麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【1/3 Mリーグ2020 結果】第一試合は雷電・瀬戸熊が南場の逆転で個人6勝目!第二試合は高打点の応酬をPirates・小林が制する!

【1/3 Mリーグ2020 結果】第一試合は雷電・瀬戸熊が南場の逆転で個人6勝目!第二試合は高打点の応酬をPirates・小林が制する!

BULL2021求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2020」のレギュラーシーズン50日目の対局が1月3日(日)に開催された。

1月3日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は小林、土田 ©ABEMA

第1試合

第1試合は丸山、石橋、勝又、瀬戸熊の対戦。

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東1局、丸山がを暗槓したリーチを一発でツモり2000・4000のアガリで先制。

東1局 丸山の2000・4000 ©ABEMA

東2局には丸山が石橋の先制リーチに終盤で追いかけて7700のアガリでリードを広げた。

東2局 丸山の7700 ©ABEMA

東3局では勝又が石橋との2軒リーチを制して2000・4000のアガリで2番手につけた。

東3局 勝又の2000・4000 ©ABEMA

南1局2本場にはトップ目の丸山がツモり四暗刻の聴牌。更なる加点を狙ったが結果は三面張リーチの瀬戸熊が一発ツモで3000・6000。2着に浮上してトップ目丸山との点差を縮めた。

南1局2本場 丸山の四暗刻聴牌 ©ABEMA
南1局2本場 瀬戸熊の3000・6000 ©ABEMA

その後更に瀬戸熊が丸山から3900、5800のアガリを連続で決めて一歩抜け出した。

南2局 瀬戸熊の3900 ©ABEMA
南3局 瀬戸熊の5800 ©ABEMA

オーラスは丸山が8000の聴牌。瀬戸熊からの直撃であればトップ逆転となったが石橋からのアガリでの決着となった。

南4局2本場 丸山の8000 ©ABEMA
第1試合トップの瀬戸熊 ©ABEMA
第1試合詳細データ ©ABEMA

第1試合結果
1位 瀬戸熊(雷電)+63.3
2位 丸山(ドリブンズ)+17.4
3位 勝又(風林火山)▲22.0
4位 石橋(Pirates)▲58.7

第1試合終了時点のチームランキング ©ABEMA

第2試合

第2試合はたろう、小林、亜樹、萩原が出場。

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東1局は小林が2000オールのアガリで先制。

東1局 小林の2000オール ©ABEMA

その後の2本場、萩原が平和赤赤、高め一盃口のリーチで高めツモ裏2の4000・8000を決めて一気にトップ目に立った。

東1局2本場 萩原の4000・8000 ©ABEMA

東2局はたろうの暗槓リーチに小林、萩原が押し返して聴牌。新ドラをたろうが掴み、二人からロン発声。頭ハネで小林が16000のアガリを決めトップ目に立った。

東2局 小林の16000 ©ABEMA

その後東3局では萩原が七対子ドラ2の6400。東4局ではシャンポン待ちを一発ツモ裏3で3000・6000と立て続けに大きなアガリを決めリードを得た。

東3局 たろうの6400 ©ABEMA
東4局 萩原の3000・6000 ©ABEMA

やや置いて行かれる展開で南入となったたろうだが、萩原から8000のアガリを決め反撃の初動を決める。

南1局 たろうの8000 ©ABEMA

南2局では小林とたろうがどちらもを待ちに含む聴牌。そのを小林がツモって裏ドラの3000・6000を決めて再びトップ目に浮上。熾烈なトップ争いとなった。

南2局 小林の3000・6000 ©ABEMA

南3局では親番のたろうが亜樹との2軒リーチを制して12000の直撃を決めて3着目に浮上。

南3局 たろうの12000 ©ABEMA

さらにはポンテンのトイトイ・三暗刻で4000オールのアガリ。更に上位まで臨める状況となった。

南3局1本場 たろうの4000オール ©ABEMA

親番で粘るたろうだったが、3本場で小林が先制リーチ。しっかりツモって2000・4000で優位な立場となってオーラスを迎えた。

南3局3本場 小林の2000・4000 ©ABEMA

オーラスは亜樹が連荘したい親番だったが、たろうがアガリを決めて決着。小林が大きなアガリを随所に決めて圧勝となった。

南4局 たろうの1000・2000 ©ABEMA
第二試合トップの小林 ©ABEMA

第2試合結果
1位 小林(Pirates)+74.9
2位 萩原(雷電)+13.5
3位 たろう(ドリブンズ)▲17.7
4位 亜樹(風林火山)▲70.7

第2試合詳細データ ©ABEMA

1月2日トータル結果

雷電(瀬戸熊1着・萩原2着)+76.8
Pirates(石橋4着・小林1着)+16.2
ドリブンズ(丸山2着・たろう3着)▲0.3
風林火山(勝又3着・亜樹4着)▲92.7

風林火山が苦戦してリードをやや減らした。雷電はポイントを伸ばして5位に浮上。今年の戦いに期待感を覗かせた。

1月3日終了時点チームランキング ©ABEMA
1月3日終了時点個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top