麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
たろう VS 寿人 VS 近藤 VS 萩原 逆襲に臨む雷電・萩原聖人に立ちはだかる強豪選手達!【Mリーグ2021 12/14 第1試合メンバー】

たろう VS 寿人 VS 近藤 VS 萩原 逆襲に臨む雷電・萩原聖人に立ちはだかる強豪選手達!【Mリーグ2021 12/14 第1試合メンバー】

BULL2021求人ニルウッドカバー

本日12月14日(火)19時から「大和証券Mリーグ2021」レギュラーシーズンの42日目が開催。第1試合出場選手が発表された。

【出場チーム】
赤坂ドリブンズ
KONAMI麻雀格闘倶楽部
セガサミーフェニックス
チーム雷電

12月14日の対戦カード ©ABEMA

第1試合の出場選手が発表された。

Mリーグ公式HP

7位の赤坂ドリブンズからは鈴木たろうが出場。個人成績はトップ4回、2着3回、3着2回、4着2回のトータル120.3ポイントの9位となっている。

前戦は瑞原との激戦をとなって惜しくもかわされ2着、日跨ぎ連闘となった本日は勝利を掴みたい。

2位のKONAMI麻雀格闘倶楽部からは佐々木寿人が出場。個人成績はトップ4回、2着0回、3着1回、4着5回のトータル1.5ポイントの14位となっている。

12月2日に大きなトップを獲得して個人スコアをプラスにして以来の出場。風林火山までは68.0ポイントとおよそあと1トップ分の差。今日の首位浮上もあるかもしれない。

6位のセガサミーフェニックスからは近藤誠一が出場。個人成績はトップ2回、2着4回、3着2回、4着3回のトータル▲5.1ポイントの16位となっている。

徐々にチームも個人も調子が上向いてきた。チームポイントもプラス圏まであと1歩。着実にステップを踏んで浮上していきたい。

8位のチーム雷電からは萩原聖人が出場。個人成績はトップ1回、2着2回、3着3回、4着3回のトータル▲142.0ポイントの28位となっている。

苦しいチーム状況が続く雷電、萩原は前戦あと一歩のところで松本に逆転を許した。瀬戸熊最強位戴冠後の雷電初試合、今日はなんとしてでもプラスを手にしたい。

実況は小林未沙、解説は日本プロ麻雀連盟の藤崎智が務める。

大和証券 Mリーグ2021 42日目 12/14
赤坂ドリブンズ vs KONAMI麻雀格闘倶楽部 vs セガサミーフェニックス vs チーム雷電

実況:小林未沙
解説:藤崎智
レポーター:松本圭世

番組ページ

12月13日終了時点のチームランキング ©ABEMA
12月13日終了時点の個人ランキング

 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top