麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【麻雀IQ220】EX風林火山の大軍師、勝又健志の

【麻雀IQ220】EX風林火山の大軍師、勝又健志の"読み"の由縁

BULL2021求人朝宮あろま

「麻雀IQ220」と恐れられる麻雀プロがいる。それが勝又健志プロだ。彼の頭脳プレーは日々の研究から生み出されている。たとえ優勝した直後でも、反省点を振り返ることを忘れず、牌理の勉強のために3人麻雀も積極的に行うなど、進化のための努力は惜しまない。この記事では“天才軍師”の異名を持つMリーガー、勝又健志プロに迫る。

目次

勝又健志の基本情報・プロフィールデータ

名前 勝又 健志(かつまた けんじ)
キャッチフレーズ 麻雀IQ220、天才軍師
生年月日 1981年3月15日
出身地 東京都墨田区
最終学歴 早稲田大学卒業
血液型 B型
趣味・特技 -
本人公式SNS Twitter
所属団体 日本プロ麻雀連盟
所属チーム EX風林火山
プロ入会年 2000年
主なタイトル 第32期鳳凰位
第2期麻雀グランプリMAX
麻雀プロ団体日本一決定戦優勝(団体)
Mリーグ2020(団体)

以下の経歴でも記載しているが、勝又は早稲田大学を卒業している。大学在学中から麻雀プロになり、これまでに獲得しているタイトルは「第32期鳳凰位」、記憶に新しい風林火山での「Mリーグ2020」など、個人/団体問わずビッグタイトルが目立つ。今後どのような「読み」でタイトルを獲得するのかー。麻雀ファンにとっても楽しみである。

経歴

2000年:日本プロ麻雀連盟17期生としてプロ入り
2002年:早稲田大学を卒業
2011年:第2期麻雀グランプリMAX優勝
2014年:日本プロ麻雀連盟A1リーグへ昇級
2015年:第32期鳳凰位獲得
2016年:麻雀プロ団体日本一決定戦で優勝

麻雀との出会い・きっかけ

勝又が初めて麻雀に出会ったのは小学5年生の時だ。勝又の母親は5人兄弟、また父親は7人兄弟と親戚が多く、集まりがあるといつも麻雀が始まっていたという。幼い頃から麻雀が身近にあった勝又は、中学校に入るとカード麻雀を、高校生になると友達と麻雀をするようになる。

そして大学入学後、麻雀店でアルバイトを始める。そこでプロ雀士に接するうちに、麻雀を仕事にして生きていくことを強く意識するようになったという。そして18歳の秋、日本プロ麻雀連盟17期生としてプロテストに合格。見事プロデビューを果たすのであった。

勝又の打ち方や雀風

©︎ABEMA

勝又の雀風を語る上で、緻密な「読み」は外せない。「麻雀IQ220」と称される卓越したセンスを活かし、変幻自在な戦術の数々で対局者を翻弄する勝又は「軍師」の異名も持っている。読む力をベースとした独特な手牌進行や押し引きはまさに軍師そのもので、対局の中で最善策を編み出す。

このような「読み」の麻雀をすることになったのは、前原雄大の"目には見えないものをも感じながら戦っていた姿"がきっかけだという。それからというもの、現在にまで至る麻雀の"流れ"について研究をする日々が続いた。以前、麻雀ウォッチで勝又プロへインタビューをした際、理想とする麻雀について「誰も知らない読みの領域に挑戦したい」と語ってくれた。彼の麻雀の読みへの飽くなき挑戦はこれからも続いていくことだろう。

勝又健志「誰も知らない読みの領域へ」軍師の原点 Mリーガー列伝(13)

勝又の対局時の様子

RTDリーグ2018 WHITE DIVISION 45回戦 2018/6/28

6/28に開催された『RTDリーグ2018 WHITE DIVISION 45回戦 』は勝又の幅広い戦術が遺憾なく発揮された対局だ。東3局、3着目の勝又は、大きく沈んだラス目の親番をとにかく落とす作戦をとる。まずは自身のラス落ちリスクを回避したうえで、次局では積極的なリーチで攻めに転じる。

僅差の2着目で迎えた南2局、勝又はここでも徹底的にリスクリターンを考慮した策を見せる。好形テンパイするも親の仕掛けをケアしてテンパイ外し→安全に回りきってダマテン→暗槓でリターンを作ることに成功し、リーチに踏み切る。見事アガリを決め、そのままトップをつかんだ。目まぐるしく変わる戦況に合わせ、策を講じる勝又らしさが溢れる対局となった。

【6/28(木)21:00】RTDリーグ 2018 WHITE DIVISION 45・46回戦

Mリーグ2020 ファイナルシリーズ 1戦目 2020/5/10

Mリーグ2020シーズンで奇跡の大逆転優勝を果たした、チーム・風林火山。12試合という短期決戦の中で、5回ものトップを獲得した勝又にとって、大躍進の発端となった対局だ。ABEMAS、サクラナイツの上位2チームが熾烈な争いを繰り広げる中、戦況を見極めた軍師の選択眼が光る。

南4局オーラス、勝又は3着目の親番。中盤に平和ドラ3のテンパイが入る。待ち牌は他3者が複数枚河に放っていたため、出アガリ期待のダマテンも考えられるが、勝又プロは強気のリーチ。そして、最終手番でラス目のABEMAS松本から河底での出アガリ。18000点のアガリとなり、一気にトップ目まで浮上した。実はこのとき、トップ目はサクラナイツの岡田。松本にとっては、サクラナイツとのトップラス回避を狙ったがゆえの放銃となった。戦況を見越しての強気の選択がもたらしたこのトップは、風林火山急浮上の起爆剤となった。

【5/10 Mリーグ2020 1戦目結果】風林火山・勝又がオーラスの親跳満で逆転!逆転優勝に向けて幸先よく1勝!

RTDリーグ準決勝第1節6回戦 2017/8/12

勝又=理論派というイメージがあるが、この対局では感覚重視の一面ものぞかせた。東4局、1万点ほどリードしている親からリーチが入る。他家3名はほぼ横並びの状況。自分だけが親リーチに飛び込んで沈みたくはない状況だ。

しかし、イーシャンテンの勝又は迷わず危険牌をプッシュ。その後も無スジの危険牌を切り続けてテンパイすると、親から8000点を直撃。一気にトップ目に抜け出し、そのまま勝利をつかんだ。勝又はこの押しについて「自分の手に価値があったのが大きな理由だが、人読みや感覚的なものにも頼った」と語った。数多の戦場で培った軍師の直感も、勝又の強さを支える大きな要素のひとつと言えるだろう。

勝又健志「麻雀IQ220」の真意! RTDリーグ2017準決勝第1節5、6回戦レポート

勝又のSNSでの評価・評判

SNSでは勝又の緻密な麻雀、そして深い知識への驚きの声が上がることも多い。勝又プロの探究心は、麻雀ファンにも認知されているようだ。

Mリーグ2020ファイナルシリーズでの圧巻の立ち回りは、数多くのMリーグファンに「軍師」の印象を刻み込んだに違いない。

https://twitter.com/hot_aki/status/1394654401193676810?s=20

Mリーグという大舞台でハイレベルな読みを見せる勝又への賞賛の声は絶えない。

勝又の知識は、解説でもその力を発揮する。深い思考を即座に分かりやすい言葉で伝えてくれると、好評を集めている。

勝又のニュース

著書「麻雀IQ220の選択」が発売中

「プロが強いと思うプロ」に選ばれたこともある勝又が、初めて出版した麻雀戦術書が「麻雀IQ220の選択」だ。解説にも定評のある勝又ならではの分かりやすい内容で、牌効率をマスターしたい中級者や、さらに上を目指したい人にもおすすめの1冊となっている。中にはQ&A形式を取り入れている部分もあるので、読んだ内容を復習して実戦にも活用できる。

中田花奈さんがプロになったきっかけは勝又のおかげ!?

元乃木坂46の中田花奈さんが2021年3月に日本プロ麻雀連盟第37期後期のプロテストを受験し、見事合格を果たした。テレビ朝日のYouTubeチャンネル「動画、はじめてみました」では彼女が合格するまでの模様を「中田花奈プロ雀士への道」として公開している。そのシリーズ中、指導者として登場したのが勝又だ。

勝又自身、これまで数々の指導経験があること、塾講師の経験もあることから、プロテストでの答案の解き方や考え方などを中田花奈さんへ丁寧にレクチャーした。彼女の合格には勝又の指導による影響も少なくはなかっただろう。また勝又はその後中田花奈さんがプロになった後も「目指せ❗️新人王🀄️プロ雀士」のゲストとして度々出演し、試合の振り返りや反省、アドバイスを贈っている。

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top