麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【3/30 Mリーグ結果速報】ドリブンズが2勝で首位キープ、風林火山との差を300.0ポイントに!残すはあと3戦!

【3/30 Mリーグ結果速報】ドリブンズが2勝で首位キープ、風林火山との差を300.0ポイントに!残すはあと3戦!

CABO求人全自動麻雀卓スリム

麻雀プロリーグ「Mリーグ 2018 朝日新聞ファイナルシリーズ」は3月30日に、赤坂ドリブンズ 対 EX風林火山 対 KONAMI麻雀格闘倶楽部 対 渋谷ABEMAS の対戦が行われた。

第1試合は、ドリブンズからたろう、風林火山から勝又、麻雀格闘倶楽部から前原、ABEMASから松本が出場。

第1試合出場選手 ©AbemaTV

東2局に満貫をツモった前原がリードして迎えた東4局。親番のたろうが一気に加点する。

東4局 たろうの6000オール ©AbemaTV
東4局1本場 たろうの4000オール ©AbemaTV

親番で6000オール、4000オール、勝又から5800と3局連続でアガリを決めて一気にリード。

南入時は前原が2着目だったが、オーラスを迎えた時には2着争いは3者の接戦に。

勝又が最終局に1000・2000をアガり4着目から2着に浮上。なんとかトップラスを回避して望みを繋いだ。

たろうはファイナル5勝目を飾った。

たろうは「嬉しいしホッとしました。色んなシミュレーションはしておりましたが、今回は手が入ってくれたのでそれほど戦略的な事も考えることなく打つことができました。最後勝又さんは2着にしっかりあがってくるあたりさすがだなと感じました。残り5戦、かなり有利なポジションですが、何があるかわからないので風林火山を苦しめられるように頑張ります。最後までMリーグの応援をよろしくお願いします。」と語った。

1戦目1位のたろう ©AbemaTV

1位:たろう(ドリブンズ)+76.8
2位:勝又(風林火山)▲3.8
3位:松本(ABEMAS)▲24.8
4位:前原(麻雀格闘倶楽部)▲48.2

第1試合終了時点の順位表 ©AbemaTV

第2試合は、ドリブンズから村上、風林火山から勝又、麻雀格闘倶楽部から寿人、白鳥から多井が出場。

第2試合出場選手 ©AbemaTV

序盤は村上になかなかアガリが出ず、東4局の親番で勝又が着実な連荘を決めて風林火山がドリブンズに対してトップラスの並びを作っていたが、東4局3本場に村上がようやく初アガリ。寿人からの8000で2着に浮上して南入。

東4局3本場 村上の8000 ©AbemaTV

しかし南2局で親の寿人がリーチ・ツモ・タンヤオ・三暗刻・裏の6000オールでトップに浮上する。

南2局 寿人の6000オール ©AbemaTV

しかしその直後の1本場で寿人の3面張の12000確定リーチ、勝又の聴牌を受けながらも村上がツモ・七対子・赤3で3000・6000をアガり寿人をかわしてトップ目に。

南2局1本場 村上の3000・6000 ©AbemaTV

その後も村上が供託5本を回収するアガリを決めるなど加点したが、南4局に親の勝又が4000オールで一旦村上をかわしてトップ目に。

南4局4本場 勝又の4000オール ©AbemaTV

しかし最終局で村上が3軒聴牌を制して1300をアガり、再び勝又をかわしてトップ。ドリブンズにとって大きな連勝となった。

南4局5本場 村上の1300 ©AbemaTV

村上は「絶対油断だけはしないようにと思って打っていました。風林火山との差も広げることができたので、浮かれることなく気を引き締めて、残り4戦もしっかり打っていきたいです。」と語った。

第2試合1位の村上 ©AbemaTV

1位:村上(ドリブンズ)+61.7
2位:勝又(風林火山)+15.2
3位:寿人(麻雀格闘倶楽部)▲24.7
4位:白鳥(ABEMAS)▲52.2

第2試合終了時点の順位表 ©AbemaTV

第3試合は、ドリブンズから園田、風林火山から滝沢、麻雀格闘倶楽部から寿人、ABEMASから多井が出場。

第3試合出場選手 ©AbemaTV

東1局に親の滝沢と西家の寿人の2軒リーチに対して園田は共通現物がありながらも滝沢のみの現物のを抜き打ち5200。滝沢に厳しく打つことを開局から意思表示した。

東1局の寿人の5200 ©AbemaTV

その後は接戦が続いたが、南1局の滝沢と園田の2軒リーチは滝沢の7700の大きなアガリに。その後の2本場で6000オールをアガリ一気にトップの座を万全とした。

南1局2本場 滝沢の6000オール ©AbemaTV

しかしただでは転ばないのが園田。南4局では四暗刻の聴牌を入れた。山に1枚残っていたが惜しくも流局。

南4局園田の四暗刻聴牌。最終手番でツモ切りリーチに。 ©AbemaTV

その後の1本場で1000・2000をアガり3着に浮上して終局。トップは滝沢の逃げ切りとなった。

南4局1本場の園田の1000・2000  ©AbemaTV

滝沢は「着順が下になってしまっていたらもう終わりかな、という所だったので、何とか望みを繋げて良かったです。最後の方は、下位のチームはそれぞれの狙いを優先して打つ場合もあると思いますので、観る方々にはそこを了承して頂きたいなと思います。最後まであきらめずに頑張ります。よろしくお願いします。」と語った。

第3試合1位の滝沢 ©AbemaTV

1位:滝沢(風林火山)+61.9
2位:多井(ABEMAS)+5.8
3位:園田(ドリブンズ)▲23.6
4位:寿人(麻雀格闘倶楽部)▲44.1

残り3戦、ドリブンズの首位の牙城を他チームは崩すことができるのか。

3/30日試合結果 ©AbemaTV

次の試合は3月31日(日)15時より生放送される。今期のMリーグ最終日となる。

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top