麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【3/30  Mリーグ 結果】白鳥がオーラス倍満和了で逆転トップ!第2試合は黒沢トップもPiratesをかわせず!

【3/30 Mリーグ 結果】白鳥がオーラス倍満和了で逆転トップ!第2試合は黒沢トップもPiratesをかわせず!

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

麻雀プロリーグ「 Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」11日目が3月30 日(月)に開催された。

3月30日の対戦カード ©AbemaTV
実況解説は金、山井、小林 ©AbemaTV

第1試合

第1試合は白鳥、近藤、石橋、瀬戸熊の対戦。

第1試合の出場選手 ©AbemaTV

セミファイナルで好調な石橋。東場で跳満ツモや、仕掛けたを加槓し、新ドラを2枚乗せた1300-2600のアガリで加点。

東1局 石橋のリーチ・ツモ・ピンフ・ドラ3 3000-6000 ©AbemaTV
東3局 石橋の白・ドラ2 1300-2600 ©AbemaTV

今日Piratesとのポイント差を縮めなければファイナル進出の可能性はほぼ断たれる雷電。瀬戸熊はテンパイするもなかなかアガリに結びつかず、南2局親番でやっと七対子のドラ待ちリーチに辿り着くも、ライバルPirates石橋に押し切られ、放銃。親落ちしてラス目に。

南2局 瀬戸熊の手牌 ©AbemaTV
南2局 石橋のピンフ・一盃口・赤1 3900 ©AbemaTV

オーラスは白鳥がのシャンポンリーチ。リーチ後にを暗槓すると、が新ドラに。

東4局 白鳥の手牌 ©AbemaTV

ここに手がつまった瀬戸熊が対子のを落として放銃。裏ドラが2枚のって白鳥の倍満のアガリ。白鳥は第1試合トップなった。

東4局 瀬戸熊の手牌 ©AbemaTV
東4局 白鳥のリーチ・中・赤1・ドラ6 16000 ©AbemaTV
第1試合トップの白鳥  ©AbemaTV

勝利者インタビューで白鳥は「オーラスは2着になれるといいなと思ってリーチを打ったんですけど、結果トップで、これで麻雀の面白さがまた伝わったんじゃないかなと思います」と笑顔で話した。

ファンに向けて「僥倖のトップが取れました。どのチームが残ってもファイナル絶対に面白くなると思いますので、セミファイナルもまだ残っているし、応援よろしくお願いします」と頭を下げた。

第1試合結果
1位 白鳥(ABEMAS)+58.1
2位 石橋(Pirates)+17.6
3位 近藤(フェニックス)▲7.6
4位 瀬戸熊(雷電)▲68.1

第1試合終了時点のチームランキング ©AbemaTV

 

第2試合

第2試合は多井、魚谷、小林、黒沢が出場。

第2試合の出場選手 ©AbemaTV

Piratesとのトップラスを108000点差をつけてこの試合を終えなければファイナル進出ほぼは叶わない雷電。東1局の黒沢の親番は小林の700-1300のアガリで局が進む。

東1局 小林のリーチ・ツモ 700-1300 ©AbemaTV

東3局には黒沢が満貫ツモで小林に満貫親被りさせる。

東3局 黒沢のリーチ・ツモ・一気通貫 2000-4000 ©AbemaTV

東4局は親の多井がみるみるうちに有効牌を引き入れ跳満をアガって黒沢に迫る。

東4局 多井のリーチ・一発・ツモ・タンヤオ・ピンフ・赤2 6000オール ©AbemaTV

しかし東4局1本場、南1局に黒沢が執念の2局連続フリテンリーチでのアガリを決め、持ち点は5万点を超える。

東4局1本場 黒沢のリーチ・ツモ・ピンフ・ドラ1 1300-2600 ©AbemaTV
南1局 黒沢のリーチ・ツモ・南・三色・赤2 6000オール ©AbemaTV

南1局1本場、仕掛けて満貫も見える黒沢の親だったが、小林のツモ・七対子に流され親落ち。

南1局1本場 小林のツモ・七対子に 800-1600 ©AbemaTV

その後は流局が続き、南3局は5本場まで積まれ、魚谷と小林の2軒リーチに発展。

小林への直撃チャンスをモノにしたい黒沢が選んだは魚谷の当たり牌で満貫の放銃。オーラス黒沢に残ったファイナル出場条件は、小林からのダブル役満直撃という、厳しいものだった。

南3局 小林の手牌 ©AbemaTV
南3局 黒沢の手牌 ©AbemaTV
南3局 魚谷のリーチ・一発・タンヤオ・ピンフ 8000 ©AbemaTV

 

オーラスは小林の先制リーチに、親の多井も最後まで押し切るかと思われたが、オリを選択し流局でゲームセット。

南4局 小林の手牌 ©AbemaTV

黒沢はトップながらも、Piratesとのトータルポイントをかわすことはできなかった。

第2試合トップの黒沢 ©AbemaTV

勝利者インタビューで黒沢は「最後までPiratesをかわす条件を入れられたらと思っていたんですけど、ただ、今シーズン通してやり切った感もありますし、厳しくなってからは、応援してくださった方たちにこのインタビューでお礼を言えたらと思っていました。感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました」と悔しさをにじませるも笑顔でファンに語りかけた。

第2試合結果
1位 黒沢(雷電)+60.0
2位 魚谷(フェニックス)+3.5
3位 多井(ABEMAS)▲18.8
4位 小林(Pirates)▲44.7

3月30日トータル結果

ABEMAS+39.3
フェニックス▲4.1
雷電▲8.1
Pirates▲27.1 

3月30日終了時点チームランキング ©AbemaTV

次戦は3月31日(火)。KADOKAWAサクラナイツ、KONAMI麻雀格闘俱楽部、渋谷ABEMAS、セガサミーフェニックスの対戦。

放送URL

3月30日終了時点 セミファイナルシリーズ個人成績

関連URL

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top