麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【12/5 Mリーグ2023-24 第2試合結果】フェニックスがここで大きなデイリーダブル!魚谷侑未が激しいデッドヒートを制してトップ獲得!2着はオーラスに裏ドラが1枚乗れば勝利というところまで追いつめた萩原聖人!

【12/5 Mリーグ2023-24 第2試合結果】フェニックスがここで大きなデイリーダブル!魚谷侑未が激しいデッドヒートを制してトップ獲得!2着はオーラスに裏ドラが1枚乗れば勝利というところまで追いつめた萩原聖人!

CABO求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」46日目が12月5日(火)に開催された。

12月5日の対戦カード ©ABEMA
解説:河野直也 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:萩原聖人

南:渋川難波

西:松本吉弘

北:魚谷侑未

第2試合

東1局、まずは魚谷がカン[四]待ちで先制リーチ。

直後、親の萩原がカン[⑥]待ちで追いかけリーチを敢行。

魚谷が[四]をツモって決着。

魚谷は1000・2000の加点に成功した。

東1局 萩原の手牌 ©ABEMA
東1局 魚谷 リーチ, ツモ, 赤ドラ×1 1000・2000 ©ABEMA

東2局、[一]ポンから仕掛け出した渋川は程なくして[一][四][五]待ちの混一色テンパイに。

渋川は[五]をしっかりツモ。

渋川は2600オールの加点に成功した。

東2局 渋川 發, ホンイツ 2600オール ©ABEMA

東2局1本場、[赤5]を引き入れた萩原は[四][七]待ちのテンパイをダマテンに構える。

次巡萩原は山から[七]を手繰り寄せる。

萩原は2000・4000の獲得となった。

東2局1本場 萩原 ツモ, ピンフ, タンヤオ, 赤ドラ×2 2000・4000 ©ABEMA

東3局、親の松本は[八]ポンから仕掛け出し清一色を目指す。

そこに魚谷がツモり四暗刻の[7][8]シャンポン待ちでテンパイしダマテンに。

直後、萩原が[2][⑤]シャンポン待ちで追いつきリーチをかける。

それを受け魚谷もツモ切りリーチで応戦。

萩原が[7]を掴んで決着。

魚谷は12000の加点に成功した。

東3局 萩原の手牌 ©ABEMA
東3局 魚谷 リーチ, 東, トイトイ, 三暗刻 12000 ©ABEMA

東4局は松本が1000点の手を早々に上がり南1局へ。

南1局、親の萩原が三色確定のカン[⑥]待ちリーチで先制。

萩原は[⑥]を山から手繰り寄せる。

裏ドラが1枚乗り、萩原は6000オールの加点でトップ目に立った。

南1局 萩原 リーチ, ツモ, 三色同順, ドラ×1, 裏ドラ×1 6000オール ©ABEMA

南1局1本場、魚谷は嬉しいペン[3]を引き入れて[二][五]待ち先制リーチを敢行。

魚谷は[二]を難なくツモ。

魚谷は700・1300の加点で再びトップ目に立った。

南1局1本場 魚谷 リーチ, ツモ, ピンフ 1300・2600 ©ABEMA

南2局、松本がオタ風[東]ポンから仕掛け出し混一色を目指す。

ほどなくして松本はペン[三]待ちのテンパイに。

そこに追いついた渋川が[三][六]待ちのリーチ。

直後魚谷は[一][四][七]待ちでテンパイするとダマテンを選択。

魚谷は[三][六][七]待ちに変化したところでリーチをかける。

この3者の捲り合いに勝ったのは魚谷。

魚谷は[六]をツモると1000・2000の加点となった。

南2局 松本の手牌 ©ABEMA
南2局 渋川の手牌 ©ABEMA
南2局 魚谷 リーチ, ツモ, ドラ×1 1000・2000 ©ABEMA

南3局、渋川は[1][4]待ちで先制リーチを敢行。

イーシャンテンの萩原から[1]が溢れてしまう。

渋川は3900の加点に成功した。

南3局 萩原の手牌 ©ABEMA
南3局 渋川 リーチ, ピンフ, ドラ×1 3900 ©ABEMA

オーラス、萩原は[⑤][⑧]待ちでテンパイすると小考。

トップになる条件はかなり厳しいが萩原はリーチを選択する。

萩原は[赤⑤]をツモ、裏ドラが1枚乗ればトップという状況になる。

萩原は願うようにゆっくりとドラ表示牌をめくるが裏ドラは乗らない。

萩原は2000・4000の加点となり2着目で終局した。

また、このアガリで魚谷のトップが確定した。

オーラス 萩原 リーチ, ツモ, ピンフ, ドラ×1, 赤ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA
裏ドラ乗らずにトップが確定し、ホッとした魚谷 ©ABEMA

第2試合トップの魚谷 ©ABEMA

第2試合結果
1位 魚谷(フェニックス)+55.3
2位 萩原(雷電)+14.4
3位 渋川(サクラナイツ)▲20.2
4位 松本(ABEMAS)▲49.5

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

12月5日トータル結果

フェニックス(醍醐1着・魚谷1着)+122.8
雷電(黒沢3着・萩原2着)▲0.6
ABEMAS(日向2着・松本4着)▲42.2
サクラナイツ(内川4着・渋川3着)▲80.0

苦しい戦いが続いたフェニックスが醍醐の初勝利を含む連続トップで大きく加点に成功。順位は9位のままだが今後に向けて大きな1日となった。

サクラナイツはポイントを減らしたものの首位キープ。ABEMASのプラスポイントが残り僅かとなってしまった。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
12月7日の対戦カード ©ABEMA
12月5日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top