麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【12/23 Mリーグ2022-23 第1試合結果】高宮まりが持ち前の攻撃力を武器に大量リードを築いて逃げ切りトップ!2着は繊細な打ち回しを見せた松ヶ瀬隆弥!

【12/23 Mリーグ2022-23 第1試合結果】高宮まりが持ち前の攻撃力を武器に大量リードを築いて逃げ切りトップ!2着は繊細な打ち回しを見せた松ヶ瀬隆弥!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」48日目が12月23日(金)に開催された。

12月23日の対戦カード ©ABEMA
解説:土田浩翔 実況:小林未沙 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:高宮まり

南:魚谷侑未

西:園田賢

北:松ヶ瀬隆弥

第1試合

本日は年内最終日かつ、レギュラーシーズン折り返しの日。

東1局は親番の高宮がピンフ・赤1の手で先制リーチ。

[3][6]は山に5枚残り。

東1局 高宮の手牌 ©ABEMA

リーチ宣言牌として打たれた[西]を園田がポン、果敢に押し返していく。

魚谷にも役無しのテンパイが入り、ドラの[二]を勝負。

それを園田がチーして一気に3人テンパイとなった。

東1局 魚谷の手牌 ©ABEMA
東1局 園田の手牌 ©ABEMA

園田が[3]を掴み、そのままツモ切って高宮に放銃。

高宮が5800を加点してスタート。

東1局 高宮 リーチ, ピンフ, 赤ドラ×1 5800 ©ABEMA

続く東1局1本場、先制テンパイは松ヶ瀬。

[二][二][二][三][四][四]から[二]を打っていたことで、[三]を引き入れて嵌[8]待ちに。

これをダマに受ける。

東1局1本場 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA

園田はマンズのホンイツに向かい、三面張でのテンパイ。

そこに高宮がダブ[東]を暗カンして中スジの嵌[⑥]でリーチを決行。

東1局1本場 園田の手牌 ©ABEMA
東1局1本場 高宮の手牌 ©ABEMA

魚谷が現物の[8]を抜き、松ヶ瀬の1300が決まる。

打点こそ小さいが、松ヶ瀬の技量が光る1局だった。

東1局1本場 松ヶ瀬 イーペーコー 1300 ©ABEMA

流局を2回挟んで東2局2本場。

高宮が[発]をポンしてピンズのホンイツに向かい、僅か6巡でのアガリ。

1300・2600の加点に供託を加え、持ち点は4万点に迫る。

東2局2本場 高宮 發, ホンイツ 1300・2600 ©ABEMA

東3局は自風[西]が暗刻の高宮が魚谷から1000をアガって局消化。

[④]は中スジになっていた。

東3局 魚谷の手牌 ©ABEMA
東3局 高宮 西 1000 ©ABEMA

東4局も高宮の快進撃が続く。

ピンフ・ドラ3の三面張をダマに構えると、直後に魚谷から打たれた[九]を仕留める。

8000のアガリを決めて南入。

東4局 魚谷の手牌 ©ABEMA
東4局 高宮 ピンフ, ドラ×2, 赤ドラ×1 8000 ©ABEMA

流局を2回挟んで南1局2本場。

園田が3巡目に嵌[3]でタンヤオのリーチ。

[4]が3枚見えたことで、イーシャンテンの魚谷から[3]がこぼれる。

裏は乗らず2600のアガリ。

南1局2本場 魚谷の手牌 ©ABEMA
南1局2本場 園田 リーチ, タンヤオ 2600 ©ABEMA

南2局は今試合5回目の流局。

続く南3局1本場、親番の園田が辺[七]での先制リーチ。

南3局1本場 園田の手牌 ©ABEMA

待ったをかけたのは2着目の松ヶ瀬。

両面チーをしてテンパイを入れると、[4]を凄い迫力でツモ。

1000・2000のアガリでオーラスへ。

南3局1本場 松ヶ瀬 白, ドラ×1, 赤ドラ×1 1000・2000 ©ABEMA

オーラスは高宮が49500点持ち、親番の松ヶ瀬が24400、園田が16800、魚谷が9300という並び。

松ヶ瀬が[中]を槓子にするが、園田と魚谷に捲られやすくなること、守備力が低くなることを理由にツモ切りの選択。

オーラス 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA

先制リーチは魚谷。

配牌イーシャンテンを高目ツモ跳満の手に仕上げ、勝負を掛ける。

オーラス 魚谷の手牌 ©ABEMA

テンパイを入れていた高宮が[1]をツモ切り、魚谷のアガリになるかと思われた。

オーラス 高宮の手牌 ©ABEMA

しかし魚谷はこれをスルー。

[1]でのアガリだと裏が乗らなければ園田を捲ることはできない。

一方[4]をツモると松ヶ瀬も捲り2着目に浮上するため、魚谷はこれに賭けた。

祈り届かず、結果は流局。

松ヶ瀬は[中]をカンしなかったことで守備に徹することができ、2着を死守した。

着順変わらずゲーム終了。

オーラス 流局 ©ABEMA

高宮は今期13戦登板して4勝目。

持ち前の攻撃力でラスは僅か1回という強さを見せ、個人スコアは暫定4位となった。

第1試合トップの高宮 ©ABEMA

第1試合結果
1位 高宮(麻雀格闘倶楽部)+69.5
2位 松ヶ瀬(風林火山)+3.4
3位 園田(ドリブンズ)▲24.2
4位 魚谷(フェニックス)▲48.7

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第1試合各局詳細

第2試合結果記事

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top