかし苦しいながらも手を育てた松本がホンイツ・トイトイ・三暗刻・白の12000点を村上から出アガリ、素点を回復させゲームは終了。

松本の12000点 ©AbemaTV

風林火山が初トップを飾った。

インタビューで亜樹は「ホッとしました。打ち方が変わったといわれるんですが、レギュラーシーズンは打ち方が守備寄りだったので、ファイナルは攻撃的にいかないと、勝てるところで勝てないので、攻撃寄りにシフトしています。今日は先手を獲れる場面が多かったので、この半荘は前にでました。この後の2戦も、昨日のドリブンズに倣って、3連勝を狙っていきたいと思います。」と語った。

1戦目1位の亜樹 ©AbemaTV

1位:亜樹(風林火山)+73.2
2位:前原(麻雀格闘倶楽部)+8.8
3位:村上(ドリブンズ)▲28.7
4位:松本(ABEMAS)▲53.3

第1試合終了時の順位表 ©AbemaTV

 

第2試合は、風林火山から亜樹、ABEMASから白鳥、麻雀格闘倶楽部から高宮、ドリブンズからたろうが出場。

亜樹は連投となった。

第2試合出場選手 ©AbemaTV

東1局 白鳥がドラ4枚使いでテンパイするが、アガリは出ず、静かに局が進む。

東3局たろうがドラのトイツの配牌でカンからしかけ、バックの体制。その後自力で3枚目のを手繰り寄せ、見事8000点を亜樹から出アガった。

その後南2局白鳥が親番で1000オールをツモり、テンパイで稼いだ点棒でトップ目に立つも再び流局。

南3局4本場になり、たろうが三色のチーテンをとり見事ツモ。 1000-2000の4本場を制し、たろうトップ目でオーラスへ。

オーラスはたろうと白鳥の2400点差のトップ争い。テンパイノーテンで変わる状況で亜樹が素点を守りに3巡目でリーチをかける。

白鳥が場風のをしかけ、道中待ち変えの選択もあったが亜樹と同じ待ちので押し切ってツモ。悲願のファイナル初トップ、また自身も12月18日以来のトップとなった。

白鳥は「個人としてレギュラーシーズンが不甲斐ない成績だったので、ファイナルで結果を残したいと思い、研究してきました。ファイナルではかなり攻め込んでトップを獲りに行く麻雀をしようと考えてました。今日は1000オールとオーラスの300-500のみでトップをとったのですが、やっぱりセレブ打法向いてないなって思いました(笑)細かくアガって失点が少ない麻雀が自分らしいなと思います。」と嬉しそうに語った。

ファンの方へは「ファンの皆様お待たせしました。これからもチーム3人で頑張っていきますので、応援よろしくお願いします。」と話した。

第2試合1位の白鳥 ©AbemaTV

1位:白鳥(ABEMAS)+55.8
2位:たろう(ドリブンズ)+15.6
3位:高宮(麻雀格闘倶楽部)▲20.4
4位:亜樹(風林火山)▲51.0

 

第3試合は、風林火山から勝又、ABEMASから白鳥、麻雀格闘倶楽部から寿人、ドリブンズから園田が出場。

園田はファイナル初出場。

第3試合出場選手 ©AbemaTV

東1局 親の勝又が2600オールツモでリード。東2局でも白鳥のリーチに対して回し打ち、2600は3200をアガリ加点。

東3局 白鳥がドラのをポン、待ちでテンパイすると園田も親で待ちのリーチ。すると、二人の当たり牌を3枚吸収した寿人が追いかけリーチ。

これを園田から仕留め5200点のアガリ。

東4局 前局の勢いそのままに寿人が単騎の5巡目リーチ。寿人の河にと並んでいてかなりが通りそうな状況。しかし、このが深く、園田のテンパイを復活させてしまう。

園田が自身の河にを3枚並べたが、最後の赤を引き戻しでリーチ。これを寿人が一発でつかみ、リーチ・一発・ピンフ・ドラ2・赤1の12000点の放銃。園田が魔法使いたる所以を見せ、2着目に浮上し南入。

園田の12000点 ©AbemaTV

南2局 親権を維持したい白鳥が園田からのリーチを受けを勝負するも、これが寿人の当たり牌。ホンイツ・西・發の8000点を失点し、親が落ちてしまう。

南3局 勝又がかわし手の500-1000を実らせ、満貫ツモ圏外の点棒状況に持っていき、オーラスへ。

オーラスは寿人が1300オールツモで粘るも、園田が満貫ツモでトップに届かない、また寿人も迫ってきているという状況からピンフのヤミテンに構え、白鳥から2300点をアガリゲーム終了。

勝又は初トップとなった。

勝又は「1位を獲って少しホッとしました。今日は行く手牌と守る手牌がハッキリしてたのでうまくバランスが取れてたかなと思います。ドリブンズが昨日3連勝でしたが、ファイナルシリーズはまだまだ前半戦なので、相手とのポイント差を意識するというよりも、自分たちが300ポイントをとることを目指していきたいと思います。」と語った。

第3試合1位の勝又 ©AbemaTV

1位:勝又(風林火山)+62.1
2位:園田(ドリブンズ)+13.6
3位:寿人(麻雀格闘倶楽部)▲16.5
4位:白鳥(ABEMAS)▲59.2

ドリブンズと風林火山は3ポイント差と僅差。残り18戦、トップラスの点差が大きいMリーグルールで、今後の展開も目が離せない。

3/3(日)試合結果 ©AbemaTV

 

次の試合は明日3/9日(土)15時より生放送。

 

3/2 終了時チームランキング
順位 チーム名 TOTAL 試合数
1 ドリブンズ 179.3 6/24
2 風林火山 176.3 6/24
3 麻雀格闘倶楽部 ▲40.9 6/24
4 ABEMAS ▲66.2 6/24

 

ファイナルシリーズ個人ランキング
順位 選手名 TOTAL 試合数
1 たろう(ドリブンズ) 136.3 3
2 勝又(風林火山) 76.3 2
3 村上(ドリブンズ) 33.7 2
4 園田(ドリブンズ) 13.6 1
5 前原(麻雀格闘倶楽部) 8.8 1
5 亜樹(風林火山) 1.6 3
7 高宮(麻雀格闘倶楽部) ▲5.3 2
8 白鳥(ABEMAS) ▲25.6 3
9 滝沢(風林火山) ▲42.5 1
10 多井(ABEMAS) ▲59.8 1
11 寿人(麻雀格闘倶楽部) ▲64.0 3
12 松本(ABEMAS) ▲73.1 2

 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top