麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【12/23 Mリーグ2022-23 第2試合結果】年内最終試合!大物手を炸裂させた東城りおがトップを獲得!レギュラーシーズンは今日で折り返し、年明けの後半戦にも注目!

【12/23 Mリーグ2022-23 第2試合結果】年内最終試合!大物手を炸裂させた東城りおがトップを獲得!レギュラーシーズンは今日で折り返し、年明けの後半戦にも注目!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」48日目が12月23日(金)に開催された。

12月23日の対戦カード ©ABEMA
解説:土田浩翔 実況:小林未沙 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:鈴木たろう

南:勝又健志

西:東城りお

北:伊達朱里紗

第2試合

東1局は伊達が[1]を暗刻にして三面張での先制リーチ。

東1局 伊達の手牌 ©ABEMA

[⑤]のテンパイから[⑤][⑧]に待ちが変わった勝又。

[④]を勝負してリーチを掛けるが、伊達に掴まる。

伊達が8000のアガリを決めてスタート。

東1局 勝又の手牌 ©ABEMA
東1局 伊達 リーチ, ドラ×2, 裏ドラ×2 8000 ©ABEMA

勝又の親番となった東2局。

東城の先制リーチに伊達と勝又が追いかける。

東2局 東城の手牌 ©ABEMA
東2局 伊達の手牌 ©ABEMA
東2局 勝又の手牌 ©ABEMA

試合展開が決まるめくり合いを制したのは東城。

目を大きく見開いて[三]をツモ。

2000・4000のアガリでトップに躍り出た。

東2局 東城 リーチ, ツモ, ピンフ, タンヤオ, 赤ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

東3局は東城の親番。弩級の大物手が入る。

タンヤオ・ピンフ・赤2、[3]ツモなら三色もついて倍満となるリーチ。

東3局 東城の手牌 ©ABEMA

誰も追いつくことはできず、悠々と[6]をツモ。

倍満とはならなかったが、6000オールの加点で一人突き抜けた。

東3局 東城 リーチ, ツモ, ピンフ, タンヤオ, 赤ドラ×2, 裏ドラ×1 6000オール ©ABEMA

続く東3局1本場は伊達の先制リーチ。

誤って[4]ではなくドラの[7]を宣言牌にしてしまい、軽く頭を抱えた伊達。

東3局1本場 伊達の手牌 ©ABEMA

東城が追いつく。現物待ちのためダマを選択。

東3局1本場 東城の手牌 ©ABEMA

流局が濃厚になった最終盤、伊達から打たれた[⑦]にたろうが手を止める。

伊達の「ハイテイずらし」をするかと思われたが、ここはスルーを選択。

直後に勝又が合わせた[⑦]をポン。

「ハイテイずらし」ではなく「ハイテイ消し」を敢行した。

東3局1本場 たろうの手牌 ©ABEMA

たろうのファインプレーにより東城の当たり牌[4]が勝又に回収され、流局となった。

東3局1本場 流局 ©ABEMA

東3局2本場、伊達が[6][9]待ちで先制リーチ。

東3局2本場 伊達の手牌 ©ABEMA

ほどなくしてタンヤオが付く[6]をツモ。

裏ドラが暗刻の[③]となり、3000・6000のアガリを決めた。

東3局2本場 伊達 リーチ, ツモ, タンヤオ, ドラ×1, 裏ドラ×3 3000・6000 ©ABEMA

東4局は全員ノーテンで流局。トップ目の東城を伊達が追う展開で南入。

たろう1人テンパイでの流局を挟んで南1局2本場。

伊達が先制リーチを打つも、たろうがピンフのみ1500でかわして連荘。

たろうは[六]引きでの3翻アップを狙っていた。

南1局2本場 伊達の手牌 ©ABEMA
南1局2本場 たろう ピンフ 1500 ©ABEMA

続く南1局3本場、ここまで苦しい展開が続いていた勝又が[赤5]を引き入れてのリーチ。

南1局3本場 勝又の手牌 ©ABEMA

たろうがイーシャンテンから[2]を押して放銃。

勝又が8000をアガったことで上下がくっきり分かれる展開に。

南1局3本場 たろうの手牌 ©ABEMA
南1局3本場 勝又 リーチ, ピンフ, タンヤオ, 赤ドラ×1 8000 ©ABEMA

南2局は勝又の親番。

僅か6巡で[中][九]待ちのリーチをかける。

南2局 勝又の手牌 ©ABEMA

伊達とたろうに[中]が浮いていた。伊達が一発で放銃。

勝又が7700のアガリで連荘に成功する。

南2局 伊達の手牌 ©ABEMA
南2局 勝又 リーチ, 一発, 中 7700 ©ABEMA

再び流局を挟んで南2局2本場。

東城がダブ[南]を暗刻にして先制リーチ。勝又も仕掛けて対抗する。

南2局2本場 東城の手牌 ©ABEMA
南2局2本場 勝又の手牌 ©ABEMA

たろうも追いつくが、宣言牌の[八]が東城に掴まる。

東城が8000のアガリを決め5万点を超えた。

南2局2本場 たろうの手牌 ©ABEMA
南2局2本場 東城 リーチ, ダブ南, ドラ×1 8000 ©ABEMA

南3局は伊達とたろうがリーチでぶつかるが、伊達に軍配が上がる。

2000・4000をツモ、東城の背中が見えてきた状態でオーラスへ。

南3局 たろうの手牌 ©ABEMA
南3局 伊達 リーチ, ツモ, ピンフ, ドラ×2 2000・4000 ©ABEMA

オーラスは東城が50400点持ち、親番の伊達が36800、勝又が16400、たろうが-3600という並び。

最後は勝又が伊達のリーチ宣言牌を捕え、1000のアガリで終局となった。

オーラス 伊達の手牌 ©ABEMA
オーラス 勝又 ピンフ 1000 ©ABEMA

大物手を3度決めた東城が今期3勝目。

東城は昨シーズンも年末の試合でトップを取っており、2年連続で有終の美を飾った。

第2試合トップの東城 ©ABEMA

第2試合結果
1位 東城(フェニックス)+70.4
2位 伊達(麻雀格闘倶楽部)+15.8
3位 勝又(風林火山)▲22.6
4位 たろう(ドリブンズ)▲63.6

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

12月23日トータル結果

麻雀格闘倶楽部(高宮1着・伊達2着)+85.3
フェニックス(魚谷4着・東城1着)+21.7
風林火山(松ヶ瀬2着・勝又3着)▲19.2
ドリブンズ(園田3着・たろう4着)▲87.8

麻雀格闘倶楽部が大きな加点で3位に浮上、特に高宮の今季の活躍は印象的、年明けも更なる活躍が望めるのではないか。
僅差だったフェニックスとドリブンズは大きく今日明暗が分かれる1日となった。たろうは反省しながらも暗くならずに「年明け絶対巻き返します!」と力強くコメント。まだまだ諦めないドリブンズの戦いにも注目だ。

そして新年はいきなり1月2日からMリーグの放送が開始。ドリブンズに新年早々の逆襲のチャンスが訪れる。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
1月2日の対戦カード ©ABEMA
12月23日終了時点の個人スコア

年末番組告知

12月26日19時~ 日清焼そば U.F.O. presents 麻雀星人 VS 地球代表 ©ABEMA
12月31日23時~ 2022年振り返り ~年の瀬SPECIAL~ ©ABEMA

年末にもMリーグ関連番組が2つ。

1つ目は日清食品コラボ第2弾の麻雀星人vs地球代表。麻雀星人多井隆晴の侵略を地球人代表の松マスク、熊マスク、東マスクは退けられるか。地球のピンフはマスクマン達にかかっている。

大晦日12月31日23時からは公式実況トリオが集った2022振り返り年の瀬SPECIALが放送される。2022年にMリーグで起こった様々なことを場面だけでなくデータも駆使して振り返る番組となっている。

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top