麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
強く美しく。輝き続ける岡田紗佳の魅力とその強さ

強く美しく。輝き続ける岡田紗佳の魅力とその強さ

BULL2021求人ニルウッドカバー

現役モデルでありMリーガー。岡田紗佳にはいつもファンの視線が集中する。2017年日本プロ麻雀連盟に所属し、女流プロとなると、プロ入りわずか2年目で、KADOKAWA サクラナイツからドラフト指名を受け、Mリーガーとなる。「non-no」のモデルオーディションではグランプリを受賞した経緯を持ち、多くの人を魅了してきた彼女だが、なぜ「麻雀プロ」を目指すようになったのか。その背景に迫ろう。

目次

岡田紗佳プロの基本情報・プロフィールデータ

名前 岡田 紗佳(おかだ さやか)
異名 完全武装アフロディーテ
生年月日 1994年2月14日
職業 プロ雀士、ファッションモデル、グラビアアイドル
出身地 東京都
血液型 O型
趣味・特技 ゲーム、化粧、漫画、歌唱
本人公式SNS Twitter
Instagram
所属団体 日本プロ麻雀連盟
所属チーム KADOKAWAサクラナイツ
プロ入会年 2017年
主なタイトル 第2回クイーンズリーグ優勝
麻雀最強戦2020 最強の女流プロニュースター決戦 優勝
第5期女流雀士 プロアマNo.1決定戦 てんパイクイーン

ファッション誌non-noのモデルオーディションでグランプリを獲得した経験も持つ岡田。趣味は買い物やメイクから、漫画、ゲームにいたるまで多彩だ。中でもゲームでは、カプコンの代表作「モンスターハンター」のファンサイト、モンハン部の女子マネージャーとしても活動している。

経歴

2017年:日本プロ麻雀連盟33期生としてプロデビュー
2018年:THEわれめDEポン史上初となる九蓮宝燈を決めて優勝。
2019年:Mリーグドラフトで、KADOKAWA サクラナイツから指名

麻雀との出会い・きっかけ

彼女が初めて麻雀に触れたのは、中国在住の祖母の家に住んでいたときだ。祖母の家には雀卓が置いてあり、岡田も混ざって麻雀を楽しんでいたようだ。しかし、現在では中国式麻雀は全く覚えていないという。

彼女が日本式の麻雀と出会ったのは21歳の時、モデル仕事がきっかけのようだ。雑誌「non-no」の仲間達の間で麻雀が流行っていて、麻雀と触れる機会が増えていったようだ。そんな彼女が真剣に取り組み始めたきっかけは、あるテレビ番組の選手として出場したときのこと。そこには連盟の関係者も現場にきていたという。そこで、「勉強会に参加してみませんか」と勧誘され参加した彼女は、イチから麻雀を勉強し、23歳という若さでプロとなったのだ。

岡田紗佳の打ち方や雀風

©ABEMA

岡田の雀風は、冷静で守備に強い打ち方が特徴だ。対局中は決して感情的な打牌をすることなく、堅実に点数を稼いでいく。勉強会にも積極的に参加するプロ雀士として知られており、統計的なデータをもとに最適な打牌を追求していく姿勢も岡田の強みの一つだろう。堅実で守備的な打ち方をベースとして確立しながらも、攻めるべき局面では手役を作ってリーチを仕掛けていく。攻守のメリハリが効いた選手だといえる。

岡田紗佳の対局時の様子

Mリーグ2020 2月8日 第1試合

©ABEMA

リーグ戦も終盤に差し掛かった大事な試合で、岡田の攻守のバランスが光った。27000点持ちの東4局、魚谷(セガサミーフェニックス)と親の瀬戸熊(雷電)からリーチが入り、苦しい展開に。

岡田もテンパイを入れるも、余ったのは魚谷のロン牌。結局はこれを切らずに放銃を回避する。すると数順後に再びテンパイにこぎ着け、今度はリーチ。これを瀬戸熊が一発で掴み、12000のアガリとなった。守備を意識しながらも、うまく切り替えてアガリをものにした岡田の作戦が奏功した。

【2/8,9 Mリーグ2020デイリーMVP】サクラナイツ・岡田、麻雀格闘倶楽部・高宮がデイリーMVP!女流選手の活躍でセミファイナル争いが更に激闘に!

ALL STAR League 2019年7月26日 第1試合

©AbemaTV

著名人リーグで、岡田が強さを見せつけた。トップ目の南1局、苦しい手牌ながらもドラの[北]を重ね、一盃口ドラ3の勝負手を作り上げる。対面からリーチが入ったが、勝負どころと判断した岡田はシャンポン待ちながらも真っ向勝負。結果として対面から直撃して、8000を加点。

トップ目で待ちが苦しいテンパイということもあり、無難にオリを選択してもよい場面だが、岡田はファイティングポーズを崩さなかった。

岡田紗佳さんが国士無双和了など大活躍でトータル2位に 次回は8月1日放送/ ALL STAR League 7月26日対局 結果

麻雀最強戦2020 最強の女流プロニュースター決戦 2020年7月2日

©麻雀最強戦2020

自身がアシスタントを経験したことでも知られる「麻雀最強戦」でも、女流雀士を相手に強さを見せつけた。東2局、先制リーチをかけられるも、危険牌を通して追いかけた岡田が一発ツモ。2000・4000となり、一歩リードする展開に持ち込んだ。

その後は仲田に差を詰められたものの、南3局で跳満をツモってリードを広げた岡田が逃げ切り。「まさかこの場所に、こんな早く来るとは思ってませんでした」と、プして参加できたことに感慨深げな様子であった。

華々しい対決を制して岡田紗佳がファイナルに進出!/麻雀最強戦2020 最強の女流プロニュースター決戦

SNSでの評価・評判

SNSでは、岡田のルックスはもちろんのこと、麻雀に対するひたむきな姿勢を評価する声が多く見られた。

「役満ボディ」と呼ばれるだけあって、一番多いツイートはやはり「かわいい」「スタイル抜群」というもの。

挫折を経験しながらも、勝負の世界で戦っている岡田プロ。そのひたむきな姿をファンは応援している。

アニメ・ゲーム好きでもある岡田は、好きなキャラクターやゲームのことも発信しており、麻雀以外のジャンルでも人気を集めている。

岡田紗佳のニュース・こぼれ話

おかぴーも「ウマ娘」に熱中

Twitterでは11万人以上のフォロワー数を誇る岡田。専用のサブアカウントを作成し、「可愛い女の子が好き」とプロフィールに載せ、趣味のアニメやゲームについて熱く語っているようだ。そんなオタクな一面がある岡田が現在熱中しているのは、社会現象ともいえるブームを巻き起こしている「ウマ娘」だという。

おかぴー@サブ垢 / Twitter

漫画原作者としてもデビュー

岡田はなんと、漫画原作者でもある。その作品が「ゴールデン桜」。岡田の原作デビュー作品であり、作画は前川かずおさんが担当している。借金500万を抱えてしまった麻雀プロ男子が、女流プロ雀士としてデビューするという非常に興味深い設定だ。設定を聞くとファンタジー色が強そうに思えるが、実際の岡田の経験から、リアルなプロ雀士の世界が忠実に描かれている。

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top