麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【3/24 Mリーグ結果速報】ドリブンズが首位キープ、ABEMASが連勝も3戦目は麻雀格闘倶楽部寿人がファイナル初トップを獲得!

【3/24 Mリーグ結果速報】ドリブンズが首位キープ、ABEMASが連勝も3戦目は麻雀格闘倶楽部寿人がファイナル初トップを獲得!

CABO求人MEWS

麻雀プロリーグ「Mリーグ 2018 朝日新聞ファイナルシリーズ」は3月24日に、赤坂ドリブンズ 対 EX風林火山 対 KONAMI麻雀格闘倶楽部 対 渋谷ABEMAS の対戦が行われた。

第1試合は、ドリブンズから園田、風林火山から勝又、麻雀格闘倶楽部から高宮、ABEMASから白鳥が出場。

第1試合出場選手 ©AbemaTV

かなり後がない状況となったABEMASからは白鳥が出場。その白鳥が東4局の親番で見せ場を作る。5800のアガりを決めた次局、1本場で高宮の25p待ちのリーチを受けるもそのあたり牌を使い切り高宮からの5800アガリを決めた。

東4局 1本場 白鳥の5800 ©AbemaTV

その後もリードを確実に維持し、オーラスは園田が3000・6---ツモでトップになる条件だったが高宮が園田から8000をアガり終局。白鳥が窮地のチームにとって大きな1勝を飾った。

白鳥は「ドリブンズさんとは大差なので、優勝の為には9戦のうち8戦はトップが必要だと思っていたので、まず1勝できてうれしいです。とにかく明るくいこうということで、明るく頑張りました。元気です!レギュラー、ファイナルともにふがいない成績で申し訳ない気持ちでいっぱいですが、最後まであきらめないので応援よろしくお願いいたします。」と語った。

1戦目1位の白鳥 ©AbemaTV

1位:白鳥(ABEMAS)+68.9
2位:園田(ドリブンズ)+5.4
3位:勝又(風林火山)▲26.2
4位:高宮(麻雀格闘倶楽部)▲48.1

第1試合終了時点の順位表 ©AbemaTV

第2試合は、ドリブンズから村上、風林火山から滝沢、麻雀格闘倶楽部から前原、ABEMASから多井が出場。

第2試合出場選手 ©AbemaTV

東1局に親の村上が前原の先制リーチに追い掛けて12000のアガりで先制。

東1局 村上の12000 ©AbemaTV

その後前原が2局連続でアガったが東2局1本場で多井が前原から仕掛けて12000をアガりトップ目に浮上。

東2局1本場 多井の12000 ©AbemaTV

南2局1本場に村上が前原から跳満をアガり再びトップ目に立ったが、南4局に村上の1人ノーテンで流局。多井が一旦トップ目に立つと、1本場で滝沢が前原からアガりドリブンズの勝利を食い止めた。

トップは多井の逃げ切りとなり、ABEMASは大きな連勝を決めた。

多井は「ようやくちょっとだけ仕事ができたかな、という感じです。レギュラーシーズンの中盤もファイナルの序盤も厳しい戦いで、ファンの皆様を悲しませてばかりですが、あとの7回、全部トップ取るつもりでやっていきます。この舞台を用意して頂いたことに感謝しつつ、この半荘も一打一打すべて本気で打ちました。全チームの協力を得てのトップなので、自身の力だけではないと思います。残り7戦のうち6回はトップを取らなければなと思います。泣いてくれたファンの方々、ここに座りたくても座れなかったプロたちの為にも一打一打大切に打ちます。」と語った。

第2試合1位の多井 ©AbemaTV

1位:多井(ABEMAS)+59.2
2位:村上(ドリブンズ)+18.7
3位:前原(麻雀格闘倶楽部)▲23.3
4位:滝沢(風林火山)▲54.6

第2試合終了時点の順位表 ©AbemaTV

第3試合は、ドリブンズからたろう、風林火山から亜樹、麻雀格闘倶楽部から寿人、ABEMASから多井が出場

第3試合出場選手 ©AbemaTV

東2局で亜樹が2000・4000をツモるも東3局で全員聴牌の局を制した多井が2000・4000ツモで一歩リード。

東3局 多井の2000・4000 ©AbemaTV

その後、亜樹がトップ目に立つも、南1局で寿人が亜樹から8000をアガり再び多井がトップ目に。

大きく動いたのは南3局1本場。役牌をポンした寿人がドラを暗刻にして高めトイトイの聴牌。聴牌していた多井から18000をアガり一気にトップ目に浮上。

南3局1本場 寿人の18000 ©AbemaTV

その次局にはたろうが多井から8000をアガりたろうが3着目に。オーラスは多井が聴牌をいれるも寿人がアガりきりファイナル初トップを飾った。

寿人は「ようやくこのポーズができました。ファイナル通してずっと内容が悪くて、ファンの皆様に申し訳ないなと思っていました。今日は一宮の方でもPVがあったので、一度くらいはトップが取りたいなと思っていました。僕らのチームカラーを崩さないように、ともかく攻め抜こうと思っていました。とにかくトップ取り続けるしかないので、それだけ目指して頑張ります。格闘倶楽部らしく、最後まで攻め抜きたいと思います」と語った。

第3試合1位の佐々木 ©AbemaTV

1位:寿人(麻雀格闘倶楽部)+63.8
2位:亜樹(風林火山)+7.5
3位:たろう(ドリブンズ)▲17.9
4位:多井(ABEMAS)▲53.4

残り6戦、ドリブンズの首位の牙城を他チームは崩すことができるのか。

3/24日試合結果 ©AbemaTV

次の試合は3月30日(土)15時より生放送される。

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top