麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【Mリーグ】辿り着けない究極の選択の数々!直近のゼウスの選択を要チェック!【鈴木たろう注目の選択4選】

【Mリーグ】辿り着けない究極の選択の数々!直近のゼウスの選択を要チェック!【鈴木たろう注目の選択4選】

BULL2021求人朝宮あろま

Mリーグ2021シーズンもいよいよ終盤に差し掛かり更に激しさを増している。

当記事では鈴木たろうの12月から1月にかけての際立った選択を4件紹介。「ゼウスの選択ぶり」を振り返る。

1: 聴牌外しの判断が光ったフリテン立直一発ツモ!

12月20日(月)第1試合 南2局 試合結果記事はこちら

12月20日 第1試合メンバー ©ABEMA
南2局 たろうの手牌 ©Mリーグ機構

局は南2局。堀がややリードしている展開。

堀が自風の[東]、オタ風の[西]を仕掛けて手出し[発]、ツモ切り[一]とマンズが余ってきた。マンズのホンイツの聴牌か、テンパイに限りなく近い状況と見られる。ドラの[白]も見えておらず、かなりの威圧感のある仕掛けとなっている。

そんな中で赤1の嵌張聴牌となった。[⑥]は場に1枚。[⑧]は自分から3枚見えだが、[⑤]は自身で持つ1枚しか見えていない状況。[⑥]が良い待ちとは決められない状況に感じられる。

ここで堀がアガリを決めるとかなりトップを決められそうな状況。ここで勝負してアガリきるのも価値は大きいが、放銃すると一気に一人沈みの4着目となってしまう場面。[⑧]引きもレアケースということで、索子の4連形を活かしてたろうは打[⑦]の聴牌取らずとした。

南2局 たろうの手牌 ©Mリーグ機構

しかし次巡に引いたのはまさかの[⑥]でアガリ逃しの恰好に。

南2局 たろうの手牌 ©Mリーグ機構

ここでたろうはフリテン立直を敢行。フリテンであっても[⑥]よりは[④][⑦]待ちは信頼できること、平和の打点向上があったことなどが要素として存在する。親の堀が萬子のホンイツで聴牌している可能性が高いが、そんな状況でも貪欲にトップを狙うたろうの姿勢が見て取れた。

フリテン立直の結果は一発ツモ裏1の跳満! ©ABEMA

堀にドラの[白]を押され、石橋の追いかけ立直も受けたが一発ツモ裏1の跳満で大きな結果を出すことに成功した。

リスクリターンの判断が難しい状況だが、裏目を活かす選択も大きな成果を得るために必要な要素と言えるだろう。

2: 仕掛けをケアしながら巧みな選択でもぎ取ったアガリ!

1月4日(火)第2試合 南2局3本場 試合結果記事はこちら

親番で連荘していきたいたろうの配牌。現状2着目だが、供託もあり小林にアガられるとトップがやや厳しくなる状況、小林の進行は警戒していきたい。

たろうの配牌 ©Mリーグ機構

場風の[南]をポンして[東][赤五]は打点の種として残し、嵌[5]のターツを払いにかかる。

5巡目 南ポン ©Mリーグ機構
10巡目 西切り ©Mリーグ機構

しかしなかなか手が進まず、小林の仕掛けを受け再び引いた[4]。ここでたろうは一手遅れていると判断、仕掛けをケアして[西]を落としていった。

10巡目 小林は既に嵌6s聴牌! ©Mリーグ機構

なんとこの時既に小林は聴牌。たろうは嵌張払いに向かっていたら放銃していた。

14巡目 たろう聴牌、萩原リーチ ©Mリーグ機構

その後たろうは[八]が暗刻に、[五]を引き嵌[5]テンパイ。ドラ[四]を勝負した。

その巡目で萩原がリーチ。熾烈なめくりあいとなった。

18巡目 たろうのアガリ ©Mリーグ機構
小林の仕掛けをケアして巧みな2600オール ©ABEMA

萩原リーチは[5][8]待ちだったが、たろうが[赤5]ツモ!トップを目指す選択の中でも、小林の進行だけは食い止めたい意識がしっかり活きたアガリとなった。

3: 脅威の待ち選択Part1!

1月10日(月)第1試合 東1局 試合結果記事はこちら

8巡目 たろうのリーチ ©ABEMA
8巡目の全体図 ©Mリーグ機構

8巡目にあっさり聴牌したたろう。ドラが4枚の勝負手。なんとしてでもアガリたい局。見た目3枚切れとはいえ、見た目だけでの1枚差を重視して両面待ちに取ると思われたがここでたろうはシャンポン待ちリーチに出た。

内川が5m放銃をこらえて平和のアガリ ©ABEMA
終局時の全体図 ©Mリーグ機構

中筋となっている[五]。内川は放銃が危ぶまれる場面だったが[五]を使い切って平和のアガリを決めた。

この試合のたろうはトップ。勝利者インタビューでこの場面を振り返り、何故シャンポンでリーチしたのかと問われ、「逆に聞きますが何故両面が普通なんですか?」と投げかける場面も。

「見た目は5対4で、伊達さんが国士気配だったので残りの[九]が期待しづらいと判断したので、[五]の出アガリ等を考慮すると充分逆転すると判断してシャンポン選択になりました」と選択の理由を語った。

4: 2600放銃回避からの12000和了! 脅威の待ち選択Part2!

1月13日(木)第2試合 南1局 試合結果記事はこちら

たろうの配牌 ©Mリーグ機構

3800点持ちと苦しい状況で迎えた南1局の親番、なんとか連荘を決めたいところ。ドラを使ったタンヤオ手が本線になりそうな手形。

12巡目 東城の聴牌 ©Mリーグ機構

しかしたろうに聴牌が入る前に先に南家の東城が聴牌に。

13巡目 たろうの打5s ©Mリーグ機構

多井の捨て牌と仕掛けに[5]が2枚、ここは嵌[4]を固定したイーシャンテンにとる。

14巡目 たろうのシャンポンリーチ ©Mリーグ機構

ようやく聴牌となった14巡目、[六][九]は見た目5枚、[八][⑤]は見た目3枚だがここでたろうはシャンポン待ちのリーチを選択。

たろうの12000のアガリ ©Mリーグ機構

先述の嵌[七]聴牌を入れていた東城が[赤五]引きの手替わり。[八]が押し出される格好となりたろうが12000のアガリを決めた。2600の放銃となる場面を12000のアガリにするファインプレーとなった。

たろうの12000のアガリ ©ABEMA

先程の3つめの選択と比べてアガリを見た1打としては理由が薄れそうな選択。この選択についてたろうはインタビューでその理由を語った。

「まずはこの局仕掛けていた多井さんを警戒していました。バックの役牌が全て枯れていたので多井さんの手はまずタンヤオだろうと思いました。その場合に[四][七]が危険すぎて切り切れないと判断しました」

点棒状況が厳しい場面でもまず放銃しないことで局を続け、大きな成果を取りに行くまさにゼウスの進行と言えるだろう。

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top