麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【Mリーグ】KADOKAWAサクラナイツインタビュー「優勝できなかったということは負けなので、ただただ悔しい」

【Mリーグ】KADOKAWAサクラナイツインタビュー「優勝できなかったということは負けなので、ただただ悔しい」

BULL2021求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

2021年5月18日にファイナルシリーズを終えたMリーグ。日本プロ麻雀連盟の内川幸太郎@kotarouchikawa)、岡田紗佳@sayaka_okada219)、沢崎誠@sawazakimakoto)、日本プロ麻雀協会の堀慎吾(@elis0323)の4名のチーム「KADOKAWAサクラナイツ(@kadokawa_sk)」は準優勝という結果であった。

ファイナルが行われたその日、全チームに取材が行われた。

表彰式の様子 ©ABEMA

感染予防のため、取材中は選手、取材陣ともにマスク必着。写真撮影時のみ、選手はマスクを外している。

KADOKAWAサクラナイツインタビュー

──今シーズンの振り返りをお願いします

沢崎「チーム的には僕がずっと足を引っ張ってました。一番沈んでいたときはマイナス300くらいの時だったのですが、そこから3人が頑張ってくれたので、決勝には来れるだろうとは思ってました」

岡田「昨シーズンはそもそも舞台に慣れることがなかなかできなかったのですが、今年は慣れることができたと思っています。Mリーグという舞台でいかに自分の麻雀が打てるかというのが課題だったのですが、まだまだ足りないところはいっぱいあるんですけど、そこに関しては成長できたのかなと思います。特にメンタル面では成長できたと実感しています」

内川「個人としては、最終戦に出させていただいて、その結果次第で優勝という状況になったんですけれども、悔しさが残るシーズンでした。優勝まであと一歩でしたし、個人MVPもあと一歩でしたし、全部2等賞みたいな感覚になってますが、チームとしては胸張って準優勝と言えますし、一年間良い雰囲気の中で試合に出させてもらえたと感じています。沢崎さんがどれだけ負けててもものすごい明るいし、日に日におかぴ(岡田)の成長を痛感していたし、堀君も非常に頼もしい戦力として活躍してくれて、良い雰囲気で戦えたことが、僕個人の成績につながったと思います。本当に良いチームで、良いシーズンを過ごせたと思います」

「レギュラーシーズンとセミファイナルに関しては良かったんですけど、ファイナルの大事な所を任せてもらって、2回連続でラスを引いて、それが結果的にチームにとって、厳しい戦いを強いられたことで、優勝を逃したということに、もうちょっとやれたんじゃないかっていう気持ちが大きいです。個人の成績がそこそこ良かったところは良い点ではあったと思うのですが、あくまで優勝を目指してチームみんなで戦ってきて、優勝できなかったということは負けなので、ただただ悔しいです」

──森井監督から一言お願いします

森井監督「新戦力の堀さんも加わった中で、他チーム、ファンの皆様からもすごく雰囲気が良いとお声がけいただけて、しかも成績も良かったので、総括すると良いシーズンだったと思います。選手個々人がサクラナイツを好きでいてくれて、良いチームを作り上げようとしてくれていることが内外に伝わって本当に嬉しいです。でもやっぱり、優勝まであと一歩だったので、来季は優勝したいと改めて思ったシーズンでした」

©Mリーグ All Rights Reserved.

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top