麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【11/8 Mリーグ2021 第2試合結果】勝又健志がオーラスの逆転で6戦4勝!松本吉弘が4戦連続でオーラスに逆転を許し悔しい2着に!

【11/8 Mリーグ2021 第2試合結果】勝又健志がオーラスの逆転で6戦4勝!松本吉弘が4戦連続でオーラスに逆転を許し悔しい2着に!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」21日目が11月8日(月)に開催された。

11月8日の対戦カード ©ABEMA
解説:渋川難波  実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果はこちら!

第1試合結果はこちら

第1試合は瑞原が今シーズン初トップ! ©ABEMA
第1試合終了時点のチームランキング ©ABEMA

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:萩原聖人

南:松本吉弘

西:小林剛

北:勝又健志

第2試合

東1局、親の萩原がピンフのリーチ。勝又がタンヤオ・赤赤ドラの満貫の仕掛けでまっすぐ打ち抜くがここは萩原が2900のアガリで連荘。

東1局 勝又の手牌 ©ABEMA
東1局 萩原 リーチ・ピンフ 2900 ©ABEMA

次局、勝又が赤赤のカン7sを一旦ヤミテンにとり、親の萩原からリーチが来たところツモ切り追いかけ立直。

東1局1本場 勝又の手牌 ©ABEMA

ここは勝又が2000・4000のアガリで失点をすぐに回収した。

東2局は親番を迎えた松本が怒涛の3回連続アガリ。12000、2000オール、12000と高打点を決めていく。

東2局 松本 ピンフ・一盃口・ドラ2 12000 ©ABEMA
東2局1本場 松本 リーチ・ツモ・ドラ 2000オール ©ABEMA
東2局2本場 松本 リーチ・一発・ピンフ・赤 12000 ©ABEMA

箱下に沈んだ小林が東2局3本場から2000・4000ツモ。親番を迎えて6000オールと続けてアガり大復活に成功。

東2局3本場 小林 リーチ・一発・ツモ・ピンフ・赤 2000・4000 ©ABEMA
東3局 小林 リーチ・ツモ・ピンフ・赤2・裏2 6000オール ©ABEMA

東3局1本場、更に加点を狙って親の小林が先制リーチも、松本が勝又の仕掛けに差し込み、東4局へ。

東3局1本場 小林 リーチ ©ABEMA
東3局1本場 松本の手牌 ©ABEMA
東3局1本場 勝又 タンヤオ・赤 2000 ©ABEMA

東4局勝又の親番、ダブ東をポンして赤が一枚ある手牌で[赤5]をツモって4000オールで連荘。

東4局 勝又 ダブ東・赤2 4000オール ©ABEMA

次局も勝又が高目三色12000の手をヤミテンとすると、小林からリーチがとんでくる。

東4局1本場 勝又 リーチ ©ABEMA

勝又も追いかけリーチとするが、一発で放銃。裏ドラが2枚のって小林の12000のアガリとなった。

東4局1本場 小林 リーチ・一発・ドラ2・赤2 12000  ©ABEMA

南1局、松本の手牌に筒子が押し寄せ、[発]をポンして[⑥]の高目一気通貫でツモ。小林のドラ暗刻のリーチをかわして更に大きく加点に成功した。

南1局 松本の手牌 ©ABEMA
南1局 松本 發・ホンイツ・一気通貫 2000・4000 ©ABEMA

南2局、小林が先制リーチ。ここでもう後がない萩原から[⑤]放たれるかと思われたが、萩原が打[⑧]を選択してすりぬける。

南2局  小林 リーチ ©ABEMA
南2局 萩原の手牌 ©ABEMA
南2局 勝又 リーチ・一発・發 5200 ©ABEMA

すると勝又が追いつきリーチ。小林が一発で掴み勝又のアガリに。

南3局、萩原がカン[7]をヤミテンに構え、789三色やリャンメンへの変化を待つ。すると勝又が[発]をポンしてテンパイ。萩原が待望のリャンメンに変化する5s引きでリーチ。小林も満貫クラスのテンパイで追いかけるも、この2軒リーチを勝又が300・500でかわした。

南3局 萩原 リーチ ©ABEMA
南3局 小林 リーチ ©ABEMA
南3局 勝又 發 300・500 ©ABEMA

東場から怒涛のアガリを決めた松本だったが、勝又の4000オールツモで僅差になる状況。ここまでトップを目前のとことで捲られる試合が多かった松本。今回こそトップをとりたいと意気込むも勝又が6000オール。 小林も門前で清一色をテンパイしていた。

南4局 勝又 リーチ・ツモ・ピンフ・ドラ1・赤1・裏1 6000オール ©ABEMA
南4局 小林の手牌 ©ABEMA
6000オール申告を聞く松本 ©ABEMA

松本はトップまで満貫ツモ、跳満の出アガリが必要になった。

南4局1本場、ツモに翻弄されるも、最終手番前でテンパイ。タンヤオハイテイ一発ツモを狙ってリーチとするも、松本の待ち牌[5][8]はすでに山になく、流局した。勝又は聴牌を入れていたがそっと伏せて決着。

南4局1本場 松本 リーチ ©ABEMA
南4局1本場 流局 ©ABEMA

勝又は6戦で4回目のトップ。個人成績も200ポイントを超え、チームポイントも400ポイント間近となり順風満帆だ。

第2試合トップの勝又 ©ABEMA

第2試合結果
1位 勝又(風林火山)+68.8
2位 松本(ABEMAS)+21.4
3位 小林(Pirates)▲28.8
4位 萩原(雷電)▲61.4

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

11月8日トータル結果

風林火山(松ヶ瀬3着・勝又1着)+50.1
Pirates(瑞原1着・小林3着)+22.1
ABEMAS(多井4着・松本2着)▲21.6
雷電(瀬戸熊2着・萩原4着)▲50.6

風林火山が更にポイントを伸ばして400間近に。僅差で争っていたPiratesとABEMASはややPiratesがリードする結果となった。
雷電は萩原が苦しい展開で箱下に沈み最下位ドリブンズと僅差で争うこととなってしまった。

11月8日終了時点のチームランキング ©ABEMA
11月9日の対局チーム ©ABEMA
11月8日終了時点の個人ランキング
11月5日終了時点の個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top