麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【個人平均順位データ】堀、多井、寿人がトップスリー!トータルポイントとの比例関係は・・・!?【データから見るMリーグ #10】

【個人平均順位データ】堀、多井、寿人がトップスリー!トータルポイントとの比例関係は・・・!?【データから見るMリーグ #10】

BULL2021求人ニルウッドカバー

Mリーグ2020レギュラーシーズンが3月12日に閉幕。麻雀ウォッチではレギュラーシーズンの各種データを公開します!

過去3シーズンの個人平均順位!

3シーズン連続プラスは多井、寿人、黒沢の3人のみ!【データから見るMリーグ #8】

先日個人別のレギュラートータルポイントを掲載したが、今回は平均順位について掲載する。トータルポイントとの親和性も確認していく。

2018レギュラー平均順位

初年度は多井が圧倒的な成績でMVPを獲得。平均順位も2.09と驚異的な記録を残した。平均順位では朝倉が2位となったが、トータルスコアでは個人4位という成績だった。

2019レギュラー平均順位

2019シーズン平均順位はフェニックス・近藤が1位。基本的には平均順位と比例したトータルポイントとなっているが、トップ率の高い選手は平均順位以上にポイントを加算していることが伺える。

2020レギュラー平均順位

20201シーズンは上位はほぼ平均順位通りの結果に。上位選手の出場試合数も多かったことに起因していると言えるだろう。

3シーズン合計の選手別平均順位

3シーズン分の平均順位を下記にまとめた。

順位 選手名 平均順位/試合数 通算スコア
1位 堀慎吾 2.214/28試合 275.6
2位 多井隆晴 2.241/79試合 922.1
3位 佐々木寿人 2.323/96試合 803.1
4位 内川幸太郎 2.330/56試合 435.6
5位 小林剛 2.335/88試合 432.9
6位 近藤誠一 2.338/68試合 429.7
7位 村上淳 2.370/73試合 327.6
8位 日向藍子 2.394/33試合 56.7
9位 黒沢咲 2.395/81試合 460.7
10位 白鳥翔 2.479/71試合 86.1
11位 松本吉弘 2.4805/77試合 48.3
12位 魚谷侑未 2.4812/80試合 23
13位 滝沢和典 2.484/96試合 128.6
14位 前原雄大 2.485/68試合 -86.7
15位 沢崎誠 2.540/62試合 -46.3
16位 勝又健志 2.543/92試合 -56.9
17位 茅森早香 2.545/78試合 -113.1
18位 鈴木たろう 2.549/81試合 -89
19位 朝倉康心 2.553/75試合 -258.6
20位 岡田紗佳 2.574/34試合 -119.2
21位 瀬戸熊直樹 2.581/93試合 -205.5
22位 園田賢 2.587/86試合 -283.1
23位 二階堂亜樹 2.611/72試合 -372.9
24位 藤崎智 2.615/39試合 -230.3
25位 石橋伸洋 2.645/62試合 -520.4
26位 瑞原明奈 2.657/35試合 -219.7
27位 高宮まり 2.684/57試合 -420.4
28位 萩原聖人 2.732/86試合 -773.3
29位 和久津晶 2.764/34試合 -410.9
30位 丸山奏子 2.850/20試合 -243.7

今シーズンのみの参戦だが、堀慎吾が平均順位トップ。2.214はかなりの高水準で来シーズン以降もこの成績を残せれば非常に恐ろしい存在と言える。

全体的には平均順位×試合数とトータルスコアはほぼ比例関係と言えるがトータルスコアでは3位の黒沢咲は平均順位では8位。トップ率が高水準であることが伺える。今後の分析記事で更に深堀りしていきたい。

※データはすべて2021年3月12日終了時点。全レギュラーシーズンのデータ

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top