麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【1/21 Mリーグ2021 第2試合結果】沢崎誠が独創的なアガリを決めて快勝!個人ランキング首位に浮上する!

【1/21 Mリーグ2021 第2試合結果】沢崎誠が独創的なアガリを決めて快勝!個人ランキング首位に浮上する!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」62日目が1月21日(金)に開催された。

1月21日の対戦カード ©ABEMA
解説:土田浩翔 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合結果記事

第1試合結果記事はコチラ

第1試合は多井がトップで首位Piratesに迫る!©ABEMA

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:小林剛

南:黒沢咲

西:多井隆晴

北:沢崎誠

多井、黒沢は連闘。

第2試合

東1局、北家の沢崎が[北]をポンして先切りも駆使しつつ萬子のホンイツへ。[三][五]のシャンポン待ちになり、ツモれば三暗刻もついて倍満のテンパイ。

東1局 沢崎の手牌 ©ABEMA

終盤に小林が[三]単騎の七対子でテンパイ。

東1局 小林の手牌 ©ABEMA

小林がテンパイした次巡に[三]ツモ。沢崎の当たり牌でもあっただけに、実況解説陣も驚嘆。4000オールの大きなアガリとなった。

東1局 小林 ツモ・七対子・ドラ2 4000オール ©ABEMA

東1局1本場は沢崎がカン[⑥]の役無テンパイをヤミテン。次巡ツモアガって局が進む。

東1局1本場 沢崎 ツモ 300・500 ©ABEMA

東2局は沢崎が[東]と自風の[西]をポンして索子のホンイツテンパイ。

東2局 沢崎の手牌 ©ABEMA

沢崎の仕掛けに小林、多井は引き気味。沢崎の当たり牌は小林と多井に流れ、親の黒沢はテンパイを目指すが、テンパイできず流局。

東2局 流局 ©ABEMA

東3局1本場、沢崎がピンフ赤をリーチし悠々とツモアガリ。親番を迎える。

東3局1本場 沢崎 リーチ・ツモ・ピンフ・赤 1300・2600 ©ABEMA

東4局は小林がカン[8]のチーから仕掛け、[白][南]とポンしてテンパイ。早いアガリを決めて南入。

東4局 小林 南・白 2000 ©ABEMA

南1局は沢崎が巡目の早い段階から一気通貫か形式テンパイの仕掛け。最終的には形式テンパイ。

南1局 沢崎の手牌 ©ABEMA
南1局 沢崎の仕掛け ©ABEMA

 

多井が終盤にリーチとするが、結果は沢崎、多井の2人テンパイで流局。

南1局 流局 ©ABEMA

南2局、ここまでアガリがない黒沢の親番。沢崎の手がドラドラ赤の手牌で、[3]ポンしてタンヤオに向かう。

南2局 沢崎の手牌 ©ABEMA

沢崎はポンしているカン[3]の受けを残し、索子を伸ばして、ドラ[四][⑧]のシャンポンテンパイ。

南2局 沢崎の手牌 ©ABEMA

すると多井がで[①]とドラ[四]のシャンポン待ちのリーチ。

南2局 多井の手牌 ©ABEMA

黒沢が一発で[①]を掴むも、[①]単騎の七対子にたどり着き、リーチ。

南2局 黒沢の手牌© ABEMA

しかし沢崎が残り1枚の[⑧]をツモ。2000・4000のアガリで小林を突き放す。

南2局 沢崎 タンヤオ・ドラ2・赤1 2000・4000 ©ABEMA

南3局は多井がトップ目の沢崎から5800の直撃で連荘。先切りを駆使した巧みなアガリを決めた。

南3局 多井 中・赤2 5800 ©ABEMA

連荘した次局、多井が七対子の[白]地獄単騎でリーチ。

南3局1本場 多井の手牌 ©ABEMA

[白]を持ってきた沢崎から放たれるかと思われたが、沢崎は場1かつ対子の[南]落としを選択。最後まで[白]を抱え、放銃せず。多井の1人テンパイで流局。

南3局1本場 沢崎の手牌 ©ABEMA
南3局1本場 流局 ©ABEMA

南3局2本場は小林がタンヤオを高め三色の方でアガって沢崎と1900点差のオーラスへ。

南3局2本場 小林 タンヤオ・三色 2000 ©ABEMA

南4局、多井が[9]のポンから仕掛ける。

南4局 多井の手牌 ©ABEMA

沢崎がドラの[北]をポンして萬子のホンイツへ。カン[八]待ちのテンパイ。

南4局 沢崎の手牌 ©ABEMA

小林もタンヤオで仕掛けてテンパイするも、沢崎がツモって小林に跳満ツモ条件を突きつける。

南4局 沢崎 ホンイツ・ドラ3 4000オール

南4局1本場は[五]を暗槓した黒沢が終盤にリーチも流局し、ゲーム終了。

南4局1本場 流局 ©ABEMA

沢崎はこのトップで個人首位となった。

第2試合トップの沢崎 ©ABEMA

第2試合結果
1位 沢崎(サクラナイツ)+68.9
2位 小林(Pirates)+10.0
3位 多井(ABEMAS)▲22.9
4位 黒沢(雷電)▲56.0

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

1月21日トータル結果

ABEMAS(多井1着・多井3着)+44.2
サクラナイツ(内川3着・沢崎1着)+37.1
Pirates(瑞原2着・小林2着)+33.1
雷電(黒沢4着・黒沢4着)▲114.4

ABEMAS、サクラナイツ、Piratesは着実な加点を決めてセミファイナル進出に一歩近づいた。一方雷電は今日も苦しみセミファイナル進出はかなり厳しい状況となった。まだ残り28戦でどこまで逆襲できるか。

1月21日終了時点のチームランキング ©ABEMA
1月24日の対局チーム ©ABEMA
1月21日終了時点の個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top