麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【2/27 Mリーグ 結果】魚谷が東1局7巡目テンパイ国士無双を和了し半荘最高スコアも更新!依然熾烈なボーダー争い!

【2/27 Mリーグ 結果】魚谷が東1局7巡目テンパイ国士無双を和了し半荘最高スコアも更新!依然熾烈なボーダー争い!

CABO求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券 Mリーグ2019」84日目の戦いが2月27日(木)に開催された。

2月27日の対戦カード ©AbemaTV
実況解説は日吉、土田 ©AbemaTV

 

第1試合

第1試合は前原、松本、石橋、魚谷の対局。

第1試合の出場選手 ©AbemaTV

第1試合は東1局からクライマックスだった。魚谷が7巡目に国士無双をテンパイし、松本からリーチが入るも、無筋のをプッシュ。

その2巡後、震える腕をさすりながら山に手を伸ばした魚谷が持ってきたのは国士無双のアガリ牌だった。

東1局 魚谷の国士無双 8000-16000 ©AbemaTV

その後も魚谷の躍進は止まらずアガリ続け、暫く更新されることのなかった半荘最高スコアも更新。

ここ一番でラスを引きたくないPirates・石橋も、役満親被りや魚谷への12000放銃を取り返そうと道中倍満をテンパイするも流局。Piratesは7位ドリブンズとの差が1.6ポイントに迫り、ボーダー争いはより熾烈な状況となった。

東3局 流局 ©AbemaTV

魚谷は114.4ポイントをプラスし、個人成績2位となった。

第1試合トップの魚谷 ©AbemaTV

勝利者インタビューで魚谷は「うれしいです。麻雀って最高に楽しいなと思いました。国士無双をテンパイした時は手が震えていたので、なんとか隠しながら打っていたんですけど、松本さんに『打の時は震えてましたよ』と言われてしまいました。ドキドキしてましたね」と明るく話した。

ファンに向けて「いつも応援してくださっている皆様、ありがとうございます。また、私とかセガサミーフェニックス推しじゃなくても、いろんな方にMリーグを楽しんでいただけるよう、精進して参りますのでこれからも宜しくお願いします!」とポーズを決めた。

第1試合結果
1位 魚谷(フェニックス)+114.4
2位 松本(ABEMAS)▲5.4
3位 前原(麻雀格闘倶楽部)▲39.0
4位 石橋(Pirates)▲70.0

第1試合終了時点のチームランキング ©AbemaTV

 

第2試合

第2試合は藤崎、日向、小林、近藤が出場。

第2試合の出場選手 ©AbemaTV

東1局は小林がシャンポンかカンチャンの待ちを選択できるリーチでシャンポンを選択。この選択が見事にハマり、近藤から満貫をアガって、1戦目のマイナス払拭をイメージさせた。

東1局 小林の リーチ・赤2・ドラ1 8000 ©AbemaTV

続けて東4局では食い一気通貫の仕掛けも見た残しが活き、満貫をツモりあげるなど安定したゲームを見せる。

東4局3本場 小林の ツモ・一気通貫・赤2 2000-4000 ©AbemaTV

この日は勝負手がなかなか決まらない近藤。南2局時点で6000点持ち、ついに4着をとるのかと思われたが、匠な手順で跳満を作り、仕掛けをいれた日向からアガり3着浮上。

南2局 近藤の リーチ・一発・チャンタ・三色 12000 ©AbemaTV

しかし、近藤南3局にまたも跳満が見える手牌で親の小林のリーチにをプッシュ。これが当たり牌で裏ドラが2枚のり7700の放銃。またもやラス目に。

南3局 小林の リーチ・ドラ2 7700 ©AbemaTV

南3局1本場、ここで近藤との差をつけたい日向が満貫をアガリ、オーラスに残り1枚のアガリ牌をツモり上げ2着に浮上しフィニッシュ。近藤のラス回避記録はこの日ストップした。

南3局1本場 日向の タンヤオ・赤1・ドラ3 2000-4000 ©AbemaTV
オーラス 日向の リーチ・ツモ・七対子 1600-3200 ©AbemaTV

終始安定した打牌とゲーム回しを見せた小林の勝利となった。

第2試合トップの小林 ©AbemaTV

勝利者インタビューで小林は「今日は久々にチームがヤバいなってところだったのでトップをとれてよかったです。1試合目は『あー、ドリブンズの下いった、上いった』なんて話してたんですけど、控室はシーンとしてました。オーラスは自信のない七対子で暫く押さなきゃならなくなってしまったので、対局が終わった後は『あー、助かったなー』っていう感じでしたね。のシャンポン待ちリーチは、が通ったり、が通ったりするとが出やすくなるんじゃないかとか、カンを選択すると、切ったあとの、切りリーチだとが関連牌だと思われてしまうと考えたこともあり、を2枚並べて切りたかったんですよね」と落ち着いた表情で対局を振り返った。

ファンに向けては「いつも心配かけてますが、なんとか6位でやっております。結構成績悪いチームメイトもいるんですが、その結果を4人で交代交代で出していると思っているので、みんなで勉強してしっかり勝つ麻雀を打って、必ず優勝したいと思います」とポーズをとった。

第2試合結果
1位 小林(Pirates)+59.7
2位 日向(ABEMAS)+9.5
3位 藤崎(麻雀格闘倶楽部)▲15.1
4位 近藤(フェニックス)▲54.1

2月27日トータル結果

フェニックス+60.3
ABEMAS+4.1
Pirates▲10.3
麻雀格闘倶楽部▲54.1

次戦のMリーグは赤坂ドリブンズ、KADOKAWAサクラナイツ、KONAMI麻雀格闘俱楽部、U-NEXT Piratesの2位、5位、6位、7位の対戦。残り試合は6試合。ここが天地の分かれ目となるか。

2月27日(木)終了時点チームランキング©AbemaTV
2月28日の対戦カード ©AbemaTV

放送URL

成績

2月27日 終了時点の個人順位

関連URL

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top