麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【3/17 Mリーグ 結果】Pirates連勝で一気にプラス域に!

【3/17 Mリーグ 結果】Pirates連勝で一気にプラス域に!

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

麻雀プロリーグ「 Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」2日目が3月17日(火)に開催された。

3月17日の対戦カード ©AbemaTV
実況解説は河野、渋川、松嶋 ©AbemaTV

 

第1試合

第1試合は前原、瑞原、茅森、瀬戸熊の対戦。

第1試合の出場選手 ©AbemaTV

東1局に瀬戸熊が東・中・ホンイツ・トイトイのテンパイ、親の前原もピンフをテンパイしている状況で、フリテン待ちのヤミテンに構えた瑞原がこれをツモり、瀬戸熊の大物手と前原の親番をかわした。

東1局 前原の手牌 ©AbemaTV
東1局 瀬戸熊の手牌
東1局 瑞原のツモ・赤1 500-1000 ©AbemaTV

そんな大物手をかわした東3局瑞原の親番。2巡目で七対子のテンパイだが、待ち牌の以外は字牌と筒子。3巡目にドラのを持ってきてメンホン・七対子・ドラ2の跳満ヤミテンに。4巡目に場に一枚切れのを持ってくる。アガリやすさを考慮しドラのを切って待ちのリーチに踏み切った。この早い巡目のリーチに捕まったのは茅森。裏ドラが乗って瑞原の倍満のアガリとなった。

東3局 瑞原の手牌 ©AbemaTV
東3局 茅森の手牌 ©AbemaTV
東3局 瑞原のリーチ・メンホン・七対子・ドラ2 24000 ©AbemaTV

南1局でも瑞原が七対子のリーチを決め、さらにリードを広げた。

南1局 瑞原のリーチ・ツモ・七対子 1600-3200 ©AbemaTV

瑞原リードのまま終わるかと思われた南3局に前原が跳満ツモ。前原にもトップの条件が残るオーラスとなった。

南3局 前原のリーチ・ツモ・ピンフ・赤2・ドラ1 ©AbemaTV 3000-6000

オーラス親番の瀬戸熊が1000オールで連荘するも、1本場に前原が仕掛けてアガリきり第1試は合終了。

南4局 1本場 前原の三色 1000 ©AbemaTV

親倍満を決めた後もリードを広げた瑞原の勝利であった。

第1試合トップの瑞原 ©AbemaTV

勝利者インタビューで瑞原は「ここでトップをとるかラスをとるかで気持ちが全然違っていたと思うので、初戦でトップをとれたのは本当にうれしいです。レギュラーシーズンとセミファイナルの間では、過去の対局を見直したり、ネット麻雀をしたりして準備をしてきました。倍満の局は、待ち頃の字牌を持ってきたらリーチをしようと思っていました」と試合中の落ち着いた表情とは打って変わった満面の笑みを浮かべた。

ファンに向けては「レギュラーシーズン最後はギリギリの戦いで、ファンの皆様にはご心配をおかけしたと思います。今度は危なげなくファイナルに進めるようにチーム一丸となって頑張っていきますので、セミファイナルも応援よろしくお願いします」とポーズをきめた。

第1試合結果
1位 瑞原(Pirates)+64.0
2位 前原(麻雀格闘倶楽部)+12.8
3位 瀬戸熊(雷電)▲17.7
4位 茅森(フェニックス)▲59.1

第1試合終了時点のチームランキング ©AbemaTV

 

第2試合

第2試合は藤崎、石橋、和久津、黒沢が出場。

第2試合の出場選手 ©AbemaTV

東場は石橋がリーチをするも放銃という流れが続くが、東4局の親番でラス牌のをツモり加点。さらに南1局に3軒テンパイを制してアガリ切り、大接戦で局は進む。

南1局 藤崎の手牌 ©AbemaTV
南1局 黒沢の手牌 ©AbemaTV
南1局 石橋の 南・ドラ2 1000-2000 ©AbemaTV

石橋は続いて南2局に満貫、南3局1本場に七対子ドラ2を藤崎からとらえトップ目でオーラス親番を迎える。

南2局 石橋の南・ドラ3 8000 ©AbemaTV
南3局1本場 藤崎の手牌 ©AbemaTV
南3局1本場 石橋の七対子・ドラ2 6400 ©AbemaTV

2着目の和久津とは3300点差の僅差でトップ目の石橋。のシャンポンでテンパイするもこれを崩し、を対子にしてからののシャンポンでリーチ。すると一発ツモの満貫を手繰り寄せた。次局は和久津が2着確定のアガリで決着。Piratesは連勝となった。

南4局 石橋のリーチ・一発・ツモ・赤1 4000オール ©AbemaTV
第2試合トップの石橋 ©AbemaTV

勝利者インタビューで石橋は「個人的にすごく久しぶりのトップで、レギュラーシーズン中は5連続逆連対ということもありましたが、なんとかチームがレギュラーシーズン突破して、セミファイナル、ファイナルは活躍するぞと思っていたので、トップをとれて安心しています。オーラスのシャンポンリーチに行く手もあるんですが、藤崎さんがちょっと索子に染めているように見えたので、リーチは行きませんでした。引いてシャンポンになったらリーチに行こうと思っていたんですけど、上手く3連続で引けました」とほっとした様子で話した。

ファンに向けては「セミファイナル初日で連勝できました。セミファイナル、ファイナルと勝ち続けて、チームを優勝に導きます!」と勢い良くポーズを決めた。

第2試合結果
1位 石橋(Pirates)+64.4
2位 和久津(フェニックス)+13.3
3位 黒沢(雷電)▲26.9
4位 藤崎(麻雀格闘倶楽部)▲50.8

3月17日トータル結果

Pirates+128.4
KONAMI麻雀格闘倶楽部▲38.0
雷電▲44.6
フェニックス▲45.8

3月17日終了時点チームランキング©AbemaTV

次戦は3月19日(木)。KADOKAWAサクラナイツ、KONAMI麻雀格闘俱楽部、渋谷ABEMAS、U-NEXT Piratesが対戦する。

放送URL

3月17日終了時点 セミファイナルシリーズ個人成績

関連URL

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top