麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
大平亜季が全連対で圧倒 グループ首位に/ 麻雀ウォッチ プリンセスリーグ 2019 予選第2節Cブロック2卓

大平亜季が全連対で圧倒 グループ首位に/ 麻雀ウォッチ プリンセスリーグ 2019 予選第2節Cブロック2卓

CABO求人全自動麻雀卓スリム

麻雀スリアロチャンネルの本格女流リーグ戦「麻雀ウォッチ プリンセスリーグ 2019」予選第2節Cブロック2卓が7月12日に開催された。

FRESHLIVE番組ページ

AbemaTV番組ページ

【対局者】
麻生ゆり(日本プロ麻雀協会)
大平亜季(最高位戦日本プロ麻雀協会)
白田みお(RMU)
三添りん(日本プロ麻雀協会)

麻生ゆり
麻生ゆり
大平亜季
大平亜季
三添りん
三添りん

グループ1位の三添、2位の麻生、4位の大平、8位の白田の対局となった。

対局前のポイント表

1回戦は東1局から激戦。好配牌の麻生がを暗槓して赤2ドラ1のリーチに出るも大平が2000・4000のアガリを決めるスタート。

東1局 麻生のリーチ
東1局 大平の2000・4000

しかし第1節で苦しいスタートとなっていた白田が東2に倍満をツモり取り返す。

東2局 白田の4000・8000

このアガリでリードを得た白田がオーラスに大平の先制リーチを受けながらもアガリをもぎ取り初トップをあげた。

2回戦は東1局の親番で麻生が4000オールのアガリでリード。

東1局 麻生の4000オール

しかし大平が麻生からの3900、2000・4000と連続でアガリを決めて逆転。

東2局 大平の2000・4000

その後三添が大平から8000をアガり混戦に。南1局1本場に三添が2000・4000でトップに浮上した。

南3局 大平の4000オール

しかし大平が南3局の親番で4000オールをアガり再度逆転。さらに1本場では6000オールで他者を突き放し圧倒した。

南3局1本場 大平の6000オール

3回戦は東1局に大平が三添からダブ東・ホンイツ・トイトイの18000の一撃でスタート。

東1局 大平の18000(仕掛けは9mと東のポン)

しかしその後麻生がアガリを重ね南1局1本場の1300・2600のアガリで逆転。最終局は麻生がトップ目で迎え、三添が白田からのアガリで終局。麻生は逃げ切りトップを決めた。

白田は1回戦でトップだったものの2回戦、3回戦で4着となり窮地に追い込まれた。

南4局1本場 三添のアガリ
 

4回戦はここまで好調の大平が東3局でチンイツ・赤1の3000・6000でリード。

東3局 大平の3000・6000

東4局で白田が4000オールをアガり一時逆転。

東4 白田の4000オール

しかしその後の1本場、場に安い待ちを厳しいダマテンで大平がアガりきり再度逆転。

東4局1本場 大平の8000

最終局も果敢なリーチでアガリきりトップを決めた。

南4局3本場 大平の2000・4000

今節最も一人浮きとなった大平は全連対で159.2ポイントを加算。トータル186.6ポイントの首位となった。「結果だけ見るととても幸運でしたが、勝ったなりに苦しんでいた場面もあったので良い結果になって良かったです。最終節も頑張ります。」と語った。

次回は7月19日の12時からAブロック第3節1卓が開催される。対局メンバーは大崎初音、上田唯、水瀬夏海、野添ゆかりとなる。

関連リンク

プリンセスリーグ関連記事
 

プリンセスリーグ特設ページ
 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top