麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【Mリーグ結果速報】ファイナルシリーズ初日はドリブンズ3連勝で4位から1位へ!!

【Mリーグ結果速報】ファイナルシリーズ初日はドリブンズ3連勝で4位から1位へ!!

CABO求人全自動麻雀卓スリム

麻雀プロリーグ「Mリーグ 2018 朝日新聞ファイナルシリーズ」は3月2日に、EX風林火山 対 渋谷ABEMAS 対 KONAMI麻雀格闘倶楽部 対 赤坂ドリブンズ の対戦が行われた。

第1試合は、風林火山から亜樹、ABEMASから多井、麻雀格闘倶楽部から高宮、ドリブンズからたろうが出場。

ファイナルシリーズは1日に3試合行われる。本日はファイナルシリーズ初日。記念すべき1戦を各選手はどう戦ったのか。

第1試合出場選手 ©AbemaTV

東場は非常に静かな立ち上がりだったが、高宮がレギュラーシーズンとは違ったストレートな打ちまわしで4回連続リーチをかける。

そのうち親番東3局 2本場のリーチで6000オールを実らせトップに躍り出る。

東3局 高宮の6000オール ©AbemaTV

続く親番東3局3本場 たろうが先制リーチを敢行したが、を切って高宮も追いかけリーチ。

結果たろう3000-6000のアガリとなり、東4局多井が親番を迎えた。

この東4局で、ラス目の多井のダブ東の仕掛けに全員引き気味に対応。多井が4枚目の東を加槓するもイーシャンテンから進まない。

これに対し亜樹が新ドラとなったを手の内に引き入れ、のシャンポンでリーチ。

見事をつもり2000-4000。多井は点棒の無い状況からの手痛い親被りで東場が終了。

東4局 亜樹の2000-4000 ©AbemaTV

南1局1本場 高宮が2着目の亜樹から5200点を直撃。トップが近いものとなったと思いきや、南2局たろうの親番。たろうと多井のリーチ対決に発展。結果はたろうが12000点を多井に直撃。多井の点棒はマイナスになった。

次局たろうが一人テンパイで一瞬トップ目に立つも、3本場で多井が1300-2600のアガリでトップ目高宮と微差の2着目に。

ここでたろうを引き離したい親の高宮だが、たろうと多井の2人テンパイで流局。

オーラス、たろうがピンフヤミテンにとれたが、2枚切れの場を見て、ノベタンでリーチ。その後高宮もテンパイを入れるも、たろうがをツモり、初戦トップとなった。

インタビューでたろうは「今日監督からはたろうさんっぽく好きにやってくださいって言われたので、気合が入りました。オーラスは配牌の勝利でした。のピンフのヤミテンとしなかったのは、が2枚切れていたし、全員向かってくる状況だったのでノベタンでリーチしました。」と語った。

ファンに対して「応援ありがとうございます。これからMリーグ自体も面白くなっていくと思うし、ドリブンズも優勝を目指して頑張っていきますので宜しくお願いします。」と笑顔で語った。

 
1戦目1位のたろう ©AbemaTV

1位:たろう(ドリブンズ)+65.3
2位:高宮(麻雀格闘倶楽部)+15.1
3位:亜樹(風林火山)▲20.6
4位:多井(ABEMAS)▲59.8

第1試合終了時点の順位表 ©AbemaTV

 

第2試合は、風林火山から勝又、ABEMASから白鳥、麻雀格闘倶楽部から寿人、ドリブンズから村上が出場。村上は1月31日以来の出場となった。

第2試合出場選手 ©AbemaTV

東場は静かな立ち上がりかと思われた東3局。この試合で3度目のリーチをかけた村上が3000-6000アガリ、次局東4局でも高目リャンペーコーの3000-6000と2局連続跳満のアガリを決め、リーチ超人の復活を思わせた。

東4局 村上の3000-6000 ©AbemaTV

道中勝又が白鳥から12000点を上がり、トップ目の村上に迫るも、村上が守り切り、ドリブンズは2勝目を飾った。

インタビューで村上は涙を滲ませながら「1月以来の登板ですごく緊張していました。レギュラーシーズンではチームに迷惑かけてしまったと思っていて、このファイナルに連れてきてもらったんだと思ってました。2週間の休みの間には普段より麻雀を打つ回数を増やしたりして準備してきました。Mリーグを楽しみにしてくださる皆さんのためにもっと頑張っていきたいと思います。」と語った。

2戦目1位の村上 ©AbemaTV

1位:村上(ドリブンズ)+62.4
2位:勝又(風林火山)+14.2
3位:白鳥(ABEMAS)▲22.2
4位:寿人(麻雀格闘倶楽部)▲54.4

 

第3試合は、風林火山から滝沢、ABEMASから松本、麻雀格闘倶楽部から寿人、ドリブンズからたろうが出場。

風林火山、ABEMASはファイナル初日に全員出場となった。

第3試合出場選手 ©AbemaTV

東2局 滝沢、松本の2軒リーチ、寿人テンパイの三つ巴を制したのは滝沢。松本から12000点をアガリ、レギュラーシーズンに続いての好調ぶりを見せつける。

東4局で松本が点棒の無い状況で迫られた分岐点でチンイツを選択。ドラを加槓しツモでチンイツ・ドラ5の4000-8000で一気に2着目に浮上。

東4局 松本の4000-8000 ©AbemaTV

本日最終ゲームは後半戦へ。ここで親番たろうが粘りをみせ、2000オールツモ、5800点のテンパイを外し12000点に仕上げるなど、たろうらしい手組で解説陣を唸らせたが流局。

南1局 2本場 ここまで我慢に我慢を重ねた寿人がリーチツモ・赤1・ドラ3の跳満のアガリを決め点棒状況は平に。

南1局 寿人の3000-6000 ©AbemaTV

南2局でたろうの先制リーチに親の滝沢が追いかけリーチ。これに勝ったのはたろう、8000点を滝沢から出アガり、3連勝目前。

たろうはその点棒を守りながら局を進め、オーラスは松本に差し込むゼウスの選択を見せ、チーム3連勝、たろう個人は2連勝となった。

インタビューでたろうは「チーム3連勝はうれしすぎます。本当は初戦トップだったので連投の予定だったんですけど、1戦目が長くて疲れが出てしまったので、1戦休みました。オーラス寿人のリーチを受けてを切った場面は、切る牌が無かったんですよね。松本が鳴いた時点で抜き打とうとは思ってたんですけど、ピンフでテンパイして自分のアガリを見てしまったんですよね。それで寿人からリーチを受けて後悔しました。結果当たりだったのでよかったです。ファンの皆様にはこれからも楽しんでいただけるように麻雀を打っていきたいと思います。」と語った。

3戦目1位のたろう ©AbemaTV

1位:たろう(ドリブンズ)+55.4
2位:寿人(麻雀格闘倶楽部)+6.9
3位:松本(ABEMAS)-19.8
4位:滝沢(風林火山)▲42.5

この3連勝でドリブンズは4位から一気に1位に上り詰める。

順位点が大きいMリーグ故に毎試合順位に変動があって見応え満載。明日の試合にもどんな戦いが見られるのか期待がかかる。

3月2日(土) 試合結果 ©AbemaTV

 

次の試合は明日3/3日(日)15時より生放送。

 

3/2 終了時チームランキング
順位 チーム名 TOTAL 試合数
1 ドリブンズ 178.8 3/24
2 風林火山 184.6 3/24
3 ABEMAS 39.2 3/24
4 麻雀格闘倶楽部 ▲8.7 3/24

 

ファイナルシリーズ個人ランキング
順位 選手名 TOTAL 試合数
1 たろう(ドリブンズ) 120.7 2
2 村上(ドリブンズ) 62.4 1
3 高宮(麻雀格闘倶楽部) 15.1 1
4 勝又(風林火山)
14.2 1
5 前原(麻雀格闘倶楽部) 0.0 0
5 園田(ドリブンズ) 0.0 0
7 松本(ABEMAS) ▲19.8 1
8 亜樹(風林火山) ▲20.6 1
9 白鳥(ABEMAS) ▲22.2 1
10 滝沢(風林火山) ▲42.5 1
11 寿人(麻雀格闘倶楽部) ▲47.5 2
12 多井(ABEMAS) ▲59.8 1

 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top