麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【4/19 Mリーグ2020 結果】風林火山・滝沢、雷電・瀬戸熊がトップ!サクラナイツは連続2着で首位に浮上!

【4/19 Mリーグ2020 結果】風林火山・滝沢、雷電・瀬戸熊がトップ!サクラナイツは連続2着で首位に浮上!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「朝日新聞Mリーグ2020」のセミファイナルシリーズ5日目の対局が4月19日(月)に開催された。

4月19日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は日吉・土田 ©ABEMA
4月16日終了時点チームランキング ©ABEMA

第1試合

第1試合は滝沢、萩原、岡田、寿人の対戦。

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東1局は寿人のリーチが入る中、滝沢が岡田から8000のアガリで一歩リード。

東1局 滝沢の8000 ©ABEMA

東2局は滝沢が萩原との同じ待ちでの2軒リーチを制して3000・6000のアガリを決めて更にリードを広げる。

東2局 滝沢の3000・6000 ©ABEMA

東3局は親の寿人が4000オールを決めてタキヒサ対決の様相に。

東3局 寿人の4000オール ©ABEMA

その後の1本場でも寿人が4000オールを決めてトップ目まで浮上した。

東3局1本場 寿人の4000オール ©ABEMA

苦しい戦いとなっていた岡田だが、萩原から5200をアガって3着に浮上。

東3局3本場 岡田の5200 ©ABEMA

東4局では岡田が萩原との2軒リーチを制して3000・6000のアガリで上位陣に詰め寄った。

東4局 岡田の3000・6000 ©ABEMA

南1局3本場、南2局では寿人が更なる加点を決めてリードを広げた。

南1局3本場 寿人の2000 ©ABEMA
南2局 寿人の1300 ©ABEMA

しかし南3局では滝沢が寿人から8000の直撃。点差を縮めてのオーラスとなった。

南3局 滝沢の8000 ©ABEMA

オーラスでは寿人と滝沢がどちらも聴牌。しかしアガリを決めたのは滝沢。寿人から門前ホンイツで12000のアガリを決めて抜け出した。

南4局1本場 滝沢の12000 ©ABEMA

その後の2本場では岡田がドラ4のリーチをツモって3000・6000。2着に浮上してゲームを終えた。滝沢が大事な1戦でトップを獲得、チームは最下位を脱した。

南4局2本場 岡田の3000・6000 ©ABEMA
第1試合トップの滝沢 ©ABEMA

第1試合結果
1位 滝沢(風林火山)+65.2
2位 岡田(サクラナイツ)+19.1
3位 寿人(麻雀格闘倶楽部)▲12.5
4位 萩原(雷電)▲71.8

第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルスコア ©ABEMA

第2試合

第2試合は滝沢、瀬戸熊、沢崎、藤崎が出場。

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東場は流局と細かいアガリで進んだが、東3局に瀬戸熊が2000・4000のアガリを決めて一歩抜け出す。

東3局 瀬戸熊の2000・4000 ©ABEMA

東4局は沢崎が1000・2000のアガリ。僅かにトップ目に浮上して南入。

東4局 沢崎の1000・2000 ©ABEMA

南1局は瀬戸熊が高め一気通貫のリーチ。安めながらも一発ツモの1300・2600でリードを得た。

南1局 瀬戸熊の1300・2600 ©ABEMA

南2局は親の滝沢が河に2枚切られている地獄単騎の待ち七対子でリーチ。3200オールのアガリで2着目に浮上した。

南2局 滝沢の3200オール ©ABEMA

南3局2本場は親の藤崎と瀬戸熊の2軒リーチ。瀬戸熊がリードを広げてオーラスの親番を有利な状況で迎えた。

南3局2本場 瀬戸熊の3900 ©ABEMA

オーラスは親の瀬戸熊がダマテンで12000の手を入れるも、アガリ牌が出ないまま終盤に突入。最終手番で聴牌を外しての流局で決着した。2着目沢崎と3着目滝沢の点差は僅かだったが、沢崎が鉄壁の守備で降りきって、全員ノーテンでの流局で着順はそのままで決着となった。

南4局 瀬戸熊も聴牌を崩して全員ノーテンで決着 ©ABEMA
第2試合トップの瀬戸熊 ©ABEMA

第2試合結果
1位 瀬戸熊(雷電)+58.6
2位 沢崎(サクラナイツ)+5.5
3位 滝沢(風林火山)▲15.2
4位 藤崎(麻雀格闘倶楽部)▲48.9

第2試合詳細データ ©ABEMA

4月19日トータル結果

風林火山(滝沢1着・滝沢3着)+50.0
サクラナイツ(岡田2着・沢崎2着)+24.6
雷電(萩原4着・瀬戸熊1着)▲13.2
麻雀格闘俱楽部(寿人3着・藤崎4着)▲61.4

6位で本日の対局を迎えた風林火山が5位に浮上。サクラナイツは連続2着で首位に浮上した。麻雀格闘俱楽部はエース寿人がいよいよ大トップかと思われたが終盤に滝沢に足元をすくわれ悔しい結果に。今後の試合での逆襲が待たれる。

4月19日終了時点チームランキング ©ABEMA
4/19終了時点セミファイナル個人成績 ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top