麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【2/12 Mリーグ2023-24 第2試合結果】セミファイナルへ向けての価値あるトップ!松本吉弘が安定した打ち回しで逃げ切り勝ちを決める!2着は今年絶好調の猿川真寿!

【2/12 Mリーグ2023-24 第2試合結果】セミファイナルへ向けての価値あるトップ!松本吉弘が安定した打ち回しで逃げ切り勝ちを決める!2着は今年絶好調の猿川真寿!

CABO求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」81日目が2月12日(月)に開催された。

2月12日の対戦カード ©ABEMA
解説:藤崎智 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:渋川難波

南:松本吉弘

西:瀬戸熊直樹

北:猿川真寿

第2試合

東1局は松本が[白]をポン。さらに[発]をポンして場に2枚切れの[中]単騎待ちで先制テンパイ。赤2枚の瀬戸熊も仕掛けて[4][7]待ちで追いつくが、[中]を掴んで放銃。松本の8000のアガリで開局。

東1局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
東1局 松本 白, 發, 小三元 8000 ©ABEMA

東2局は猿川が[白][六]待ちで先制リーチ。そこに瀬戸熊がフリテンの[一][二][四][七]待ちで追いかけリーチを敢行。この局は瀬戸熊が[白]を掴んで猿川の2600のアガリ。

東2局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
東2局 猿川 リーチ, 白 2600 ©ABEMA

東3局は[三]をアンカンしている松本が[④][⑦]待ちで先制リーチ。猿川も粘ってテンパイを取り切り、松本、猿川の2人テンパイで流局。

東3局 流局 ©ABEMA

東4局1本場は終盤に親の猿川が[⑤][⑧]待ちで先制リーチ。この局は猿川の1人テンパイで流局。

東4局1本場 流局 ©ABEMA

東4局2本場は猿川がダブ[東]をポン。さらに松本も[南]をポンしてソーズのホンイツへ向かう。そこに瀬戸熊が1順ダマテンにした後、カン[三]待ちで先制リーチ。猿川もペン[3]待ちのマンガンで押し返す。猿川が瀬戸熊から12000のアガリでさらにリードを広げる。

東4局2本場 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
東4局2本場 猿川 ダブ東, ドラ×1, 赤ドラ×1 12000 ©ABEMA

東4局3本場は松本がカン[六]待ちで先制リーチ。そこに瀬戸熊が[④][⑦]待ちで追いかけリーチをかける。さらに親の猿川も仕掛けてカン[③]待ちで応戦する。3人のめくり合いを松本が制して、1000・2000のアガリでトップを追いかける。

東4局3本場 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
東4局3本場 猿川の手牌 ©ABEMA
東4局3本場 松本 リーチ, ツモ, 赤ドラ×1 1000・2000 ©ABEMA

南1局は松本が[発]、さらにドラの[東]をポン。マンズのホンイツになりカン[三]待ちのハネマンのテンパイ。猿川もタンヤオに向かう仕掛けで応戦するが、松本が[白][二]待ちのシャンポン待ちになると同時に猿川もテンパイし[白]が余って放銃。松本がトップ目の猿川から12000のアガリで逆転しトップ目に立つ。

南1局 猿川の手牌 ©ABEMA
南1局 松本 白, 發, ホンイツ, ドラ×3 12000 ©ABEMA

南2局は猿川が[中]をポン。さらに仕掛けを入れて[3][6]待ちで先制テンパイ。他3者は手が進まず、この局は猿川の1人テンパイで流局

南2局 流局 ©ABEMA

南3局1本場は猿川が[発]をポン。そこに渋川は役ありのカン[⑤]待ちで先制のテンパイ、ダマテンに構える。瀬戸熊は仕掛けて形式テンパイを狙う中、猿川が[5][8]待ちでテンパイする。瀬戸熊もなんとかテンパイを取りきり、瀬戸熊、猿川、渋川の3人テンパイで流局。

南3局1本場 流局 ©ABEMA

南3局2本場は親の瀬戸熊が[東]をポン。そこに渋川が絶好の[赤五]を引き入れて[三][六]待ちで先制リーチ、2000・4000のツモアガリで2着目の猿川を追いかける。

南3局2本場 渋川 リーチ, ツモ, ドラ×1, 赤ドラ×2 2000・4000 ©ABEMA

南4局、トップ目の松本が44200、猿川35200、渋川29800、瀬戸熊-9200と縦に長い展開で迎える。アガればトップの松本が[4]のポンで[西]の後付けを狙う中、親の猿川が[①][④]待ちで先制リーチ。松本も[西]をポンして[⑥][⑨]待ちで応戦するが、[①]を掴んで放銃。猿川の2900のアガリで連荘。

南4局 松本の手牌 ©ABEMA
南4局 猿川 リーチ, ピンフ 2900 ©ABEMA

南4局1本場、アガればトップの松本が[白]をポン。そしてカン[6]待ちの先制テンパイをいれる。渋川がハネツモのトップを狙ってテンパイ外しをする中、松本が[6]をツモって700・1300のアガリで逃げ切って終局。

南4局1本場 渋川の手牌 ©ABEMA
南4局1本場 松本 白, 赤ドラ×1 700・1300 ©ABEMA

今季最多出場の松本が計4回のアガリを決めて逃げ切り勝ち!

第2試合トップの松本 ©ABEMA

第2試合結果
1位 松本(ABEMAS)+64.3
2位 猿川(BEAST)+16.7
3位 渋川(サクラナイツ)▲11.0
4位 瀬戸熊(雷電)▲70.0

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

2月12日トータル結果

ABEMAS(多井3着・松本1着)+50.5
BEAST(菅原2着・猿川2着)+24.1
雷電(萩原1着・瀬戸熊4着)▲20.2
サクラナイツ(内川4着・渋川3着)▲54.4

ABEMASが50ポイントほどの加点を決めて3桁プラスに到達しそうなラインまで回復。雷電は萩原のトップで一歩抜け出しかけたが瀬戸熊が苦しい戦いとなりまた横一線の戦いが続いていきそうな様相だ。

明日は風林火山とフェニックスの戦いに注目が集まるだろう。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
2月13日対戦カード ©ABEMA
2月12日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top