麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【チーム平均順位データ】ABEMASが唯一の2.4以下、Piratesは平均順位以上に苦戦・・・!?【データから見るMリーグ #9】

【チーム平均順位データ】ABEMASが唯一の2.4以下、Piratesは平均順位以上に苦戦・・・!?【データから見るMリーグ #9】

BULL2021求人ニルウッドカバー

Mリーグ2020レギュラーシーズンが3月12日に閉幕。麻雀ウォッチではレギュラーシーズンの各種データを公開します!

過去3シーズンのチーム平均順位!

レギュラーシーズントータルポイントから見る各チームの3年間の戦い【データから見るMリーグ #7】

先日チーム別のレギュラートータルポイントを掲載したが、今回は平均順位について掲載する。トータルポイントとの親和性も確認していく。

2018レギュラー成績

2018シーズンはトータルポイントが首位から7位まで509.2ポイント。平均順位が2.40から2.60に収まるかなり僅差の戦いとなった。

2019レギュラー成績

2019シーズンは首位フェニックスと最下位風林火山の差が969.6ポイントと初年度より大きくばらついた結果となった。平均順位でも2.35から2.64と差が開いた。
2位から7位は2.42から2.60と初年度とほぼ同等の水準となった。

2020レギュラー成績

2020シーズンはABEMASとサクラナイツが大きくプラスし、それ以外のチームはマイナスとなった。平均順位としては2.60までに収まったが、それ以上に素点の差が大きく響いた結果と言えるだろう。

3シーズンの総合チーム別平均順位

3シーズン分の平均順位を下記にまとめた。

レギュラーシーズントータルチーム平均順位ランキング
順位 チーム名 平均順位 トータルポイント
1 ABEMAS 2.392 1113.2
2 サクラナイツ 2.431 545.7
3 麻雀格闘倶楽部 2.488 65.7
4 フェニックス 2.498 ▲71.3
5 Pirates 2.515 ▲565.8
6 ドリブンズ 2.533 ▲288.2
7 風林火山 2.540 ▲301.2
8 雷電 2.573 ▲518.1

基本的に平均順位とトータルポイントは比例関係にあるが、Piratesはトータルポイントは最下位ながらも平均順位は5位となっている。

Mリーグは順位点が50-10-▲10-▲30となっているため、トップ回数がトータルスコアにかなり響くルール。つまりPiratesは平均順位が下のチームよりトップが取れていないということが見えてくる。トップにこだわりすぎないのがPiratesのスタイルではあるが、今後の改良の余地がある部分と言えるだろう。トップ率に関してのデータ記事も今後作成次第公開致します。

参考記事

ABEMASの強さの秘訣【データから見るMリーグ #1】

※データはすべて2021年3月12日終了時点。全レギュラーシーズンのデータ

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top