麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【Mリーグ】下位の2チームに明暗!セガサミーフェニックスが大きく加点でウィークリートップ!ドリブンズは苦しみマイナス400を突破!個人順位では高宮まりが200ポイントを突破して4位に浮上!【2022-23シーズン12月4週目結果】

【Mリーグ】下位の2チームに明暗!セガサミーフェニックスが大きく加点でウィークリートップ!ドリブンズは苦しみマイナス400を突破!個人順位では高宮まりが200ポイントを突破して4位に浮上!【2022-23シーズン12月4週目結果】

BULL2021求人朝宮あろま

2022-23シーズン開幕から12週間が経過したMリーグ。当記事では12月4週目の結果を振り返ります!

12月4週目の結果、最多加点チームはセガサミーフェニックス

各チームのウィークリーポイントはこちら!

フェニックス +77.1
雷電 +33.9
サクラナイツ +32.0
麻雀格闘倶楽部 +28.8
風林火山 +22.7
Pirates +9.5
ドリブンズ ▲98.2
ABEMAS ▲105.8

12月16日終了時点のトータルランキング ©ABEMA
12月23日終了時点のトータルランキング ©ABEMA

ここまでで94戦中の48戦、およそ今シーズンの半分の試合を各チームが消化した。いよいよ来年の1月2日からは後半戦に差し掛かることとなる。

今週は下位の2チームに明暗がくっきり分かれる結果となった。フェニックスが浮上を決め、ドリブンズが沈む結果となり、フェニックスは▲200ポイント台に、ドリブンズは▲400ポイント台となってしまった。

セミファイナル進出に向けての6位ボーダーはサクラナイツの▲157.9。ドリブンズは来年マイナスを返済していけるか。

一方、上位争いはそれほど変動が起きているわけではないが、首位ABEMASが苦しい結果となりポイントを減らして今年を終えることとなった。しかし苦しい期間があることは織り込み済み、決勝常連チームとしてここからもしっかり戦って行くだろう。

新年最初の対局は1月2日。対戦カードはドリブンズ、風林火山、サクラナイツ、雷電の戦い。5位から7位のチームの直接対決となる。年内を気持ちよく締めくくるにはここでの勝利がキーポイントとなるだろう。

1月2日の対戦カード ©ABEMA

12月23日終了時点の個人ポイント

12月23日終了時点の個人スコア

本田、瑞原が4着となりややポイントを減らしたが依然ポイントは上位。しかしまだまだMVP争いは多くの選手にチャンスがあることだろう。年内トップを獲得できなかったのは丸山、滝沢、村上。来年の奮起に期待がかかる。

そして高宮が4勝目を挙げて200ポイントを突破。今シーズンは目覚ましい活躍と言える。仕掛けも多く織り交ぜており、これまでの強い攻撃力に更にアガリへの執念がプラスされたような印象だ。

▼高宮の4勝目の模様はコチラ!

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top